アンセルエルゴート

『ベイビー・ドライバー』(2017年)

『ベイビー・ドライバー』は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』などのエドガー・ライト監督によるクライム・アクション映画です。主演にアンセル・エルゴートの他、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、ジョン・ハム、エイザ・ゴンザレスらが出演。迫力あるカーアクションをはじめ、動きと音楽をスタイリッシュにシンクロさせる演出で高い評価を得ました。第90回アカ

もっとみる

かもめ通りの映画店/棚卸し編17:「ベイビー・ドライバー」

今回の映画:「ベイビー・ドライバー」

 #ミュージカル …ではないですね笑
 #カーアクション × #ミュージック って感じですかね??

 #エドガーライト 監督、といえば #コルネット 3部作( #ショーンオブザデッド 、 #ホットファズ 、 #ワールドエンド の3つ)だと思うのですが、この方と #ジェームズガン 監督 はほんとうに選曲のよさが半端ないですよね。
サントラを速攻買ってしまうの

もっとみる
これからもよろしくお願いいたします( ¯ ﹀ ¯ )
4

ビリオネア・ボーイズ・クラブ

通称BBC。待望のタロン・エジャトン&アンセル・エルゴート共演。ネタバレありますのでご注意!

感想:100倍希釈の第3のビール

あらすじ:1983年、ロサンゼルス。上流階級が集う商談の場で、高校の同級生だった金融専門家のジョーとプロテニス選手のディーンが偶然再会したことをきっかけに「ゴールド」を投資する儲け話を企てる。2人は、ビバリーヒルズでも屈指の富裕層である友人たちを口説き、「ビリオネア・

もっとみる
Have a nice day ! (´∀`*)ウフフ
2

『ベイビー・ドライバー』の気ままなる活劇

運転手として銀行強盗や金品強奪の逃走を援助して報酬を得る青年の活躍と葛藤、恋愛の行方を追う快作である。鮮烈にして大胆なカーチェイスとそれに並行する魅力的な音楽が注目を集めた。同時期に公開された『アトミック・ブロンド』(17)の格闘シーンも、舞台となった80年代末前後の楽曲を効果的に使用していた。

もっとみる
ありがたし!
4

革命の“ベイビー”

いつもタイトルには一番頭を悩ませるのだが、今回はスッキリと決まった。だっせー!と笑われそうだけれど、もうこれしか思いつかない。

そう、革命だったんだ。
その革命を確かめるために、私は我慢できずに「爆音上映会」なるものに参加してきた。音楽がいいんだぜ!と思った過去の私が間違っていないか確認のためだ。で、結果。間違っていなかった。
こんなにカッコいいカーチェイス、私はこれまで知らなかった。
そんな、

もっとみる

「ベイビー・ドライバー」

原題:Baby Driver
監督:エドガー・ライト
制作国:アメリカ
製作年・上映時間:2017年 113min
キャスト:アンセル・エルゴート、ケビン・スペーシー、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム、CJ・ジョーンズ、リリー・ジェームス、エイザ・ゴンザレス

 英語が母国でないことがとても致命傷であり悔しかった作品。
 というのも曲というよりもシーンによっては音楽「フレーズ」ごとに演技を合

もっとみる

『ベイビー・ドライバー』

ロサンゼルスで日本より一足早く公開されたエドガー・ライト監督最新作、『ベイビー・ドライバー』を観ました。

ソニー傘下のTriStar Picturesがスタジオとして、そして『レ・ミゼラブル』や『博士と彼女のセオリー』などの名作で知られる、そして筆者が個人的にすごく大好きなイギリスのWorking Title Filmsが製作会社として関わっています。

音楽が大好きな若いゲッタウェイ・ドライバ

もっとみる