エブリデニム

愛にあふれる銭湯で、藍を染めて物語を紡ぐーThe DNIM I want to wear EVERY day.

銭湯ぐらし部のメンバーとしてお手伝いさせてもらった高円寺の小杉湯でのEVERY DENIMの湯企画が、2月22日(土)・23日(日)無事に終わりました。新型コロナウィルスで世間がざわついているこの状況ですが、小杉湯は地域の公衆浴場として運営を続けており、電車に乗るのもなんだか気が重くなるような世間の暗い雰囲気にもかかわらず、地域のみなさんをはじめたくさんのかたに足を運んでいただくことができました。

もっとみる
わたしも好きです!
93

それでも、誇りを持ち続けたい

今年の3月末、EVERY DENIMは新しい製品を発表しました。
ナイロンデニムシャツ「Pride」。
僕らは、デニム生地の経糸(たていと)にナイロン糸を使うという、業界では例になかった企画を実現した工場とタッグを組んで製品化しました。
今回は製品が誕生した経緯とそれに挑んだ工場の話です。

1. 新素材に挑戦したテキスタイルメーカー

岡山県倉敷市児島地区、岡山県井原市、広島県福山市を中心とする

もっとみる
よいお年を!
14

2019年に買ってよかったもの

2019年買ってよかったものを、つらつらと並べてみます。

ビブラムファイブフィンガーズ

まずはビブラムファイブフィンガーズ。今年からジムに行き始めたので、トレーニングシューズを常に持ち歩くようになった。当然、普通のシューズだとかさばるし重たいので、あまりかさばらずに軽いシューズが欲しかった。

ビブラムファイブフィンガーズは、とにかく持ち運びが便利。軽いし、かさばらない。この時点で、あまりもの

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます!
30

居候学生、湯浅遼太との200日間

2018年10月31日14時28分、僕のもとにこんなメッセージが届きました。

ジーンズが好きな学生は世の中にたくさんいることでしょう。
その中でも珍しく産地に飛び込んで来た大学生。
彼の名は、お湯の湯に浅いと書いて、湯浅遼太。
温泉地である大分出身だからいつもこういう自己紹介をしている。
そんな湯浅くんと出会いました。

1. 大学を休学して、産地へ

初めて岡山に来た湯浅くんを児島の工場に案内

もっとみる
よいお年を!
30

クラウドファンディング、50日間で1000万円への軌跡

2019年8月1日、50日間で目標金額1000万円、クラウドファンディングへの挑戦が始まりました。
目標を達成しなければ全額返金となる、All or nothing方式。
手に汗握る、50日間の軌跡を振り返ります。

1.プラットフォームをどうするかの葛藤

ブランドの立ち上げからこれまで、4回のクラウドファンディングを実施してきました。
-----------------------------

もっとみる
よいお年を!
37

いま、僕らがnoteを始める理由

EVERY DENIMの島田です。

今年で、2015年9月にクラウドファンディングでEVERY DENIMとして製品を発表してから4年が経ちます。
立ち上げの頃より、兄弟で東京・岡山とそれぞれリモートで動きながら、店舗を持たずに週末の販売会を重ねることでブランドを運営してきました。

2018年4月からキャンピングカーで47都道府県を巡り始め、1年3か月を経て7月に無事終了。8月から集大成として

もっとみる
よいお年を!
61

【リターンのランチ券がめちゃめちゃ有意義なこと 〜エブリデニムの山脇さんと〜】

先日、クラウドファンディング大成功だったエブリデニムの山脇さん。僕は「一緒にランチできる券」を支援して、早速今日お時間を頂いた。

苦労話や工夫した点など裏話も伺いつつ、今月中旬開始を予定している自分のプロジェクトについてご意見を頂く。

3度のクラウドファンディングを大成功させ、着実にファン(応援者)を増やす山脇さん。そんな人にじっくり2時間、話を聞き、相談できるってとても有意義。

自分もこれ

もっとみる
そんな!嬉しい!!
2

つくりだされる「価値」に、ちょっぴり関われること ― 株式投資の醍醐味

最初に。

昨日のノート でご紹介したEVERY DENIMさんのクラウドファンディングが目標額に達したそうです。

素晴らしい!そして、ちょびっと参加したのでなんか嬉しいぃ!この拠点から新しい価値がつくりだされるのを心より楽しみにしています。

さて、明日から1泊2日で京都に行ってきます。目的は #鎌倉投信 さんの受益者総会(R)への参加(と他にも。お彼岸なのでお墓参りもする予定)

https

もっとみる
もし良かったら、シェアしてくださいませんか?
9