kubomi

コピーライター/フリーライター/第2回(2019)「ふう太の杜文学賞」佳作受賞/取材・企画・執筆/現在はシナリオと短編小説を中心に執筆。歌詞の執筆も始めています/まだまだ描かれていない「大人のドラマ」を描きたい。/執筆記事もアップしていきます。

#noteフェス 呼吸する生身のクリエイト

9月2日から始まった「noteフェス」。夜9時からの配信『僕たちに「企画」はいらない』(漫画家・羽賀翔一さん/編集者・柿内芳文さん/モデレーターはnoteディレクター志…

モリコーネの音楽と好きな映画は切り離せない。ほんとに定番の定番だけど『ニューシネマパラダイス』は大好きな映画。大きくなったトトがスクリーンを見つめるラストでは大号泣し、映画館を出るときには目が真っ赤で困った。美しい音楽をありがとうモリコーネ。。。

通りすがりの猫と目が合って、数秒、睨むでも微笑むでもなく、ただただじっと、お互いを嗅ぐように立っていた。近づくと逃げるだろうとか、声をかけたら隠れるだろうとかも思わずに。生き物同士のディスタンス。人と距離をとっていると知らずに失われてる感覚があったんだと気づいた。

#瀧本宿題 盗めない人生を生きろ   瀧本哲史・伝説の講義を視聴して〜

2020年6月30日。公開された音声による講義を視聴した。  「バイブルも正解もない。自分で考え、自分で行動しろ」  東京大学伊藤謝恩ホールで瀧本哲史さんが300…

堀川・さくら夢譚12

店の後継ぎとなる婿は、これより二年前に清須越をしている大店、大野屋の二男である。ふたつの店が手を取り合って名古屋の町を盛り立てていこう、と去年の暮にめでたい話が…

堀川・さくら夢譚11

名桜の横顔は佐平次の胸の中に清々しい印象を残し、その印象は日増しに膨らんでいった。名桜と弥助が清須に戻った後、御国屋源右衛門は早々に清須越を計るかと思われたが、…