福島英彦/バタフライボード代表(ひとりメーカー)

2015年に第1弾のクラウドファンディングで初代バタフライボードを発表。“Hello, idea”® をコンセプトにハードウェア版リーン開発でアイデアに出会う道具を進化させています。鈴鹿高専卒、元ボーズアコースティックエンジニア。
    • 新製品【notesX】開発のウラ側 by バタフライボード
      新製品【notesX】開発のウラ側 by バタフライボード
      • 12本

      2021年1月14日、新製品「notesX」で7回目となるクラウドファンディングを実施するにあたり、プロダクトへの想いや開発プロセスなど私が実行してきた『開発のウラ側』をまとめたマガジンです。

ひとりメーカーがノーコードで臨んだ、ECサイトのShopify移管

バタフライボードの福島です。 2016年からWEB素人が「モノづくり」を行いながら、ブランドサイトとECサイトを構築・運営を行ってきましたが、様々要因が重なり全面リニュ…

副業から起業へ ~たった一人のメーカー 1500日の裏側~

新たなクラウドファンディングを機に、過去に書いた起業ストーリーをnote版としてアップデートしました。 MBAで教わる新規事業開発フレームワークのような綺麗なものでは…

ひとりメーカーの生い立ち。

バタフライボードの福島です。 昨日、私の副業時代の話がヤフーニュースに掲載されたこともあり、本記事では伝えきらなかった、ひとりメーカーである私自身の生い立ちから…

【#12】たかがパッケージ、されどパッケージ。

バタフライボードの福島です。 2021年1月14日(木)から7回目となるクラウドファンディングを実施するにあたり、プロダクトへの想いや開発プロセスなど私が実行してきた『…

【#11】細かすぎて伝わらない「スナップバインディング」の進化

バタフライボードの福島です。 2021年1月14日から7回目となるクラウドファンディングを実施するにあたり、プロダクトへの想いや開発プロセスなど私が実行してきた『進化の…

【#10】Made in 奈良法隆寺x東京下町連合

バタフライボードの福島です。 2021年1月14日から7回目となるクラウドファンディングを実施するにあたり、プロダクトへの想いや開発プロセスなど私が実行してきた『進化の…