@ponta_hikario

僕は、妻と長女、双子の男女を家族に持つ、至って普通の男です。 仕事は美容室をしていて、あくせくとはたらきながらも、日々本当に幸せに暮らしています。 今のこの生活があるのも、病気から経験した事、学んだ事がきっかけです。考え方、捉え方で現実も変わる事を知って欲しい。

@ponta_hikario

僕は、妻と長女、双子の男女を家族に持つ、至って普通の男です。 仕事は美容室をしていて、あくせくとはたらきながらも、日々本当に幸せに暮らしています。 今のこの生活があるのも、病気から経験した事、学んだ事がきっかけです。考え方、捉え方で現実も変わる事を知って欲しい。

    最近の記事

    • 固定された記事

    1.余命半年と言われた僕のこと。

    最初に闘病・命に関するコトに触れるのは、 すごくセンシティブで、語りづらいことだと分かってます。 症状も違えば、受け取り方も違います。 だから、全ての方の心に届くとは思ってません。 馬鹿なこと言ってるなぁ…と思われても、 少しでも心が軽くなってくれたらと思っています。 僕にとっても 闘病生活は、大変で辛いことでした。 ただ、心の変化と考え方の変化で こんなにも気持ちも環境もかわるんだ、と言うコトを 体験しました。 その体験が僕を救ってくれました。 たった一人でもいい。

      • 10.最後のお話。僕がした全て。

        僕が経験した闘病生活を長々と書いてしまって、 すみませんでした。 だだ、その過程の合間合間に 伝えておきたい事がたくさんあって。 どんな箇所でも構わないから、 誰かのひらめきやヒントになればと思って 書き綴りました。 僕は、(もうあの頃に戻らない)と決めたので、 当時、先生からもらった資料や画像、数値の書いてあるものも全て破棄ました。 数字的なものでお伝えする事ができないので、 置いておけば良かったかなと思ってます。 伝わり易いですものね。ちょっと反省。 それから連休明

        • 9.僕に起こった奇跡の話し

          退院した日は、 子どもに会いたくて会いたくて… そんな気持ちで家に着いたけど 「お帰りー!」って元気に明るく 迎えてくれる訳はなく、 顔をみたら、そりゃ不安がいっぱいよね。 目が物語ってた。 ICUであったのが最後だもの。 子供らは、今日まで何を思って何を感じてたんだろ。 家族の中に病人が1人でもいると、 気を使っていつもとちがう雰囲気にもなりますよね。 がん保険のCMでも流れたら、 へんな雰囲気にもなるもの。 早く治さないと…。 子供達の心からの笑顔を取り戻す為にも

          • 8.退院から奇跡へ

            入院生活 酸素ボンベを付けた生活… 車椅子の生活… そう言われても、ピンとこなかった。 4人部屋に移ってからもずっと点滴で、 食事もできず、水も飲む事を許されなくて。 痰が飲み込めなくて、唾もだめで、 ずっとティシュで取ってたもんだから、 いつもゴミ箱が満タン。 ただ症状としては、たぶん大変だった「山」は超えてて、 酸素ボンベの話しから2日後くらいには、 酸素マスクは取れてた。 呼吸も苦しい事はなかったけど、 依然として甲状腺の腫れは引かなくて 手術後に3日ほど寝てた

            7.入院から退院

            僕は人生で一番大切なのは、時間だと思ってて。 こうやって文章を呼んでもらう事は、 その人の時間をもらってると思ってて… だから、嘘偽りなく全て書いてます。 少しでも気持ちが楽になって、家族との時間、自分との時間、何かをする時間を取り戻してもらう…そんなきっかけになってもらえたら…って思うんです。 おこがましくて、すみません。でもね、本気なんですよ… 緊急での入院。 妻に付き添ってもらって、 病院に向かいました。 3人の子供らは家に残して。 そのまま検査が始まって、前述

            6.治療が始まり、入院

            初めてお世話になる病院に話を聞きに行った時の事から。 前回の話で伝えた病院は、 僕の病気が発症した年の春にできたばかりの 新設のがんセンター。 その時の僕は、見た目の体はいたって普通。 ただ体の中には癌細胞が広がってました。 今の症状から、今後どうやって治療をしていくかを 本当に詳しく丁寧に伝えてくださりました。 癌の知識なんてある訳もなく、 この日までに調べた事、読んだたくさんの本、 そんなコトを持ってても、 本当に未知の世界。 僕の場合の治療方法は、 免疫チェッ

            5.初めての学び

            治療が始まる前に、 恩人の先生と何回か話せる機会がありました。 話せると言うか、「量子力学」という科学の分野の講義を聞かせてもらいました。 こうしたら病気が治りますよ、という話ではありません。 ただ、物事の考え方、思考が伝わると言う事。 思いが体に及ぼす影響など。 僕は、癌サバイバーであって、 治療を現在はしてません。経過観察のみです。 闘病当初から現在も揺るがない考え方があって、 その考え方が、一番心を支えてくれたと思っています。 その考え方があったから、落ち込む事

            4.心との向き合い方

            「もし本当に、残りの人生が少なく限られてるなら、どう自分と向き合って行くか」 そう考えるようになりました。 病気は治す。必ず治す。 そこに揺らぎはなくて、 ただ、治療に関しては先生を信じてお任せする。 病気を治すには、物理的な方法と心理的な方法があると思うんです。 物理的とは、お医者さんがしてくださる事。 心理的とは、自分が心がける事。 お医者さんがしてくださる事を邪魔しない、 自分の心のケアは自分でしようと決めました。 だから、 僕のできる事、しなければならない事

            3.とりあえず、何か始めよう

            「なんでそんなに落ち込まないの?」 そう聞かれたことがあります。 「怖くなかったの?」と聞かれたこともありました。 今、思い返しても落ち込む事はほとんどなかった。 ただ、ものすごく怖かったです。 喉はどんどん腫れてくるし、 朝起きてのご飯が食べれない。 起きてから数時間経つと、 かろうじて喉にご飯が通るようになるので、 寝てしまうとまた喉が腫れるから、 立ったまま寝ようかなぁ…なんて考えてたくらい。 診断して下さってた先生が、 原発を調べる為に、 「ここの病院で診察

            2.病気のコト

            僕はお医者さんではないし、 病気を治せる訳ではありません。 もちろん病気の症状も種類も重度も違うのに、 僕が病気について言える事なんて一つもありません。 なので、偉そうに「こうしたらいい」 なんて事は言いません。 言えないし…。 たった一つ言えるのは、 僕が闘病中に経験した事は、 辛い思いをされてる心の支えになるかもしれない。 絶望的で周りのみんなが途方に暮れてる中でも、 僕一人が前を見れたたった一つの方法です。 怒涛の生活の始まり 今までに病気と縁がなかった僕にとっ