ビール片手にゆる〜く考える【おとなの寺子屋・参加者の声 Vol.5】

ゆる物書きサロン、文系女子&男子のためのたまり場、言葉のパーソナルトレーナー、遊んで学べる文章ジム、こと「おとなの寺子屋〜文章教室〜」、次回は6月12日(土)19時〜、オンライン開催です。 ↓お申し込みはこちらから↓ 今回のテーマは「切り口」。 何を書くにも必要な、それでいて、なかなか…

医療AIスタートアップがリモートで海外事業をゼロから立ち上げた話

医療AIスタートアップのUbie株式会社/Ubie Discoveryで海外事業開発をしている島津です。 コロナ禍で、世界で多くの国が国境封鎖に踏み切りました。 昨今でも新規入国停止 or 入国後の強制隔離など、物理的なアクセス障壁が圧倒的に大きく、リソースが限られるスタートアップがこのタイミングで海外進…

日本の中小製造業の課題

私は製造業に20年程度携わって、同業種などの会社を見て回った経験から、勝手ながら日本の中小製造業について(非常に個人的な)意見を書きたいと思う。 メディアなどでは日本の中小製造業は未だに世界に通用するレベルであり、卓越した技術を持っている、といったような(日本誇らしい的な)報道や番…

僕がフランス生活を続けている理由

なんでフランスにいるの? フランスで何やってるの? 古くからの友人にも初対面の人にもこの質問をされるので、僕がフランスに移住したきっかけと、どんな生活をしているかをまとめてみました。 かなり自分語りになりますが海外生活やフランスに興味のある人の参考になればと思います。 2015年: き…

コロナ禍でリーダー求められる新しい 知性とはなにか

コロナ時代って何だ ポストコロナとか、withコロナと言われていますが、私はこれからの時代を、少しベタですがコロナの時代、と呼びたいと思います。 それはコロナで、危機管理とリジリエンス(resilienceいい意味の変幻自在さ)がますます求められる局面に入った、という意味で、です。 リーダーシ…

キリロムグローバルフォーラム開催決定!

キリロム最大のお祭りキリロム工科大学を運営するキリロムグループは、年に2回大規模イベント(グローバルカンファレンス)を開催しています。 これまでは『キリロム会議』という名前で開催してきましたが、今年からはテーマを「日本がグローバルで勝つためのカンファレンス」と定義し直し、キリロム…

グローバル化(2):ヨーロッパ

今回はヨーロッパの話。前半は歴史、後半はビジネス関連の話題です。 ヨーロッパはプライベートでは2回だけ。あとはビジネス出張になります。90年代から数えると、ドイツが7回、イギリスが4回、スペインが2回、イタリア、オーストリア、スイスが1回ずつとなっています。コロナ禍が空けたら、ぜ…

インド人から学ぶ、先が見えない時代に役立つマインドセット

ビジネスやプライベートでインドと関わりを持つようになってかれこれ7年。インドには多くの成長機会を与えてもらってます。今回は私がインド人から学んだ、先が読めない時代に役立つ”マインドセット”についてお伝えします。 やりたいことがあるのに一歩踏み出せない人、モヤモヤを感じている人必見…

海外とのオンライン会議 (3) よくいる「困ったちゃん」

前回、前々回でヨルダンと日本の事例を出しながら、海外とのオンライン会議について考えてみました。 現地駐在員として「いつも泣かされる」と言いますか、いい加減、「ちょっとは相手のことを理解してくれたらなあ」と思うことは他にもたくさんあります。 オンライン会議中に頻繁に現れる「困ったち…

海外とのオンライン会議 (2) 沈黙の意味

前回の投稿に続き、海外とのオンライン会議に ついて考えます。 今回は「沈黙」についてですが、この投稿でも 日本とヨルダンとの間におけるオンライン会議 の実態を振り返りつつ、文化の異なる相手との コミュニケーションがお互いどのような影響を 及ぼすかを考察します。 「沈黙」といっても様々…