Bach Kantaten

「プレミアムコーヒー」「クラシック音楽」「クレデンザ蓄音機」がキーワード「かふぇ あたらくしあ」(千代田区神田神保町2-12-4 エスペランサ神田神保町Ⅲ B1F )店主。 「皆様と私自身の心豊かな生活のために」がコンセプトです。

Bach Kantaten

「プレミアムコーヒー」「クラシック音楽」「クレデンザ蓄音機」がキーワード「かふぇ あたらくしあ」(千代田区神田神保町2-12-4 エスペランサ神田神保町Ⅲ B1F )店主。 「皆様と私自身の心豊かな生活のために」がコンセプトです。

    マガジン

    • シレナ1912×78rpmの邂逅

      東京・神田神保町のクラシック音楽カフェ「かふぇ あたらくしあ」に匿われている(!)、1912年帝政ロシア下ポーランドで生産されたSyrena(シレナ)ラッパ型蓄音機で、1924年以前にアコースティック録音されたSP盤を演奏した動画と共にお届けします。

    • かふぇ あたらくしあ の 徒然

      東京・神田神保町のカフェ「かふぇ あたらくしあ」の店主、久保田克敏が日々のカフェ営業の中で出会った人、もの、考えたことを切り取って、タイトルのように徒然に語るシリーズです。

    • クレデンザ1926 × 78rpmの邂逅

      1926年製「ヴィクトローラ・クレデンザ」。この“蓄音機の王様”で78rpm(SP盤)を再生。その動画と連動し、大切にしたいクラシック音楽の魅力に迫ります。

    • DECCA Potable Junior~小さく凄いやつ

      1920年代末、イギリス・デッカから発売された、おそらく世界最小の蓄音機「デッカ・ポータブル・ジュニア」。 ボックスのサイズはW25.9cm×H19.7cm×D27.7cm。 10inchの78rpmしか乗せられませんが、当時の人はこれを持ってピクニックに出掛けたそうです。素敵です! 蓋の内側にトーンアームがついていて、そこから出る音をお椀型の蓋に反射させて音を増幅させるという「リフレクター式」が採用されており、その大きさに似合わない、驚くべき豊かな響きが流れてきます。 この愛らしい蓄音機にピッタリ合うような78rpmをご紹介しつつ、【ターンテーブル動画】もお届けします。

    • 「隠れなくていい」クラシックの名盤

      「隠れた名盤」っていう言葉、おかしくないですか? 「隠れる必要が一体どこにあるですか?」という素直な思いから、少しでも多くの方に聴いていただきたいクラシックの LP盤をご紹介。 そして、実際にそのアルバムを回して撮影、録音した【ターンテーブル動画】もお届けいたします。

    最近の記事

    • 固定された記事

    クレデンザ1926×78rpmの邂逅 #01~クレメンス・クラウス『フィガロの結婚』序曲&ニノン・ヴァラン『君よ知るや南の国』

    78rpmはともだちこれまで、1948年にLPレコードが発売されるまでの音楽鑑賞ソフト(音盤)であった78rpm(日本ではSP-Standard Play-盤と呼ばれている)を「78rpmはともだち」とタイトルして綴ってきた。 「ともだち」に込めた意味は「現代においても、気軽(安価)に78rpmを手に入れ、友達感覚で“普段使い”として楽しみましょう」ということだった。そしてその手段として、現代のアナログ・プレーヤー(78回転対応)に78rpm用カートリッジ(レコード針)を装着

      • シレナ1912×78rpmの邂逅 Vol.3~F.Schubert ”Heidenroslein” D.257 Claire Dux(Soprano) 

        ドイツのソプラノ、クレア・デュックス(Claire Dux, 1885-1967)のシューベルト『野ばら』。 アコースティック録音。恐らく1923、4年頃か? デュックスのバイオグラフィーを紐解くと、E.カルーソーと共演して『ラ・ボエーム』でミミを歌ったり、R.シュトラウスやT.ビーチャムなどに認められていたことが分かる。 個人的に「ソプラノだけど、メゾ音域に少しかかっている声」、例えばI.ゼーフリート、S.ユリナッチ、E.ベッテンドルフとかが大好きなので、デュックスの

        • シレナ1912×78rpmの邂逅 Vol.2~ハインリッヒ・グリュンフェルト 『ラルゴ ”オンブラ・マイ・フ”』(1909)

          チェコ・プラハで生まれ、ベルリンで活躍したチェリスト、ハインリッヒ・グリュンフェルト(Heinrich Grünfeld, 1855年4月21日‐1931年8月26日)が、1909年5月9日に録音したヘンデルの「ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)」。 グリュンフェルトは演奏だけでなく、作曲やチェロ用の編曲なども残し、ベルリン高等音楽院で教鞭も取っていたよう。 カザルスによる近代チェロ奏法が確立する前の演奏だろうから、恐らくエンドピンも使われておらず、現代の奏法と比較して、窮屈な

          • シレナ1912×78rpmの邂逅 Vol.1~ネリー・メルバ『愛の神よ、照覧あれ』(1904)

            モーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』。 映画『アマデウス』では、モーツァルトの作曲家としての頂点が、このオペラにあったように描かれている。 激しく同意。 このSP盤は、マリア・カラスが登場するまでは、絶対的「世紀のDIVA」とされていたオーストラリア出身のソプラノが、1904年3月にリリースした第2幕冒頭、伯爵夫人のアリア『愛の神よ 照覧あれ』。 Gramophone and Typewriter Ltd.の初版。 コレクターズ・アイテムか? 名アリア、二重唱の宝庫で

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • シレナ1912×78rpmの邂逅
            Bach Kantaten
          • かふぇ あたらくしあ の 徒然
            Bach Kantaten
          • クレデンザ1926 × 78rpmの邂逅
            Bach Kantaten
          • DECCA Potable Junior~小さく凄いやつ
            Bach Kantaten
          • 「隠れなくていい」クラシックの名盤
            Bach Kantaten
          • 80年代終盤から90年代初頭の女性アイドル・ポップスの完成度
            Bach Kantaten

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Thank you to everyone and everything in 2022

            今月になって千葉市から足繁く通っていただいて、「あたらくしあの話題の中心」となったNさん(86)がお帰りになって、今年の営業終了となりました。 いつもホットコーヒーを注文して、お供を吟味するNさん。 今日は席につくなり「コーヒーとワッフル(Nさんはどら焼きのことをこう呼ぶ)ください。」と。 「あんことカスタード、どちらにしましょうか?」と尋ねたら….. 「両方!」 それも5分で完食…。 今日は一緒にエリカ・モリーニの『悪魔のトリル』を聴きました。 4月12日にオー

            2022年12月25日 実は一番嬉しかったこと

            三遊亭朝橘年忘れ独演会@かふぇ あたらくしあ 12月25日「かふぇ あたらくしあ」が初めて開催する落語イベントが無事終了した。 私は今年3月まで静岡県のエフエムラジオ局「K-mix」に勤務していたサラリーマンだった。35年在職中のうち33年半を番組編成・制作畑で仕事をしていた。 まぁ、こういうケース=異動もなく、ひとところにずっとい続ける、というのは民放放送局では極めて稀なケースだが、私の場合、様々な事情が絡み合って、結果としてずっと番組を作り、番組編成を考えていた。

            「相手の立場を考える」「身銭を切る」ということ

            これはGoogleやPayPay、各グルメサイトでよく使っているあたらくしあの店内画像ベーシック版。 これをあるフリーペーパーに掲載していただくことになった。 販売・飲食業をやっているとそのエリアを回っている生命保険会社の営業さんが、休憩と営業を兼ねて来店することがある。 開店してからしばらくの間、大手D社の2年目の営業マンが足繫く通ってくれた。 時には同期の営業マンも連れてきてくれて、Googleにもクチコミを書いてくれたり、プライヴェートの話をしてきたりと、大変優秀

            クレデンザ1926×78rpmの邂逅 #118~ジェルメーヌ・セルネイ『ソルヴェイグの歌』(1943)

            先日、ソプラノのマーサ・アンジェリチとのデュエットでバッハの『われは急ぐ』(カンタータ『イエスよ、汝わが魂よ』BWV78より)をご紹介したメゾ・ソプラノ、ジェルメーヌ・セルネイ。 彼女が歌ったグリーグの『ソルヴェイグの歌』(劇音楽『ペールギュント』より)。セルネイ33歳、1934年11月録音。 ジェルメーヌ・セルネイ(Germaine Cernay, 1900年4月28日 ル・アーヴル - 1943年9月19日 パリ)は、パリ・オペラ・コミック座のメンバーとして活躍する一

            かふぇ あたらくしあ の 徒然

            86歳、好奇心の塊 12月9日の午前中、タワレコから注文していたCDが届いた。 CD(中古も含む)を買ったなんて、恐らく2年振りくらい。  でもこれは店用でも自分用でもない。 あたらくしあへお越しいただくお客様で、年齢を自ら口にした方の最高年齢は86歳。 お二人いるが共に男性。 そのうち、最近足繁く通っていただいているNさん。 少し前「神保町の交差点から店への行き方が分からないから教えて欲しい」と電話があったので、私が店を出てそこまで伺い、ご案内したのが最初。 手

            RUBBER SOUL~LOUD ONE~NORWEGIAN WOOD

            42年も経つと、世間でもそんなに話題にするようなことがなくなってきている、という言い訳もしつつ、前の日まで覚えていたのに、昨日これをアップするのを忘れてしまった。 ちょっとした自慢を。 刻印されたマトリクス番号。 このマトリクスの最後(枝番)が「1」を持つ盤は「Loud One」と呼ばれ、カッティングレベルが通常盤より高いので、音の強さとキレが増し増し、と言われている。 しかしそれはとりも直さず、家庭用のレコードプレーヤーでこれをかけると、針飛びを起こす可能性や、内周

            クレデンザ1926×78rpmの邂逅 #117~マギー・テイト『愛の喜びは』(1942)

            マルティーニ『愛の喜びは』。 マルティーニは18世紀から19世紀に活躍した今では「忘れられた」作曲家。 ただし、この『愛の喜びは(Praisir d’Amour)』は、古今東西、男女の別なく数多くの歌手に歌われてきた。 特にSP盤時代は…。 今回はイギリス出身ながら、ドビュッシーをはじめとする近現代のフランス・オペラや歌曲に、数多くの名唱を遺しているソプラノ、マギー・テイト(Margaret Tate, 17 April 1888 – 26 May 1976)が1942

            クレデンザ1926×78rpmの邂逅 #116~こんなにキュートなバッハは他にない!?

            もしかしたら今年購入したSP盤の中では、ずば抜けて「手に入れられてよかった」「一番お気に入り」と思える1枚なのかもしれない。 と言っても、別に大枚叩いて手に入れた訳ではない。 2,000円。 当時のフランスを代表するソプラノ、マーサ・アンジェリチ(Martha Angelici, 1907年5月22日 - 1973年9月11日)とメゾ・ソプラノのジャルメーヌ・セルネイ(Germaine Cernay, 1900年4月28日 - 1943年9月19日)の二重唱。 バッハ

            古関裕而『ジングル・ベル』(1951)on DECCA Junior Portable

            忙しさにかまけて『note』を蔑ろにしていたら、過去記事に蓄音機仲間が突如「いいね」の嵐。 また、ちょくちょく「アイドル・ポップスもの」にも「いいね」をいただいて嬉しい限り。 12月に入ったこともあり、久々に季節もので動画を作成してみた。 「ほっこりするのがいいかなぁ…」と思ってクレデンザではなく、DECCA ジュニア・ポータブルで。 朝ドラ『エール』がどれだけ蓄音機&SP盤人気&需要(受容)に貢献したかは、正直よくわからない(少なくとも放送当時はあまり影響がなかった

            ユリア・ハマリ『憐みたまえ わが神よ』

            昨日午後のお客様。 いらっしゃったのは2回目。 クラシック音楽のことはそんなに詳しくはないけれど、色々な機会でふと耳にした曲の全体や、映画が好きなので、挿入曲がクラシックだと、その曲について知りたくなるという。 今日はメモ帳を取り出して、「バッハの『憐れみたまえ わが神よ』という曲があったら聴かせていただきたい。」と。 マタイ受難曲 あるもないも、バッハの『マタイ受難曲』は私にとって『無人島曲(残りの人生をただ一人、名もなき島で過ごすことになって、唯一持って行くことが

            クレデンザ1926×78rpmの邂逅#115~オットー・クレンペラー『コリオラン』(1927)

            だいぶさぼってました1926年製のクレデンザ蓄音機で78rpm(SP盤)を再生した動画とともに、その音盤や演奏家、それが録音された時代と音楽や演奏家との関係を綴っていくこのシリーズ。 4月にカフェ開業というセカンド・キャリア&ライフのスタートを切ってからというもの、動画はインスタを中心に上げてはいたのだが、「note」と連動してYouTubeに全曲動画を上げる、といったひと手間がなかなかかけられなくなってしまった。 ただ、そういう言い訳をずっと言っているわけにもいかず、少

            読売新聞オンラインに・・・

            本日、読売新聞オンラインに、小生の店「かふぇ あたらくしあ」のことを取り上げていただきました。 ありがとうございます。 記者の方が丁寧に取材していただき、客観的に紹介していただいているので、是非ご覧ください。 この期に乗じて宣伝を。 かふぇ あたらくしあ では、毎月第3土曜日にクレデンザ蓄音機でSP盤をたっぷり取り上げて堪能する夜会「クレデンザ1926×78rpmの邂逅」を催しています。 通常営業ではコーヒーを落とすことが第一なので、常にクレデンザを稼働させることに