マガジンのカバー画像

珈琲生業商売覚書、コーヒー豆自家焙煎店経営

11
自家焙煎コーヒー豆小売商売に従事して30年、パパママ経営の生業商売を続けて来ました。その間に何となく身に着けた、コーヒー豆自家焙煎店小売商売に関する経験・技術・知識を・・・・・
¥1,000
運営しているクリエイター

記事一覧

年老いた珈琲豆焙煎屋が考える『地方の町で自家焙煎コーヒー豆を売るためのマーケティ…

和歌山県の県庁所在都市は、30数万人の人口規模を持っている和歌山市です。 和歌山市は、江戸…

200

地方の中核都市に立地する、とあるコーヒー豆自家焙煎店30年の大雑把な軌跡

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦は、パパママ営業で店は小さな窓型軒先店舗ですが、エカワ珈琲店とい…

100

コーヒー豆自家焙煎を始めるのに必要な費用 | 生業商売の場合

1990年代の始め頃、30年くらい前の話です。 柴田書店という出版社から月刊で発行されて…

100

地方都市の零細生業パパママ経営のコーヒー豆自家焙煎店はどのような仕事をしているの…

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦は、2人だけで零細生業パパママ規模の自家焙煎コーヒー豆小売専門店…

100

珈琲フリーランスの研究 | 個人事業の研究、note版

15年くらい前、2006年か2007年頃の事だったと思います。当時、ホームページビルダー…

100

コーヒー豆自家焙煎店の出来始めた頃

その昔(1970年代前半~1990年代前半)、『喫茶店経営』という誌名の雑誌が、東京の柴田…

100

2020年版、年老いた珈琲豆焙煎屋が積極的に自家焙煎コーヒー豆業務卸を展開するとしたら

この秋(2020年)69歳になる年老いた珈琲豆焙煎屋と、この秋(2020年)60歳の還暦を迎える妻が2人だけで営んでいる、しかし、30年近くの歴史を持っている零細生業パパママ規模のナノロースター(コーヒー豆自家焙煎店)、それがエカワ珈琲店です。 エカワ珈琲店は、2016年の秋(4年前の秋)とそれほど変わらず、零細生業規模の自家焙煎珈琲豆小売専門店を夫婦2人だけで営んでいます。4年前と変わったのは、店主である年老いた珈琲豆焙煎屋もその妻も4歳年齢を重ねたということです。 2

スキ
4
有料
100

地方都市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店は儲からない。だけど、食べては行けます。

都会と地方都市とでは商売のあり方が相当に異なっているので、都会で商売をしているコーヒー豆…

100

自家焙煎コーヒー豆は付加価値を高くしなければ儲けられない

一般的に、仕入れた商品を小売販売する商売の粗利益率は、20~30%くらいだと言われていま…

200

年老いた珈琲豆焙煎屋の稼業 | コーヒー豆自家焙煎店、平成の30年間で様変わり

年老いた珈琲豆焙煎屋は、エカワ珈琲店という屋号の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を、夫婦2人…

200

1990年代初期のコーヒー豆販売店開業

その昔(1990年代の初めころ)、年老いた珈琲豆焙煎屋は、地元(和歌山市)の信用金庫の職員さ…

300