我妻 かほり@「らしさ」を引き出す編集者

企画編集。出版コンサル。専門家・クリエイターのためのパーソナルエディター。元KADOKAWA。編集者歴20年以上600冊超を手掛ける。著者・クライアントの本来の魅力を最大限に引き出すコンテンツ作りがモットー🐸出版、自分らしさの表現方法、フリーランスのビジネス等書いてます😊
固定された記事

投稿記事が「読まれる」ための近道

今日はカレンダー上ではGWの最終日。 明日からお仕事の方も多いのではないでしょうか。 会社員時代は、長期の休み明けはいつもボーっとしてしまい、通常運転に戻るまで数日…

昨日の続き。もはや情報やノウハウには価値がないという人もいるけれど、価値がないのではなく「知っている」だけだからだと思う。知ったことを使えるようになって初めて自分のものになる。新しい情報ややり方に飛びつく前に、ひとつのことをできるようになるのが大事。と自分自身に言い聞かせてる。

今は情報は無料で手にはいるもの。ネットやSNSを検索すれば即答えは出てくる。だけれども、その答えのほとんどが、マーケティング的な回答であるのも間違いない。ようするに誰にでも当てはまるということ。それも大切ではあるけれども、本当に深いところまではわからないようになってるんだよね。

今日は蒸し暑くて風が強かった。窓が開けられないので今年初の冷房のお世話に。(遅いほう? )  もうすぐ梅雨も明けそうとのことで、いよいよ夏が本格的に始まるのかぁ。暑さは大変だけれども、いろいろイベントがあるのはうれしいかも。

今日は体験コンサル。以前、お会いしたことのある方だったけれども数年ぶり。時間が経つのは早い……。その当時も出版を考えていたのだけれども、方向性に迷い一度ストップしてしまったとのこと。企画書作りは一筋縄ではいかないことも多い。でもあきらめずに相談していただいたことがうれしかったな。

今年もそろそろ折り返し地点が見えてきた。この時期だからというわけではないけれど、自分が持っているものを見直したい気持ちになっている。不要なものは手放すというか。いや必要なものと思い込んでいるものもありそうなので、それも含めてもう一度自分自身を見てみる必要がありそうだなぁ。