マガジンのカバー画像

年老いた珈琲豆焙煎屋のコーヒー豆焙煎覚書/第1集

19
年老いた珈琲豆焙煎屋の独断と偏見によるコーヒー豆焙煎体験の覚書
10何本かのコーヒー豆焙煎に関する記事(合計字数で約10万字を目標に)を、1つのマガジンに集められ… もっと詳しく
¥2,000
運営しているクリエイター

記事一覧

コーヒー豆に含まれている成分 | コーヒーの成分について

コーヒー豆を構成する成分で最も多く含まれているのが、繊維質や糖分などの炭水化物で、次にタ…

200

初歩コーヒー豆自宅焙煎のすすめ | 2021年版ホームロースト入門

年老いた珈琲豆焙煎屋は、地方の中核都市・和歌山市で零細生業パパママ規模の自家焙煎珈琲豆小…

200

とある地方都市で零細な珈琲豆自家焙煎店を営んでいる珈琲屋の親父が、コーヒー豆の自…

その昔、もう何年も何年も前のことですが、コーヒー関係の雑誌で、コーヒー豆を焙煎するのにも…

300

焙煎について/ロースティング

初めに選別、精製、ラベル分類されたコーヒー生豆は、焙煎工程を経て、一般的に小売販売されて…

200

焙煎コーヒー豆の煎り具合 浅煎りから深煎りまで、焙煎コーヒー豆の焙煎度について

焙煎の程度、煎り具合を焙煎度と呼んでいます。コーヒー業界では、焙煎コーヒー豆の色付き具合…

200

焙煎温度と焙煎時間と焙煎プロファイル(ローストプロファイル)

焙煎プロセスを制御(コントロール)するための基本的指標は、焙煎中のコーヒー豆温度だと年老い…

300

焙煎度合 | 焙煎コーヒー豆の煎り加減

コーヒーノキに成る果実から採れる種子がコーヒー生豆です。乾燥前の種子は水分を含んで柔らかくて弾力があります。しかし、乾燥処理を済ませたコーヒー生豆は、小石のように堅くて固形化しています。そして、そのコーヒー生豆には、コーヒーの香味は存在していません。 コーヒー生豆は、焙煎というプロセスを経て、褐色で香り豊かな手で強く押せば砕けるカリカリとした焙煎コーヒー豆に変身するわけです。 カップコーヒーの香味は、生産国・生産地を含む栽培環境、コーヒー生豆の保存年数、焙煎の仕方、焙煎コ

スキ
1
有料
200

コーヒー豆焙煎のローストプロセス

コーヒー生豆を火力で煎ることを、焙煎(ロースト)と呼んでいます。緑黄色の少し発酵臭のともな…

200

コーヒーメラノイジン(Coffee melanoidins)/焙煎コーヒー豆の褐…

コーヒー生豆を焙煎すると、コーヒー生豆に含まれている成分同志の間で、積極的な成分間反応が…

100

コーヒー豆焙煎(熱加工処理)の基礎知識

コーヒー生豆を火力で煎ることを、コーヒー豆の焙煎と呼んでいます。加熱することで、無味乾燥…

200

コーヒー豆焙煎プロセスの基礎知識

家庭・職場・喫茶店で飲んでいるコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して、その焙煎コーヒー豆を粉砕…

300

中煎コーヒーの苦味、深煎コーヒーの苦味、その原因物質は

21世紀に入ってから、コーヒーの苦味の原因物質については、新たな考え方が登場しています。…

300

エカワ珈琲店の独断と偏見、『コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応/その1』

アグトロンスケール(Agtron Scale)で知られているアグトロン社のカール・スタウブ(Carl Staub)…

500

エカワ珈琲店の独断と偏見による『コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応/その2』

コーヒーの香り・風味は、コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応が作り出している アグトロン社のCarl Staub(カール・スタウブ)さんは、1995年に開催されたSCAA大会の講演で、コーヒー豆の焙煎について、次のように語っています。ただし、英語が素人の年老いた珈琲豆焙煎屋の翻訳ですから、解釈や翻訳間違いがあるかもしれません。 コーヒー豆の焙煎工程では、多くの熱化学反応が発生します。脱炭酸(二酸化炭素を放出する)、キナ酸部分の脱水、分解蒸留、異性化、重合、ショ糖が関係する複雑

スキ
1
有料
500