見出し画像

愛しのコブ白鳥 生き物ボランティアで「ストレス対策」

 野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。
 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。

 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然の恵みに感謝。

 やはり一番の思い出は、15年間にわたる「コブ白鳥のつがい」との日々。
残念ですが、去年(2018年)の2月と6月に相次いでなくなりました。

 コブ白鳥達のいなくなった宇田川の河口(鳥取県米子市淀江町)

画像1

 宇田川の中流にあるコブ白鳥達の住処

画像2


6月に事故死する前のキタロー(オスのコブ白鳥)

画像3

画像4

画像5

画像6



幻の邪馬台国 / 卑弥呼女王の石棺

画像7


3カ月で「糖尿病とメタボ解消」ダイエット

画像8


4か月後からの「楽に生涯・健康ダイエット」

画像9


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

やった~
元開発技術者(健康、ダイエット、長寿を探求中)   メタボの死病3つ(糖尿病や脳梗塞など)と、ハゲから脱出。     「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合い。 淀江町宇田川河口/鳥取県 http://yase.chu.jp/diet.html

こちらでもピックアップされています

◆生き物ボランィアで「ストレス対策」
◆生き物ボランィアで「ストレス対策」
  • 306本

野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然の恵みに感謝。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。