gakko_no_sense

小学校の教員をしています。 仕事のことやらプライベートのことやら、感じたり考えたりしたことをアウトプットしていきたいと思います。

gakko_no_sense

小学校の教員をしています。 仕事のことやらプライベートのことやら、感じたり考えたりしたことをアウトプットしていきたいと思います。

    最近の記事

    読書記録

    BBQ型学級経営渡辺道治 なにそれ、おいしいの?っていう冗談は置いといて。インスタでたくさんの人がおすすめしていたので読んでみた。 現在の学校がレストランのような「提供型」であるのに対して、BBQ型は、「参加型」みんなでわいわいやりながら共に作り上げる喜びを楽しむもの。 誰が肉を切って、誰が肉を焼くのか。味をつけてどうやって食べるのか。参加の度合いを共に設計士して互いに楽しむ。 多くの先生方が理想とするのではないでしょうか。 ぼくもです。 ただ、どうすればいいのか。

    スキ
    1
      • 「苦しかったときの話をしようか~ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」森岡毅

        P&Gを出てUSJを立て直し、「刀」を立ち上げた戦略家でマーケターの森岡さん。 今は、林修の初耳学をはじめ、様々なメディアでも取り上げられている。 自分とは全然違う仕事をする森岡さんの考えに触れたくて読みました。 本屋さんで表紙は目にしたことがあり、「苦しかったときの話をしようか」というタイトルは知っていたけど、この本が父として我が子に向けて働くことについて書かれた本だとは知らなかった。 読み終わったときには、森岡さんのお子さんへの愛の深さと重ね、自分の子どもの成長につい

        • お金の勉強

          先日、FP3級試験を受けてきました。 自己採点では、学科ギリギリ6割丁度。実技8割。受かっているはず… 日本は、お金に関する教育が遅れていて、知らない人が多い。自分で勉強しないと。と思って勉強を始めました。 住宅の取得に保険、税金など、知らない人が損をする世の中で、できるだけ損をしないように。自分のライフプランに見通しを、と思いまして。 とはいえ、勉強はいわゆる過去問を何周かしたくらいで、まったく生きた知識にはなっておりません。知識をつけるためと思って始めた勉強だから

          スキ
          5
          • 罰ゲーム

            「低学年に示しがつかないから、次ルールを守らなかったら、放課後遊びは禁止してください。」 僕は違うと思うんだけど。 僕が勤める学校では、放課後に会議がない時は、子どもたちが放課後に残って勉強をしたり、運動場で遊んだりしていいことになっている。 担任する5年生の子どもたちは、この時間が大好きで、男女一緒になって、おにごっこやドッジボール、サッカーや竹馬、一輪車をして過ごしている。 身体を動かして楽しく遊ぶことは、本当にすばらしいことなんだけども、ルールをちょいちょい守ら

            スキ
            1

            失敗が許されない社会

            教職員の不祥事が後を絶たない。本当に毎日のように新聞やニュースで報道され、目や耳にしない日はない。 僕の勤める学校の職員室の冷蔵庫にも、地域の「今月の懲戒処分」が張り出されている。「退職金に響きますよ」って感じで。「そうじゃないだろー」と思う。「あってはならないこと。」 ダメ。絶対! ただ、子どもたちと体当たりで向き合う僕たち教員は、日常的に暴言や暴力とは身近な存在になってしまいかねない。 というのも、子どものエネルギーってすごいんです。 「たかが10数年しか生きて

            スキ
            8

            2学期がスタートしました。だいぶ前に(笑) 2学期は一年で一番長い。 そして、行事も多い。いろんなことがおこるんだろうな。 運動会、研究授業、作品展、社会見学 自分のやりたいこととやらなければならないこと、さまざまやけど、 「いい加減が良い加減」でいこうと思います。

            スキ
            1

            「青春って密」

            夏の甲子園が、仙台育英の優勝で幕を閉じた。 高校野球ってやっぱいいね。こんなに一生懸命になれて、みんなで一つのことを目指して努力する姿って素敵!美しい! もし、昔に戻れるなら、途中であきらめてしまった高校野球を頑張りたいなー。 優勝=すごい=おめでとう だけで終わることなく、人生のドラマに注目すると感動と学びがある。 仙台育英と下関国際、両校監督の人柄がよくわかるインタビューが印象的だ。 仙台育英の須江監督の「青春って密」は名言 コロナウイルスという恐ろしいウイルス

            スキ
            6

            夏の読書記録その2

            「モノクロの夏に帰る」額賀澪 「時をかける色彩」は、AIと当時の人の力でモノクロの写真をカラーに変えた写真集。 この一冊をとりまく周りの人間の戦争・平和についての感覚を問う内容になっている。 「モノクロ写真に色がつくことで、自分が生きる世界と太平洋戦争の時代が繋がる。教科書で学んだ歴史ではなく、自分が当たり前に持つ「昨日」を積み重ねた先にある過去の出来事として、戦争を見る。」 「経験者の声が聞こえるから、太平洋戦争は歴史ではなく過去として存在してられる。経験者の声がな

            スキ
            11

            夏の読書記録

            「モノクロの夏に帰る」額賀澪 8月6日の新聞で紹介されていた本。紹介文を読んでポチってみました。 セクシャルマイノリティの書店員、保健室登校の女子中学生、家族にコンプレックスを持つテレビマン、アメリカから来た高校生と福島から来た高校生。今を生きるさまざまな人たちから見たヒロシマ。 考えたことなかった目線の考えや教師として平和学習をするうえで気をつけないといけないことを再確認できる内容になっていた。 ロシアのウクライナ侵攻が始まった時に子どもたちに話したが、世界では今もた

            スキ
            35

            伝えたいこと

            こんな僕が、指導教諭として教育実習生を担当した時に伝えたかったこと。 二つ目が、 〇自分らしく働く 学校の先生って、自分が出会ってきた先生から「教師観」ができている。 自分が受けてきたように授業をするし、自分がされてきたような指導をしがちである。 経験が浅い時は、まさにそう。先生らしくしないと。 という思いから、だれでも言いそうな言葉を子どもたちにかける。これって子どもたちに届かないんですよね。 さらに、周りにいる自分より上手くいってそうな先生の真似をする。もう自分

            先生を教える先生

            こんな僕も今までに2度、実習生指導を担当したことがある。 経験5年目に5年生を担任した時と、8年目に6年生を担任した時である。 担当学年はもちろんちがうし、実習生の年齢や性別もちがったけど、僕が指導教諭だった時に伝えたかったことはこの2つ。 〇学校の先生の仕事は楽しそう 〇自分らしく働く 一つ目 〇学校の先生の仕事は楽しそう 将来、教員として働きたいと考えて実習に参加することが前提ではあるが、一番伝えたいこと。 実習生として学級に入っていると、子どもとの関わりのこ

            僕が教育実習をおこなった附属小学校は、それぞれの教科・領域を専門にした先生が配置されている。 僕の担当になった指導教諭は外国語の担当だった。 1年生の担任をしながら、高学年の外国語を担当していた。附属学校では、年に数回の公開授業をおこなっており、教室に入りきらないほどの参会者の前で授業をしている。 簡単な言葉で言うと、すごい。 指導教諭の先生は、僕の教育実習当時の年齢がおそらく、今の僕くらいの年齢だったと思う。 今の僕に、同じことができるのだろうか… やる必要はないが。

            スキ
            1

            教育実習

            世間ではお盆休みも終わり、日常を取り戻しているようである。 しかし、僕は今日も家にいて、「よー雨降るなー」「雷すごいなー」って奥さんと言い合っている。 社会復帰できるか不安になってきたこの頃… 2学期が始まると、教員を志望する大学生、もしくは、教員免許取得を望む大学生は教育実習が始まる。 自分が教育実習を受けたのは、かれこれ12年ほど前になる。 教育大学出身である僕は、附属小学校での2週間と公立小学校での2週間の合わせて4週間だった。 附属では1年生。公立では5年生を

            スキ
            3

            ぼくのなつやすみ

            夏休みがもうすぐ終わる。 「ずっと夏休みやったらいいのになー」 でも、ずっと休みやったら休みの大切さというか、休みのとらえかたが変わってしまうんだろうな。仕事があるから、休みがありがたくて、楽しみな時間でもあるんやろうな。 今年は、旅行にも行ってないので、「夏休みはこれをした!」っていう感じはないけれど、良き夏休みを過ごしている。 6時過ぎ 子どものグズグズ声で目覚める。笑かす。→笑顔→幸せ 7時   メリーさんに喜ぶ子どもを見ながら、ストレッチ 8時   子どもが寝

            スキ
            2

            家族

            子どもを連れて初めて実家に帰った。 両親は、お宮参りの時以来だから、2か月ぶり。 奥さんの実家は、家から歩いて5分くらいだから、よく義両親とは顔を合わしているけれど、僕の実家は、車で1時間くらいかかるので、そうはいかない。 毎日のように撮った写真を共有アプリにあげて子どもの成長を見てもらっている。 アプリには、ログイン時間が表示されるので、僕たち夫婦とそれぞれの両親がどのような頻度でログインしているかがわかる。 圧倒的に僕の両親はアプリを見まっくている。 そして、子

            スキ
            5

            おべんきょ

            二学期委に、国語の研究授業があるので、おべんきょしました。 この記事は全然面白くないので読まないでね。 でも、最後まで読んでくれた人はぜひ、スキしてくださいね。 「要点・要約・要旨の基礎的学習で読解力を育てる」白石範孝 説明文の学習内容に、「形式段落に分ける」「段落の要点をまとめる」「意味段落に分ける」「文章構成図を書く」「要約する」「要旨をまとめる」などがあるが、どの子も形式段落に分けることはすべての子どもたちができる。でも、その他の学習内容は、さまざまな答えが出れきて

            スキ
            3