いじめ被害

そして中卒に。なぜ高校に進学しなかったのか?

私が高校に進学しなかったのは『私学の学費が払えない』からでした。

もちろん卒業の時期に仲間はずれにされていたことも進学しないという判断に至った要因の一つではあることは間違いないです。

仲間外れの話は別の記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

学費が払えないとわかった後どうなったか?

私学に行けないのなら公立に進学すればいい!
しかし、その時すでに前期の願書の締め切りは終わって

もっとみる
ありがとうございます。よろしければ次回もご覧ください!

いじめの経験

今回は僕が実際に「いじめ」を体験しどう感じたのか、どう変わったのかを書いていこうと思います。

僕がいじめを受けたのは中学1年生の5,6月頃でした。それまでの僕はどんなキャラクターだったか簡単にいうと、「スポーツ優秀、クラスの中心的存在、皆と友達になれる」という存在でした。

(自分で言うのは恥ずかしいですが、、、笑)

そんな僕がなぜいじめを受けたのでしょうか。決してガキ大将とか自分勝手だったと

もっとみる

白い棺

死人を葬る棺はいつも美しい
中は死体で腐り果て
うじがわいて
においがして

その匂いを嗅げば誰でも死ぬほどの苦痛を受けるというのに

そんな風に

お前の美しいいでたちと
美しい愛のしらべは

腐ったお前の糞土の塊でしかない
お前を
包む棺なのだ

死人を悪い言うものはいないように
お前を悪く言わないのは

お前が完全に人として死んで腐って
救いようがない人間だからだ

死人は悟れない
いける感

もっとみる
うれしです。

蜘蛛の糸

GO TO HELL

お前なんか地獄へ落ちろという
お前が行けよ

地獄がどんなところかも知らないくせに
そんなに行きたいなら、
お前が行けよ

死んだら天国に行きます?
お前なんかと一緒に死んでまでくらしたくねーよ

お前はきっと地獄に落ちる?
そんなこと勝手に決めるなよ

お前が俺の何だっていうんだ

勝手に人の人生に踏み込んできて
あらさがしした強盗野郎

お前のバベルの塔より高い
嫌味と

もっとみる
うれしです。

あいつのためを思って

あいつのためを思っていつのためを思って

本当のことを言ってあげたんですよ

ええ、デブだってね
ええ、気がおかしい奴だってね
ええ、使い物にならないクズだってことを知りなさいってね

ええ、ええ、
上司にも、同僚にも言い含めてあげたんですよ
あいつなんかと一緒に付き合ってたら
人生ろくなことがないですよ、ってね


あんな奴に迷惑している私って本当にかわいそうでしょう
ってね
あなたも同じ被害

もっとみる
スキありがとうございます!

いじめのことを思い出しては泣いてしまう自分にさよならしたい。

題名の通りである。またいじめられたことを夢に見てしまって起きたら泣いていた。

私は20年生きてきていじめられたと認識しているものが三回ある。1回目は小学4年生のとき、2回目は高校二年生の時にツイッター上で、三回目は高校二年生の時にバイト先で。2回目に関してはいじめというカテゴリーに収めていいのかわからないが、私はとても傷ついた出来事だったのカウントに入れて欲しい。直接的な暴力を受けたことはない。

もっとみる

文章入力の手伝いをした本「いじめ現象の全貌と脱却戦略」アマゾンで販売中。軽い内容ではないですが必要な人に届いて欲しい。家族間の闇(嫁いびり)や対策として組織論を取り上げています。個人の心が世の中の反映にも繋がっていると思うので、心の闇を見つめていく作業は大切だなと思いました。

『仲間はずれ』で人は殺せる。いじめがなくならない理由、それは…

私は『いじめ』られてました。

いじめはゼロにはならないと考えています。
大切なのは虐められている人をフォローする体制だと思います。
それさえ整っていれば自ら命を断つことも少しはなくなるのではないかと考えるのです。

実際に体験したことを元に心境の変化や『いじめ』を受けている人にどんな手を差し伸べたら良いのか。

また、今悩んでいる方もこれを見て話を聞いて欲しいのなら連絡ください。
何か力になれた

もっとみる
ありがとうございます。よろしければ次回もご覧ください!
1

中学2年の1年間 ①

現在、1歳の娘を育てている母です。

これは、わたしが中学2年生の時に経験した【いじめ】について少しずつですが、書いていこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーー

わたしは、中学受験をして都内の中高一貫の女子校に進学しました。

その学校は当初第一志望ではありませんでした。

「小学校の先生になりたい。」と思い、小学生の時に行きたい大学を決め、そこには附属の学校がいくつかありました。

本当

もっとみる

いじめが起きてしまった時の対応方法【教採対策&初任者のために】

「いじめは絶対に許さない!」と学級開きの時に生徒の前で話をした4月。

 しかし、すぐにコロナの影響で休校期間が訪れ、「こんなクラスにしたい!」という自分の思いは休校期間で薄れてしまうだろうなと思いました。

 ただ、全力で思いを語りました。

 そんな休校期間を経て、学校再開して2ヶ月が経つ頃学級の中で ”いじめ” が発生していることがわかってきました。

1.起きてしまった”いじめ”

 「あ

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしければフォローもお願いします!
9