年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ノート

エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
    • 年老いた珈琲豆焙煎屋のコーヒー豆焙煎覚書/第1集

      • 19本
      • ¥2,000

      年老いた珈琲豆焙煎屋の独断と偏見によるコーヒー豆焙煎体験の覚書

    • コーヒー豆焙煎プロファイル

      • 8本
      • ¥3,500

      コーヒー豆焙煎は、コーヒー豆焙煎速度の理論に依存していると考えています。 コーヒー豆焙煎速度の設計書がコーヒー豆焙煎プロファイルで、設計図がコーヒー豆焙煎プロファイル図だと年老いた珈琲豆焙煎屋は考えています。 そのコーヒー豆焙煎プロファイルを意識して投稿した記事を集めているつもりです。

    • 珈琲生業商売覚書、コーヒー豆自家焙煎店経営

      • 11本
      • ¥1,000

      自家焙煎コーヒー豆小売商売に従事して30年、パパママ経営の生業商売を続けて来ました。その間に何となく身に着けた、コーヒー豆自家焙煎店小売商売に関する経験・技術・知識を・・・・・

    • エカワ珈琲店物語

      • 4本
      • ¥1,000

      エカワ珈琲店の生い立ち、経営者の履歴書などなど・・・

    • 焙煎コーヒー豆のブレンドと焙煎コーヒー豆の保存

      • 1本
      • ¥500

      年老いた珈琲豆焙煎屋の「焙煎コーヒー豆のブレンド」と「焙煎コーヒー豆の保存」に関する覚書集

小ロットのコーヒー豆を1回・1回バッチ焙煎するスモールバッチ焙煎 | コーヒー豆自家焙煎店の特徴

一杯のコーヒーは、コーヒー豆の生産、コーヒー豆の焙煎、焙煎したコーヒー豆を粉砕してコーヒーを淹れる(コーヒーの醸造)という3つの作業プロセスを経て出来上がります。…

500

年老いた珈琲豆焙煎屋が考える『地方の町で自家焙煎コーヒー豆を売るためのマーケティング』

和歌山県の県庁所在都市は、30数万人の人口規模を持っている和歌山市です。 和歌山市は、江戸幕府の時代、徳川御三家の1つだった紀州徳川家の城下町として発展して来た町…

200

【コーヒー豆焙煎の品質変換速度】年老いた珈琲豆焙煎屋の独断と偏見によるコーヒー豆焙煎反応速度論 | 焙煎プロファイル論

はじめに品質変換を目的とする食品の加工処理操作は、物理的な品質変換操作と化学的・生物的な品質変換操作に大別されます。 物理的な品質変換操作は、機械的・拡散的・熱…

600

商売中心で脱サラ後の年老いた珈琲豆焙煎屋の人生を振り返ってみました

平成18年(2006年)、年老いた珈琲豆焙煎屋が55歳だった頃、自分たちの店と商売について、その10年後を想像したことがあります。 和歌山県の県民1人あたりの年間…

200

新しい焙煎コーヒー豆のブレンドを創作する方法 | コーヒー豆自家焙煎店・喫茶店の場合は

コーヒー豆自家焙煎店のオーナーも、喫茶店のオーナーも、珈琲商売で生計を立てている自営業者なら、焙煎コーヒー豆のブレンドについて相当程度の基礎知識を持つ必要がある…

150

珈琲発見伝説とコーヒー栽培の歴史

コーヒー発見の伝説ですが、2つの有名な珈琲発見伝説が知られています。 一つは、アラビア半島で発見されたという伝説で、もう一つは、コーヒーのふるさとエチオピアで発…

150