見出し画像

【おもち】奥羽・北上ショートトリップ【焼きそば】

ども、ゆさっちです。
残暑の厳しい日々が続いていますが、お変わりありませんか?。
ゆさっちはあれこれおいしいものを食べてスタミナを付けて乗り切ってます。(*´∀`*)

さて買ってはみたものの、意外に消化しない青春18きっぷ。
ぽかっと空いた週末のある日、18きっぷを1日分使って日帰りでどっか行ってこようと決めました。

でも日帰りで行ける近場は結構行き尽くした感が・・・・。
!・・乗ったことのある路線でも、降りたことのない駅で降りてみよう。

すぐに一つの駅名が思い浮かびます。
第一の目的地は決定。
あとは流れで旅を楽しみましょう。

てな訳でやってきました、地元駅。
ここから当駅始発の東北本線上り方面の一番列車に乗ります。

画像1

画像2

福島駅で奥羽線米沢行に乗換え。

画像3

画像4

列車は郊外から山あいに入っていきます。

画像5

福島を出発して約30分、列車はある無人駅に到着します。
それが峠(とうげ)駅。
住所的には山形県米沢市になります。

画像6

豪雪地帯にあるこの駅、雪対策のスノーシェルターが異彩を放っています。
外から見るとこんな感じ。

画像7

画像8

駅周辺には人家らしきものはありません。
秘湯であるいくつかの温泉地へのアクセス駅になっているけど、そこまでは10km弱くらいあるのかな。

こういう秘境駅は特に珍しいものではないのですが、この駅には秘境駅にあるはずのないものがあるのです。
それは、ホームの立ち売り。

画像9

日中には3〜4時間に1本しか列車の停まらないこの駅(山形新幹線はばんばん通過します)、しかし停車する列車ごとに、立ち売りの方がホームであるものを売っています。
それは「峠の力持ち」

画像10

中身の写真を撮るの忘れましたが、8個入りで1000円。
小ぶりの大福のようなお餅です。
かつては山形新幹線の車内販売で買うことができましたが、今ではこの駅まで来ないと買うことができません。
ゆさっちもお土産に1箱買いました。

列車はわずか30秒停車。
でも車掌さんは売り子さんが列車を一巡するまで阿吽の呼吸で対応してくれているようでした。

画像11

さて、お餅を売っているのですから、もちろん作っているお店も近くにあります。
長いスノーシェルターを抜けたところに峠の茶屋があります。

画像12

画像13

ミックス餅とお雑煮のセットをオーダーしました。
出でよ!ででん!

画像14

12時方向から時計回りでずんだ、納豆、あんこ、くるみ、ごまですね。
(*´∇`*)
お店の方が「お茶にしますか?お水にしますか?」と尋ねたので「お水ください」といったら、表から清水を汲んできてくださいました。
いいなぁ、こういうの。(*´∇`*)

朝イチでいったのでお餅はつきたて、ふわっふわに柔らかいけど粘る粘る。
餅好きのゆさっちにはたまらんです。(*´∇`*)
あ、この店の開店時間は「日の出の時刻」だそうで、行けるなら1番列車で行くといいかもです。
つきたてを味わえるかもしれませんよ。(*´∇`*)

さて旅を続けましょう。
下り米沢行がやってきました。
ホームでは売り子さんがまた最敬礼で列車を迎えます。

画像15

米沢ー新庄間は通り慣れた路線なので新幹線でワープすることにしました。

画像16

あっという間に新庄に到着。

画像17

次に乗る、奥羽線の秋田行と陸羽西線の列車が並びます。
「秋田行」という表示に、ちょい遠くまで来た実感がします。

画像18

列車は夏の濃い緑の中を快調に飛ばしていきます。

画像19

沿線にある難読駅名「及位」、地元の方と鉄っちゃん以外で読める方いらっしゃいますか?。

画像20

さて、沿線から東北線に連絡する路線はいくつかあります。
北上線、花輪線、田沢湖線あたりが候補です。
北上線は記憶の限り乗ったことがないような、あと乗換駅の横手で名物の「横手やきそば」食べたいな。
との理由で、北上線をチョイス。

横手(よこて)駅で降ります。

画像21

画像22

さて、おいしい焼きそばを求めて、駅前の食堂に入ります。

画像23

待つことしばし、来ました!ででん!

画像24

お店の方が説明してくださいます。
麺は蒸し麺、キャベツと豚肉、食べるとき割って黄身をまぶす目玉焼きは比内地鶏、奥のカレーポットに入っているしゃばしゃばの特製ソースをたっぷりかけて召し上がれ。

麺はやや太麺でもっちりした食感、でも歯でぷつっと切れます。
ソースは野菜の甘みを感じます。比内地鶏の目玉焼きも濃厚な黄身の味がグッドでした。(*´∇`*)

さて駅に戻ると、ホームに北上行のディーゼルカーが待っていました。

画像25

画像26

列車は発車すると、山あいに分け入っていきます。
ほんとはよさげなとこでふらっと降りてみたかったのですが、次の列車は4時間後・・・自重しました。(´∀`; )
印象に残ったのは、沿線にそって流れる渓流の風景の美しさ。
へたくそな写真で恐縮ですが、ダイジェストでご覧ください。

画像27

画像28

画像29

画像30

車窓に豊かな田園の光景が広がるとまもなく終点・北上です。

画像31

画像32

画像33

ここで家族へのお土産を買って、しばし休憩。
あとはひたすら東北線を南下、帰路につきます。

画像34

一ノ関(いちのせき)

画像35

画像36

小牛田(こごた)

画像37

仙台(せんだい)

画像38

画像39

と乗り継いでスタート地点に戻ってまいりました。

画像40

奥羽線は、このnoteでも何度か取り上げている、自分自身御馴染みの路線です。
でも、初見の駅で下車し、新たな視点でこの路線を見たときに、いろいろな気付きがあり、新鮮な気持ちで小旅行を楽しむことができました。

この投稿をご覧の皆さんにも通勤・通学沿線等で気になる降りたことのない駅ってありますか?
思い切って降りてみませんか?
新たな気付きや出会いがあるかもしれませんよ。(*´∀`*)

では、今回はここでお別れとなります。
次回はもう少し遠くへ、皆さんをご案内できるかもしれません。

ではではまた!
次の旅行記でお会いしましょう。

ばいちゃ!

---
♥️スキ!ボタンは、誰でも押せます!Twitterからでも、Facebookからでも、noteにユーザー登録してなくてもOKなんです。このページの「ハートのボタン」をポチッとして頂けると、筆者はとても喜びます!どうぞよろしくおねがいします♬

この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
125
乗り鉄を中心としたお気楽な旅行記を福島から発信しています。
コメント (14)
仙台勤務時代に
北上線を数回乗りました!「陸中〇〇」とか
「ほっとゆだ」とか温泉や錦秋湖の紅葉など楽しみました!
「横手やきそば」と「川越やきそば」食べ比べしたいです!
ケンちゃんさん

コメントありがとうございます!
北上線沿線、今度はゆっくり乗ったで降りたででゆっくり行きたいです。(´∀`)
横手やきそばはとても美味しかったです。
蒸し麺にしゃばしゃばソース、誤解を恐れずに言えば、極上のペ●ングといったところでしょうか。(´∀`)
川越焼きそばは未体験、是非食してみたいです。
初めまして。おもちが「ふわふわ」ってすごく美味しいのだろうなと思います。
旅に出ているかのような記事、とても楽しかったです。
はるかぜるりいさん

コメントありがとうございます!
峠駅のおもち、遠い昔、お正月に田舎の親戚の家でごちそうになったつきたてのおもちを思い出しました。(*´∇`*)
とてもふわふわと柔らかいのにすごく粘るんですよね。
福島に来る機会がありましたらお試しください。
異次元の秘境駅で食べるおもち、いいですよ(*´∇`*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。