見出し画像

第7話 展開は突然に

〜前回までのあらすじ〜
高校二年生のさと子さんはパンが大好き。パン作りが趣味なおばあちゃんと二人暮らしをしています。同い年で起業をしようとしてるでっちゃんに、「さと子のパン屋さんをやろうよ」と言われ、悩んでいましたが…?


悩んでいても仕方ない。

散歩は終わりにして家に帰ろう。

家に帰るとおばあちゃんはパンを包装していた。私がさっき食べたチョコとナッツがかかったクロワッサンたちだ。誰かにあげるのだろうか。

私は何も言わずにそんなおばあちゃんの前に座る。

「最近は何か悩んでるの?」

目線はパンの袋のままで、おばあちゃんが聞いて来た。
なんで、悩んでるのわかるんだろう。

「あ、、うん。…この間おばあちゃんと、パン屋さんやったら楽しそうだねって話をしてたじゃん?」

「うん。ツリーハウスで売ったり、キャンピングカーで売ってくのも楽しそうだねって話をしたね。」

「そうそう。それをこの間でっちゃんに会ったときに話したんだ。そしたら、本当にやろうよって言わらたの。」

「それで、どう思ったの?」

「すごい楽しそうだと思った。でも、おばあちゃんと話してたときはできたら楽しそうってレベルで、本当に出来るなんて思ってなかったから、すごくびっくりした。」

「うんうん」

「そしたら、なんだかすごく怖くなった。選択しようとしたら、どう生きるか選べるんだって思ったらさ、、」

「そっか。
それは、いきなり今の普通の高校生から、パン屋をやるってところに飛躍してて、その間の過程がないから、怖さを感じてるってのもあるんじゃない?いきなり異世界に行けるみたいに思ってない?」

「確かに、、そう思ってたかも。ある日パン屋さんに変身〜!的な感覚はどっかにあった、、」

「そんなわけないじゃん(笑)」

「確かに(笑)」

あれ?あんなに一生懸命考えていたのはなんだったんだろう。何かが一気に吹っ飛んでいってしまった。

「でっちゃんに、パンで幸せを届けたくない?って言われたんだ。…おばあちゃんは、どう思う?」

「うーん。たしかに美味しそうに食べてくれるのは嬉しいよ。もちろん。でもそれだけじゃなくて、私自身すごくパンが好きなんだと思う。生地の感じとか、だんだん膨らんで行く様子とか、綺麗な焼き色とか、、。だから、食べてもらう人に幸せになって欲しい!が、第1位じゃないよ。」

「そうなんだ。…それでも、いいのかな。」

「知らなーい。(笑) さと子は考えるの辞めたら?」

「それ色んな人に言われる(笑)」

「さと子は純粋に、可愛いパンに囲まれるのが好きなんでしょ?」

「うん。」

「そしたら、それを一番に持っててあげないと。忘れちゃダメだよ。」

「たしかに、、。」

「そしたら、いいこと教えてあげる。」

おばあちゃんが取り出したのはパン屋さんのチラシだ。お店の写真が載っていて、青い看板に「olive」と書いてある。

「ここ、おばあちゃんの友達がやってるパン屋さんなの。ちょうどアルバイトの子を探してるんだけど、さと子、やってみない?」

おばあちゃんからチラシを受け取って、裏返してみる。そこに載っている写真の中のパンたちは1つ1つ可愛くて、なんだかどれもコロンとしてる気がして、好みドンピシャのパンたちだった。

「え、、やる!!!!!!」

思わず立ち上がってしまった私に、おばあちゃんはニヤリと笑ってこう言った。

「そしたら、明日、一緒におじちゃんに会いに行こうか。」

「うん!!!」




つづく

ーーーーーーーーーーー

パンをこよなく愛する高校2年生のさと子さん。パンを作るのが趣味なおばあちゃんと二人暮らし。それが、ある日、パン屋さんをやることに…?!気まぐれ更新中🍞

望月遥菜が書く初の小説です。

「さと子のパン屋さん」一覧はこちら

ーーーーーーーーーーー

#さと子のパン屋さん #さと子 #パン屋 #パン #おばあちゃん #高校生 #高校二年生 #小説 #チョコ #ナッツ #クロワッサン #お店 #幸せ #アルバイト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もだーいすき!読んでくれてありがとう!
6
自由気ままに書いてます。ほんとはもちょっと精査したい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。