井田芙美子

旅好き・農業好き・北海道好きが高じて、日本発の畑ガイドになる。 子育てと仕事の自分らしいバランスを模索し続けている。 株式会社いただきますカンパニー代表取締役

井田芙美子

旅好き・農業好き・北海道好きが高じて、日本発の畑ガイドになる。 子育てと仕事の自分らしいバランスを模索し続けている。 株式会社いただきますカンパニー代表取締役

    最近の記事

    クラファン10日目で目標達成!!!!!!!

    おはようございます。日本の食糧基地・十勝で農業専門のガイド業をしております、いただきますカンパニーの井田芙美子です。 6月15日にクラファンを公開してから、10日目で目標の100万円に到達することができました!!!!! ここまでにご支援下さった65名の皆さま、情報のシェア等応援して下さった皆様、教材開発に関わってくださった受入農場・学校の先生たち、プロジェクトを応援して下さった全ての人に…心から感謝致します。 ありがとうございました!!!!! 少しづつご支援が重なり、

      • 初めてのクラファン、本日スタート(6/15~7/30)

        6月1日にリリース後、思いもしなかった方から、支援決めてるよ~と言われて驚きました。実際にお金出してもらうのは難しくてメンタルやられるよ~なんて先輩たちの声も聞いていますし、グイグイ声掛けできるタイプでもないので、どうなることやら心配ではあります。 でも、ここに来るまでに、私たちは既にたくさんの方に応援頂いてきました。思えば、創業時から。 クラウドファウンディングという仕組みを使う事こそ初めてですが、ずっと支援して下さった方々がいて、今のいただきますカンパニーがあります。

        • 初めてクラウドファウンディングに挑戦します(6/15~7/30)

          食料自給率1200%を超える北海道・十勝地方で畑ガイドという仕事をしている、井田芙美子と申します。この度、初めてクラウドファウンディングに挑戦することになりました。 公開は6月15日なのですが、とにかく「初動が大事」と教えていただき、事前にページを公開することにしました。思いが溢れて長くなってしまったのですが、ぜひ一度お目通しいただき、共感していただければご支援、応援、シェア等、ご協力いただけると、とても嬉しいです。 オンラインファームツアーは、北海道の本物の食の生産現場

          • 紫竹おばあちゃんとの思い出

            紫竹ガーデンの紫竹昭代社長が94才で天国に旅立ちました。60才を過ぎて起業し、夢を語り続ける姿には、多くの人たちが勇気を頂いてきました。 本日の葬儀には伺えないので、この機におばあちゃんとの思い出を振り返りたいと思います。 <約2年前に一緒に写真を撮って頂いた時のもの。いつも、来場者に素敵な帽子をかぶらせてくださる、可愛らしいおばあちゃん。> 花より団子の人間なので(笑)、もともとガーデンにはあまり興味はありませんでした。 でも、帯広の観光施設といえば、ばんえい競馬、幸

            いただきますカンパニー9周年の日に

            いただきますカンパニーは、2012年3月20日に開業しました。翌年株式会社化しましたが、私にとっては、個人で始めたこの日が記念日です。 ベンチャー企業の10年生存率は10%にも満たないと聞くので、これまで生き残ってこられたことは奇跡のようです。ただ、始めた時から、この仕事は必要とされているし、必ずうまくいくという、根拠のない自信があったので、個人的には当たり前のような感覚でもあります。 驚くべきは、飽きっぽい私が、これまで全く飽きることなく、この仕事を続けてこられたことで

            2021年度正社員を募集する今の気持ち

            2020年は想定外のシーズンだった。でも一方で、こんな中でも新しい事に取り組み一定の成果を生み出せたことで、返って自信が生まれた1年でもあった。 守りに出るか、攻めに出るか決断を迫られた時、判断するのに長い時間は必要なかった。攻めに出るために、私たちは正社員を募集することにした。 アルバイトを含めても9名しかいない会社にとって、正社員を採用するというのは大きな決断だ。採用も慣れていないから、いつも手探り手作り状態。私たちにできるのは、愚直に、ありのままの私たちを伝える事だ

            坂東農場のトウモロコシを受け取る皆さんへ

            坂東農場は、スイートコーン生産量日本一の北海道・十勝めむろ町にあります。 トウモロコシ以外にも小麦・ジャガイモ・豆・ビート(砂糖大根)などを生産する、約50ha(ディズニーランドと同じくらいの面積)を家族4人で管理する、十勝地方では一般的なスタイルの農家さんです。 白樺の美しい風景が坂東農場の特徴。手前が小麦で奥はジャガイモを植えたばかりの頃。植える場所が毎年変わるので、この風景を見られるのはまた4-5年後か。この風景の中で楽しんでもらうことで農業への理解が進めば良いなぁ

            「どうみん割の乱」に関する顛末を記録しておきます。

             国を挙げてのGoToキャンペーンを前に、北海道内での観光を促進しようという「どうみん割」が6月28日に発売となりました。開始数十分で売り切れてしまった、などというニュースが流れています。事業概要が出てからまだ3週間という事が信じられないほど、この短い期間に色々な事がありました。関わってくださった方が多かった事も踏まえ、ことの顛末を記録しておおくことにします。 声を上げた経緯 どうみん割では、「アウトドア体験」も該当になるらしいという噂を聞いていました。旅行業法の中で観光業

            オンラインツアーまとめ。

             Youtube配信を始めた後、私たちはzoomを利用したオンラインツアーを始めました。そのことについて取材を受けることが増えてきたので、ここまでの状況を整理しておきたいと思います。 実施状況モニターツアー(無料) 5月30日(土)14:30~15:30  オンライン菜の花ピクニック(北海道・音更町) 6月7日(日) 11:00~募集型ツアー 6月14日(日) 11:00~募集型ツアー        13:00~貸し切りツアー(視察) オンライン青い小麦のピクニック(北

            共通Youtubeチャンネルの方針が決まった

            久しぶりにアドレナリンが出て夢中の2週間でした。起業した時以来かな。自分の課題がみんなの課題だと気が付いて、今やるべきことが見えて、この指止まれをしたら、思いのほか仲間が集まったので、あとは突き進むだけだ!!という感じでした。 コロナ以降の3カ月、どうして良いかわからずに呆けていたので、やることが見つかって嬉しかったというのもあるし、正直エネルギーは有り余っていました。みんなのためになることで、それが自分のためにも会社のためにもなるなんて、やるしかないじゃないと。 よく、

            北海道の体験事業者でYoutube共同チャンネルを作ります。

            参拝ライブのまとめが終わらないうちに、いきなり時の流れが速くなり、目まぐるしい毎日を送っています。今は、北海道内の体験事業者と連携してYoutube共同チャンネルを配信することが決まりテンヤワンヤ。急に取材が増えてきたので、ことの顛末をこちらに整理しておこうと思います。 北海道のアウトドア・体験事業者のアンケート調査が行われたコロナ騒動の渦中、自分のことしか考えられずに生きていました。とにかく家族を守る、社員を守るの一心。そんな中、北海道アウトドア観光の先駆者であるアルパイ

            10日間の参拝LIVE配信が私にもたらしたもの①

            2月末に学校の休校が始まり、3月末に気持ちが緩んだ影響で4月は第二波の影響の怯える日々。5月に入って、ようやくこの生活に慣れ、落ち着いてきたのを感じています。私が自然と前向きな気持ちになれたきっかけは、毎朝のお散歩でした。 焦りの4月変化した新しい時代に対応しなければと思う反面、毎日子どもが家にいる生活の中で、仕事に集中できず前に進めない自分にフラストレーションが溜まっていました。生活も乱れ始め、朝起きる時間が少しづつ遅くなっているのにも気が付いていました。どうにかしなけれ

            アフターコロナを考える

            新型コロナウィルスの騒動で社会が大きく変わりました。アフターコロナはどうなるかという議論も多くされています。私が経営する「いただきますカンパニー」は農業を観光という手段で伝える事を本業にしています。つまり、観光業です。 「来るな」とか「来たことを後悔させてやる」なんて発言を聞くと、観光業の存在自体が否定されたような気がして本当に悲しい気持ちになっていました。北海道の休業補償も期待していたわけではなかったけれど、施設のない私たちのような体験事業者は該当しない、と言われると、仲

            それでも私は、現場に来て、触れて頂くことの価値を信じ続けます。

            一番人気、とうもろこし(北海道弁で「とうきび」)を自分で獲って畑で食べるツアーの様子を公開しました。ぜひご覧いただきたいです^^ とうきびは、美味しい瞬間がとても短い作物で、毎年お世話になっている坂東農場では、たった3時間、なんて言われていたりします。 私たちのツアーでは、直売所に出荷するために毎日美味しいとうきびが獲れるよう工夫を重ねた農場をご案内させて頂いています。 一番の特徴は、本来出荷しない2番果(実がビッチリ入りにくい)を活用させて頂くこと。 せっかく畑まで来て

            こんな時だから。人はなぜ旅に出るのか、初心に返らせてもらった本を紹介します。

            外貨獲得のために増やせ増やせと言われていた観光客は、一転ウィルスを持ち込むバイキン扱いとなってしまいました。 悲しいニュースを聞く度に、もう観光なんて必要ない産業と言われている気がしてしまいます。 このまま自粛が続けば、多くの同業者たちが廃業し、地域の魅力は激減してしまうでしょう。 考え始めると暗い気持ちにしかならないので、映画を観たり本を読んだり、脳が少しでもクリエイティブな方向に働くようにしています。 そんな時、両親から「これは芙美子のことだ!笑」と勧められたのが『さい

            新型コロナ関連の情報をまとめてみる(漫画中心)

            信頼性が高くわかりやすい情報を自分の備忘録としてまとめておきます。 気持ちも落ちているので、特に手書きの絵は温かみもありますし、概念がスッと理解できて非常に有難いです。 随時追加しますね。 ※写真は畑に病気や害虫を持ち込まないために用意している農場専用の長靴。これを機に畑の防疫対策の重要性も理解して下さる人が増えればと願っています。 新型コロナウィルスとは?基礎情報敵に打ち勝つには、まず相手を知ることです。 新型コロナウィルスとは何のか、感染のメカニズム、インフルよりも