夕暮れ街並み

青空の化身

なけなしの夢を砕いて
あなたへのはなむけに

感じてしまった空虚な時間に
感情は冷めたスープのように

灰色な雲に心は似て
霧のようにしっとりとまとわりついて
赤い花芯はゆっくり青ざめて

咲き誇る牡丹の陰に
ひっそりと顔を背けてしまいたくて

枯れ果ててしまいそうな大地に
恵の雨は古の証か

ほんのりと残る潮風に身を委ねて
風の吹くまま気の向くまま

灯台の灯りだけをたよりに
さまよう小舟は孤独だろうか


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

気が向いたらよろしくお願いします。読んでくれるだけでも立派なサポートなので、また読みに来てください。サポートはすべてクリエイティブ活動のために!

ありがとう!❤︎スキ❤︎
10
日々湧き上がってくる感情、書きたいことを書こうと思うnote。よくわからないかもしれない詩的な文章とときどき日記、書いてます。デザイン、言葉、詩、写真、絵、お花とかいろいろ好き。半分ニート。平日Weekday更新。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。