【コラム】 だから、私はサッカーと生きていく。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【コラム】 だから、私はサッカーと生きていく。

この文章は、#江の島エフシーと僕 の連載記事第7弾です。地域サッカークラブの特徴とも言える、多様性溢れる関係者から集まった唯一無二の物語を紹介していきます。今回は、2021年より江の島FCに加入したスタッフ浜田真帆のコラムです。サッカー選手に魅せられ、サッカーに関わり続ける彼女は、どのようにクラブと交わり、人生に影響を及ぼしていくのでしょうか。

はじめに

はじめまして。江の島FCでマネージャー・コーポレートスタッフをしております、浜田真帆です。

私は、今年4月に江の島FCに加入し、選手のキャリアサポートから、コーポレートスタッフ(広報、試合運営のお手伝い、パートナーセールスなど)を担当させていただいております。サッカークラブが持つステークホルダーと最大限協力し、幼少期からの思い入れの詰まった故郷である江の島の地を盛り上げていけるよう活動しております。

これまで、大学の体育会サッカー部や社会人の地域クラブ、Jリーグクラブなど、いくつかのサッカークラブに携わってきましたが、創設まもないクラブでの活動は開拓していけそうなことが沢山あり、何を仕掛けようかとワクワクする毎日です。

例えば、加入して早々、新規事業としてキャリアデザイン室を設立させていただき社会人選手たちの想いやキャリアに触れることができていたり、湘南ゴールドエナジー様と協働でプロジェクトを立ち上げていたり。もちろん、試合の動画配信一つをとっても、何度も代表の巴山と話し合い、試行錯誤を繰り返しながら最善策を見つけられるよう取り組んでおります。

さて、この度は、江の島FCのnoteをご覧いただき、ありがとうございます。noteをはじめ、その他SNS等もスタッフ一同心をこめてチーム情報をお届けしておりますので、引き続きチェックしていただけると嬉しいです。

画像2


サッカーと私

幼い頃からサッカーを観るのが大好きだった私は、これまでにもサポーターや、マネージャー、スポンサー営業、スポンサーなど、これまで様々な立場でサッカーと関わり続けてきました。

そこで出会えた選手や、クラブ関係者。

彼らは、人生のうち10年以上という長い年月、全力でサッカーをし続けていました。長いサッカー人生、苦しいことをきっと何度も乗り越え、それでもサッカーが好きで、怪我や挫折を繰り返しても、やっぱりやめられないサッカーに真摯に向き合っていました。

私には、彼らのその姿がとても輝いて見えました。気づけば、「この人たちのために」と思い、行動している自分がいました。自分以外の誰かのために行動し、その楽しさを味わうことができるなんて、思ってもみませんでした。ただ趣味のひとつ、自分視点で楽しんでいたサッカーが、今までとは違う、広い世界を見せてくれました。

私は、彼らに恩返しがしたい。

そして、プレー経験が一切ない私ができる恩返しとは、物理的な環境を整えること、精神的な安心感を感じてもらうことなど、アスリートが競技に集中できる環境作りを徹底することだと考えています。


江の島FCと私

そのような中で、なぜまた江の島FCという地域クラブに所属しサッカーに関わることにしたのか。

それは、『チームの一員として戦う』ことこそが、私が人生において最も幸せを感じられることなのだと、答えを出すことができたからです。

社会人サッカーは、大学時代の部活とは違い、毎日チームの活動があるわけではないし、サッカーの優先順位も人それぞれです。そのため、自分のスタッフとしての立ち回りや役割など、難しく感じる場面も多々あります。

また、私自身も社会人になり、チームへ捧げることができる時間にも限りがある中で、私はチームにどのような貢献ができるか。チームが掲げる目標に対し、スタッフの立場としてどのように選手たちを後押しできるか。まだ、答えは出ていませんが、一歩一歩、歩みを進めていきたいと思っています。


だから、私はサッカーと生きていく

私の中で忘れられない、もう一度みたい景色があります。


画像3

スタンドがチームカラーで埋まり、自分のことのようにゴールを喜んでくれる応援席を見たい。


画像4

私が作った舞台で、私の愛する仲間たちが躍動する姿を見たい。


画像5

夢を持つ全ての人に生きがいを届け、笑顔になってくれている瞬間を見たい。

いつまでも学生時代の青春を引きずっているようにも感じられてしまうかもしれません。


でも、こんな話を笑わずに真剣に向き合ってくれる巴山代表やクラブの仲間、クラブを信じて支援してくださる皆さまのおかげで、いつか江の島FCでもこの景色を見ることができると確信を持っています。


今シーズンも、コロナウイルス感染症の影響で満足にリーグ戦が行えない状況が続いておりますが、選手・スタッフ一丸となって精進してまいりますので、引き続き江の島FCに温かいご声援を、よろしくお願いいたします。


画像1


==================================================

江の島FCは、2020年4月に設立された、江ノ電沿線を中心とした湘東地域をホームタウンとする地域サッカークラブです。2021年は神奈川県社会人サッカーリーグ3部(J9相当)に所属し、峯山典明新監督のもとで2部昇格、2030年のJリーグ昇格を目指しています。「STAY YOUNG, TO LIVE.~世界中の探求者の人生に生きがいを吹き込む居場所を創造する~」という創設の想いを掲げ、挑戦する全ての人の機会格差解消を目指して活動しています。

↓ 江の島FCの詳細はこちら ↓

江の島FC 公式Twitter
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
江ノ電沿線を中心とした湘東地域をホームタウンとするサッカークラブです。 神奈川県社会人サッカーリーグ3部(J9相当)に所属し、2030年のJリーグ昇格を目指しています。 「エゴを社会実装する」というビジョンを掲げ、挑戦する全ての人の機会格差解消を目指して活動しています。