【選挙ウォッチャー】 参院選2019・新潟県選挙区レポート。
見出し画像

【選挙ウォッチャー】 参院選2019・新潟県選挙区レポート。

チダイズム

参院選の新潟県選挙区は、とても白熱した戦いになりました。自民党から立候補したのは、北九州と下関を結ぶ「安倍・麻生道路」とも呼ばれている2000億円の新道路建設計画に対し、「私が忖度するから道路ができるんですよ!」とドヤをしてしまったばっかりに大問題になり、国土交通副大臣をクビになった塚田一郎さん。それに対抗するのは、無所属ながら「オール野党」と言っても過言ではない美人候補の打越さく良さんです。2018年に行われた新潟県知事選では自民党が勝利をしましたが、今年の参院選は大きなスキャンダルを起こした塚田一郎さんです。果たして、自民党は勝つことができるのか。かなり興味深い戦いとなりました。

画像1

塚田 一郎  55 現 自民公認・公明推薦
打越 さく良 51 新 無所属(立憲・国民・共産・社民推薦)
小島 糾史  43 新 NHKから国民を守る党公認

新潟県選挙区は2013年までは改選2でしたが、2016年から改選1に減らされ、2016年は森裕子さんが大接戦を制しました。新潟県は自民党とオール野党がほぼ同じ力で戦っており、どちらが勝ってもおかしくありません。山を挟んで隣にある群馬県選挙区は自民党が絶対的に強いのですが、新潟県は絶対的に自民党が勝つというわけでもないのです。安倍政権のケツを舐めて生きる「忖度おじさん」の運命や、いかに!?


この続きをみるには

この続き: 5,286文字 / 画像15枚

【選挙ウォッチャー】 参院選2019・新潟県選挙区レポート。

チダイズム

190円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
チダイズム

いつもサポートをいただき、ありがとうございます。サポートいただいたお金は、衆院選の取材の赤字分の補填に使わせていただきます。

いつもありがとう!
チダイズム
選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中です。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見です。