コブ白鳥

スワン(コブ白鳥)のヒミコとの思い出

遥かなる邪馬台国
出雲を首都とした連合国家で、東端は北陸から関東。南方は畿内から四国、西端は九州にまたがった大帝国でした。

 ところが、瀬戸内海(or北陸)経由で畿内に入った大和系が巨大勢力となり、邪馬台国(出雲系)の軍を打ち破り、日本統一に成功し、大和朝廷となります。(大国主のミコトの◆出雲の国譲り◆)。

 弥生最大の妻木晩田遺跡(大山町~淀江町)を探検したり、周辺の山々も探検して構想が膨

もっとみる
嬉しいです。
3

夕方4時からの宇田川河口でのエサやり

18年前に、淀江町(鳥取県米子市)の宇田川河口で、コブ白鳥のつがいと3羽のアヒル達に出会い、すぐにここに移住しました。

 宇田川は少し小さい川ですが、コブ白鳥のつがいと3羽のアヒルが必死で生きていました。

 そして、鳥取県の許可(河川使用許可)を頂き、すぐに水鳥達へのエサやりが始まりました。

 しかし、アヒル達は世代を重ねたものの、とうとう獣(イタチやタヌキなど)に襲われて全滅。

 コブ白

もっとみる
嬉しいです。
3

カワラバトと老スワン #404美術館

淀江町(鳥取県米子市)の宇田川の河口に集う水鳥や鳥たち。

 私にチョー懐いていた黒目ちゃん(カワラバト)は、この数か月後の積雪の日に亡くなりました。
 カワラバト(ドバト)達の寿命は数年。エサの乏しさで毎年30%程度が死んでゆきます。

 川の中に見えているのは老スワンのヒミコちゃん(コブ白鳥のメス)。
20年以上長生きしましたが、老衰がかなり進み視力もかなり低下。
 翌年の2月に老衰で亡くなり

もっとみる

キタロー(オスのコブ白鳥)との思い出の日々

可愛がっていたコブ白鳥のつがいは天国に召されました。
 ★ヒミコ⇒ 2018年2月8日の午後2時30分に河口の河原で老衰死。
 ★キタロー⇒ 2018年6月4日の午前9時過ぎに、宇田川中流の堤防道路で事故死。

 私の15年間の「淀江・水鳥暮らし」の主役のコブ白鳥のつがいが相次いで亡くなり、4年前(2014年)のアヒルの絶滅もあり、これで楽しかった「淀江水鳥暮らし」はほぼ終焉?
(鳥取県から宇田川

もっとみる

淀江・水鳥紀行 「癒しのラブホルモン・オキシトシン」

倉敷市から、淀江町(米子市)の宇田川河口に引っ越してきてから20年弱。

 コブ白鳥のつがい(2年前に死亡)、アヒルたち(5年前に死亡)、ウミネコ、オオセグロカモメ、川鵜、カルガモ、ハトなどの水鳥(ハトは鳥)や、鯉やボラなどの魚たちとの楽しい思い出の数々。

 水鳥たちの世話(主としてエサやり)をすることで、ストレスが解消され、癒しのラブホルモン・オキシトシンも出まくりで健康増進中。
 (注: 鳥

もっとみる
嬉しいです。
6

暗闇にゾンビが3体? 宇田川の河口

数年前の夕暮れの宇田川河口。薄ぐれですが、ウォーキングや散歩の人もちらほら。
 アニメ女史との話に熱中して、気が付くともう話し始めて1時間以上(朝は今年の最低気温をクリア)でブルブル・・
 
 ふと横を見ると「三つの黒い影が。 でへー ゾンビかー」でよく見ると、コブ白鳥のつがいとアオちゃん(三代目アオサギ)が、ズッーート、棒立ち状態だったみたいで 「オッさん、まだシャベくる気(怒)」で、汗がドッ。

もっとみる

"14cmの積雪"と ヒミコ(メスのコブ白鳥)の思い出 / 山陰・淀江海岸

令和2年2月18日(火曜日)の宇田川の河口と淀江海岸(山陰・淀江町)は、雪のち曇り 気温6℃。

 積雪は朝は14cmで、夕暮れには5cm。明日一杯で溶けてしまいそうです。
 室温も7℃に低下したので、ジャンパー着用。

 夕方の宇田川河口の砂浜でのエサやりですが、積雪でエサもなく、鳥たちは皆必死で私に迫ってきます(汗)

 この積雪で、2年前の2月のヒミコ(メスのコブ白鳥)の哀しい老衰死を思い出

もっとみる
嬉しいです。
5

ヒミコ(コブ白鳥) 絶唱!

老衰して視力もほぼなくなったヒミコ(メスのコブ白鳥)。エサ箱が見えないのか、認知症なのか、「エサをクレ~」と私に迫ります(汗)

 2018年2月8日の午後2時30分に宇田川・河口で老衰死。15年間もの長きのつきあいでした。(鳥取県米子市淀江町)

 河原の積雪の中に倒れたヒミコを発見したときは、まだ息がありました。
慌てて部屋に連れ帰り、暖房と毛布で冷えた体を温めたものの、30分後に静かに息をひ

もっとみる
嬉しいです。
6

生き物ボランティアを、縮小撤退?へ

ネットの仕事のかたわら、ストレスと目の疲れ解消をかねて、生き物ボランティアとして17年以上過ごしてきました。

 山陰の淀江町の宇田川河口での「生き物ボランティア」の内容は
①コブ白鳥のつがいと野生化したアヒル達の世話(15年間)
 これは、鳥取県へ出向いて、保護計画書を提出して河川使用許可を得ています。
 残念ですが、4年前にアヒル達は全滅(涙)し、去年(2018年前半)、コブハクチヨウのつがい

もっとみる
嬉しいです。
6

"コブ白鳥"の優しさに涙が止まらない?(汗)

これは3年前(2016年)のお話しです。
コブ白鳥のつがいは去年(2018年)前半に相次いで死亡しました(涙)

 10月末から5月初旬までは、またまたコブ白鳥の発情期がはじまり、チョー優しい(汗)コブちゃんの姿が見れますね。
 去年の秋、コブちゃんの命を救ったのを、ちょっぴり後悔(汗)することも・・・あったりして。 それでも、なぜか可愛いコブちゃん。

 スゴく優しいでしょう? 
時には、私の疲

もっとみる
嬉しいです。
5