草原敦夫@READYFOR

READYFOR執行役員CLO・弁護士(第二東京弁護士会)/法律事務所からスタートアップに移籍しました/法務/スタートアップ/クラウドファンディング/想いの乗ったお金の流れ/Twitterはコチラ→https://twitter.com/atsuokshr0925

草原敦夫@READYFOR

READYFOR執行役員CLO・弁護士(第二東京弁護士会)/法律事務所からスタートアップに移籍しました/法務/スタートアップ/クラウドファンディング/想いの乗ったお金の流れ/Twitterはコチラ→https://twitter.com/atsuokshr0925

    マガジン

    • READYFORで働くメンバーたち

      • 35本

      READYFORで働くメンバーが、仕事に対する思いを語ったコラムやインタビュー記事、座談会レポートなどをお届けします。

      • READYFORで働くメンバーたち

        • 35本

    最近の記事

    スタートアップの経営執行体制に関するメモ

    コーポレートガバナンスについてコーポレートガバナンスに関係するトピックはさまざま存在する。 例えば、株主総会の運営、株主・投資家との対話・情報開示、機関設計、取締役会の役割、取締役会の構成、スキル・マトリクス、取締役会の運営、執行と監督の分離、指名・報酬委員会、役員報酬制度、サクセッション・プラン、役員研修、社外取締役、監査役、外部会計監査人、内部統制・リスク管理体制、中長期経営方針、サステナ、知財戦略、事業ポートフォリオ、政策保有株式などなど。 ただし、スタートアップのス

      • 法務・コンプライアンス部のMissionと行動指針

        本日、BUSINESS LAWYERS主催の「Legal Innovation Conference 〜法務組織とキャリア〜」というイベントに、Hubbleの酒井さんと、ファンズの髙尾さんと登壇しました。 酒井さんと髙尾さんの熱いメッセージは私自身も刺激を頂いたわけですが、その熱さのために言い漏らしてしまいましたが、弊社(READYFOR)は今、法務機能をもっと強化したいと思っております。 法務機能を強化しようと思えば、いかに全社的にリスクを議論する文化を根付かせるかや、

        • 士業の皆様、READYFORの遺贈寄付サポートに力を貸して下さい!

          READYFORは、「遺贈寄付サポート窓口(無料)」を開設するなど、遺贈寄付領域での取組みを開始いたしました(プレスリリース)。 また、READYFORは、ご寄付者さまへのサポートを手厚いものとできるよう、三菱UFJ信託銀行さまとの提携も行いました(関連記事)。 READYFORは、遺贈寄付を一緒に推進して下さるパートナーを絶賛募集中です。 特に士業の皆様、どうかお読みください(※)。 ※この取組みは、①遺贈寄付をご検討されているご寄付者の皆様、②遺贈の受入れを実施・検

          • 「コロナ慣れ」したあなたと私に~「コロナSOS基金」への寄付のススメ~

            ディスクレーマーこのnoteでは、思いっきり「コロナSOS基金」への寄付を勧奨しますが、ステマにならないように断ると、わたくしはその運営を行っているREADYFORの一員です。 関係性の明示を行ったところで、以下、公明正大に「コロナSOS基金」への寄付を勧奨したいと思います。 このnoteを読んでいるあなた(とわたし)のことこのnoteを読んでいるあなたは、けっこう「コロナ慣れ」しているのではないでしょうか? なんなら、新しい生活様式の影響で勤めている会社の業績が伸びた

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • READYFORで働くメンバーたち
            READYFOR note 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            令和2年資金決済法改正と収納代行(パブコメ回答を踏まえ)

            プラットフォーマーがユーザー間の資金の受渡しに介在する場合など、実務上、収納代行はきわめてよく用いられているが、令和2年資金決済法改正では、為替取引として規制される収納代行について明文化がされた(資金決済に関する法律2条の2)。 その具体的な内容は内閣府令に委任されているが、これと関係するパブコメ結果が3月19日に金融庁から公表されたため、これを踏まえつつ、収納代行と為替取引についてまとめたいと思う。 1.受取人が「個人」でない場合は「為替取引」に該当しない(受取人が法人

            同性婚訴訟(結婚の自由をすべての人に訴訟)・札幌判決について

            3月17日、札幌地裁にて、国が同性間の婚姻を認めないことが憲法14条1項で定められた平等原則に違反して違憲であるとする歴史的な判決が言い渡された(以下、札幌地裁令和3年3月17日判決を「本判決」という)。 本判決の全文は「CALL4」で公開されており、コチラから読める。 本判決は、同性婚の制度がないことの合憲性に関する初めての司法上の判断である上、現行の婚姻制度に関する平等原則違反を認めており、今後の婚姻制度に対して大きな影響を与える画期的な判決である。 また、随所に、

            リクルート事件と贈収賄罪・金融商品取引法制

            「起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男」を読んだが、とてもおもしろかった。 ベンチャー特有の熱っぽい空気感・スピード感、圧倒的な事業・組織の成長に加え、リクルートが創刊した就職情報誌や不動産情報誌の革新性(情報の非対称性、不透明さの破壊)、リクルートのカルチャー・組織マネジメント、通信自由化の黎明期における江副氏の先見性などなど、興味深い内容の連続で、引き込まれて一気に読んだ。 本の中ではリクルート事件に関しても詳しく触れられているが、職業柄、これを機に

            重機を操作できない僕たちにできること~野呂ロッジと復興支援について~

            「野呂ロッジ大発汗」に参加! 昨日、台風19号で被災した相模原のキャンプ場(青野原野呂ロッジキャンプ場)で、川が氾濫して流れ込んできた石をアイドルと一緒に片付けて、その片付けた石を使って石焼きの焼肉を食べ、働いた疲れはテントサウナでいやしつつ、最後はアイドルのライブで元気をもらうというボランティアに参加してきた。 ちょっと文字にすると情報過多な感もあるこの新しいタイプのボランティアは、広告やイベントのプロたちが考えたもの。 ※企画の経緯については以下のような記事があった。

            2020年の抱負

            早いもので新年も2週間が経とうとしています。 私はといえば、年末年始に執筆した記事を「BUSINESS LAWYERS」に掲載頂きました。ご笑覧下さい。 2020年は、READYFORとしても大きな挑戦の一年になると思うし、やるべきでないことは(なるべく)やらない、ということを新年の抱負に掲げたいと思います。 半生を振り返っての戒めを大いに込めてです。 「人生100年時代」とはいえ、30代になり、時間の有限性を少しずつ実感しつつあります。 2020年は、昨年からの継続課題

            「FUKKO DESIGN」を応援してほしい!

            今、FUKKO DESIGNという団体が、READYFORでクラウドファンディングを行っている。 FUKKO DESIGNの代表理事の河瀬大作さん(NHKエンタープライズ)や、理事の木村充慶さん(博報堂)さんには個人的にお世話になっていることもあり、個人的な立場からFUKKO DESIGNのことを書きたいと思う。 新たな復興支援を目指す"FUKKO DESIGN"の始動へ 河瀬さんや木村さんと出会ったのは、数か月前、NEW STANDARD(当時はTABI LABO)のビ

            READYFORは法務担当者を募集いたします!

            READYFORのCLO(チーフ・リーガル・オフィサー)の草原です。 READYFORの法務はめちゃくちゃおもしろいのですが(実際に取り組んでいる人の言葉ですので信じてください)、事業・組織の急拡大に伴い、業務が相当膨らんできたので、一緒に取り組んでいただける方を募集します! READYFORとは?READYFORは、「誰もがやりたいことを実現する世の中をつくる」をビジョンに、「想いの乗ったお金の流れを増やす」ことをミッションに掲げるスタートアップです。 2011年3月の

            「エイリアンズ」の愛すべき支離滅裂さ

            「エイリアンズ」というキリンジ(※)を代表する曲がある。 郊外の静かな夜を舞台にした、独特の物憂げな浮遊感と繊細な世界観を持った名曲であるが、その歌詞も大変すばらしい。 キリンジ - エイリアンズ https://www.youtube.com/watch?v=w05Q_aZKkFw&list=PLv73Fyc21liERfcVu1lnWTLmNDnCuepga&index=1 歌詞はコチラ http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=

            やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声

            蝉の鳴き声に想うことこの土日はようやく夏らしい天気に恵まれ、蝉の声がやかましかった。 蝉の一生(特に成虫になってから)は短いからこそ、そのけたたましい鳴き声にときどき人は胸を打たれたりする。 しかし、しょせんは一生の長さなどは相対論でしかなく、めいめいが限られた生を生きる以外ないという意味では、蝉も人間も変わるところはない。 芭蕉は、「やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声」と詠んだ。 蝉でなく、人間においても、日常的に死を意識しながら生きている人は必ずしも多くないであろう。

            弁護士事務所の選び方

            はじめに弁護士事務所の就職活動のシーズンが到来した。 就職活動は悩む。はじめてのことだし、人生にとっても大きなことなので、悩むことは当然である。 そこで、いくらかでも就活生のためになればと思い、事務所選びに関する私見(あるいは偏見)を述べる。 なお、私の見解はモーレツ系に分類される可能性がある。ライフワークバランスに関する考え方を含め、個々人の趣味・嗜好はあるので、あくまで一つの意見としてご参考として頂ければと思う。 ※就活生のためになればという気持ちに嘘はないですが、最

            【2019年度司法試験受験者向け】READYFORは法務インターン/アルバイトを募集します!

            ※2019年6月12日追記:募集終了いたしました!たくさんのご応募ありがとうございました! はじめにREADYFORでCLO(チーフ・リーガル・オフィサー)を務めている草原です。 2019年度司法試験受験生の皆さん、本当に受験お疲れさまでした! 「誰もがやりたいことを実現できる世の中を作る」を掲げ、クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2019年度司法試験受験生を対象に、法務インターン/アルバイトを募集いたします! ぜひ

            「心霊現象」と世界の解釈

            金縛りのこと高校時代は、よく金縛りに遭っていた。 身体を動かそうとしても動かすことができない。 なにかが自分に覆いかぶさっている。 胸を上から強くグッと押さえつけられる。 身体は動かせないが、なぜか目をあけることだけはできる。 恐る恐る目をあけると、そこには異形の化け物が…! ただ、金縛りに遭うようになる前から、金縛りのメカニズムはテレビで見たことがあった。 それによれば、特に疲れている時は、睡眠時、身体は眠っているが(だから身体は動かない)、脳が起きているという状態にな