北林 功(Isao Kitabayashi)

COS KYOTO株式会社 代表取締役/コーディネーター | www.cos-kyoto.com (一社)Design Week Kyoto実行委員会 代表理事 | www.designweek-kyoto.com 自律・循環・継続する社会の構築を人生のテーマに、色々やってます
    • 文化の読書会
      文化の読書会
      • 99本

      読んだ本の趣旨を1章ずつ1000字以内で書いていっています。

    • COS KYOTO
      COS KYOTO
      • 7本

      自律・循環・継続する社会を構築するために、日本各地の地場産業をグローバルな文化ビジネスへするための各種コーディネートや企画・運営を手掛けるCOS KYOTOの日々の活動を発信しています。

    • DESIGN WEEK KYOTOスタッフマガジン
      DESIGN WEEK KYOTOスタッフマガジン
      • 10本

      「京都をデザインしなおし、クリエイティブな街へ」をビジョンに掲げ、様々なモノづくり現場をオープンして国内外の多種多様な人たちとの交流を促進するDESIGN WEEK KYOTO。その運営スタッフの日々や思いなどを書いています。 https://designweek-kyoto.com/

    • 文化ビジネスコーディネーターへの道
      文化ビジネスコーディネーターへの道
      • 28本

      ローカルな「地場産業」からグローバルな「文化ビジネス」へ。 COS KYOTO代表・北林が日本の各地で培われた地場産業を、「地域自決」の原則の下、自律・循環・継続していく「文化ビジネス」として成立していくために、日本各地、世界各地を周り、人・素材・技術をコーディネートしている日々から得た学びを発信しています。

    • COS KYOTO スタッフブログ
      COS KYOTO スタッフブログ
      • 26本

      文化ビジネスコーディネートを手掛けるCOS KYOTOのスタッフが思い思いに書いています

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

京都府内で利用できる新型コロナウィルス感染症関連の経営補助金・対応策等のまとめ(随時更新中)

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響が拡大してきております。 国や行政も様々な支援策を打ち出していますので、すでにご存じの方も多いと思いますが、改めて情報を…

『物質文明・経済・資本主義 15-18世紀 日常性の構造2』(フェルナン・ブローデル) ‐鍵となる問題−三大技術革新

フランスの歴史学者、ブローデルの「日常性の構造」を読んでいくオンライン読書会の第14回目。今回は第6章「技術革命と技術の遅れ」の「三大技術革新」を読む。 【概要】 …

『物質文明・経済・資本主義 15-18世紀 日常性の構造2』(フェルナン・ブローデル) ‐鍵となる問題−鉄 貧乏な親類

フランスの歴史学者、ブローデルの「日常性の構造」を読んでいくオンライン読書会。今回は第5章「技術の伝播 鉄−貧乏な親類」を読む。 【概要】 鉄は19世紀初頭までは全…

DESIGN WEEK TANGO 2021の運営を通じて感じた丹後のクリエイティビティとその源泉

「丹後のものづくりを100年後につなげる」をキーワードに、6月24日−27日に初めて開催したDESIGN WEEK TANGO2021。まだまだ整理しきれていないが、少しずつ言語化してい…

『物質文明・経済・資本主義 15-18世紀 日常性の構造2』(フェルナン・ブローデル) ‐鍵となる問題−エネルギー源

フランスの歴史学者、ブローデルの「日常性の構造」を読んでいくオンライン読書会の第11回目。2分冊の2冊目についに突入。1冊目も重厚な内容だった思考の旅の後編がいよい…

やはり対話が肝!オンラインでのモノづくり現場訪問イベントをやりまくって見えてきた5つのポイント

コロナ禍ですね。昨年のDESIGN WEEK KYOTO2020(2月開催)から、リアルでものづくりの現場に訪問して交流するということに制約がかかったため、オンラインでも同じように…