幸せな国は必ず作れる from Chiba & Sue

■Chiba(ちば):バンクミケルセン記念財団 理事長/NPO法人日本・デンマーク生活研究所 理事長■Sue(すー) :北欧教育プログラム研究開発・オルタナティブスクール「Finolykke(フィーノリッケ)」研究校 代表

ジレンマは、ジレンマのままで。

2021年、夏。 今年の夏も、また異常な日々が続いていましたが、 皆さんいかがお過ごしでしたか? 今夏、ChibaとSueは、 コラムを書くたびに、 強い思いと変わらない現…

+4

じぶんらしく夢をえがく

Where there is a will, there is a way. 精神一到 何ごと か 成らざらん あなたは何のために今、頑張っているの?新規感染者数が記録的な伸びを見せている東京。 その東…

+3

こどもに将来を託せる大人になるために。

若木の下で笠(かさ)を脱げ  若い木は将来どんなにりっぱな大木になるやも知れないから、笠を脱いで敬意を表すべきだとの意。若者には将来があり、どんなに出世するかわか…

「失敗してもいい」という覚悟を持とう。

仏造って魂入れず  仏像をせっかくつくっても、肝心な魂を入れないとの意。ほとんど完成しながら、もっともたいせつなことが抜け落ちていることのたとえ。 「あなたにと…

「私は大丈夫だ」を手にいれよう。

私たちはどんな心の育て方をしてきたの?あっという間に日が過ぎて、今年も残すところあと5ヶ月です。 今年の夏はどんなふうにお過ごしの予定ですか? さて、今日は、小…

三つ子の魂百までをデンマーク教育で考える

三つ子の魂百まで 幼い頃に表れている気質や特徴は、歳をとっても変わらない」ということ Chiba:日本ではこのことわざが、子育てを始めた家庭、 特に母親に向けて年長者…