ATOMatch

コワーキングスペース「ATOMica」が運営するnoteです。2019年6月に宮崎市内にオープン、そして2021年2月に北九州の小倉駅前アイム7階に誕生しました。主に学生×企業のコラボレーションプログラム「ATOMatch(アトマッチ)」について情報発信していきます。

ATOMatch

コワーキングスペース「ATOMica」が運営するnoteです。2019年6月に宮崎市内にオープン、そして2021年2月に北九州の小倉駅前アイム7階に誕生しました。主に学生×企業のコラボレーションプログラム「ATOMatch(アトマッチ)」について情報発信していきます。

    最近の記事

    • 固定された記事

    地域課題を解決し次世代リーダーを育成するATOMatch。サービス開始から今後の展望までお話します。

    イノベーションを起こす源泉は柔軟な発想と可能性を信じて行動する精神から生まれるチャレンジを求める学生と、若者の力を必要とする企業がまたひとりATOMatchへあつまる。そして、学生と企業がタッグを組み、世の中のありとあらゆる社会課題や事業課題に全力で向き合い互いに力を合わせて解決する。 今回はATOMatchの事業開発責任者である倉橋さんに、サービス開始から今までの活動についてお伺いしました。 志ある学生と企業をつなぐATOMatch。開発のきっかけはとある地元学生の相談

      • 撮影スタジオ✗Techを活用したPR動画を制作〜課題解決型インターン【KITAQSHIP(キタキューシップ)】

        こんにちは! ATOMatch運営担当の川元です。 今回の記事は、2022年8〜10月の2ヶ月間で行われた『KITAQSHIP』のユニゾンシステムズコミュニティの学生メンバーに「2ヶ月間の活動内容の集大成」について思いを綴ってもらいました。 KITAQSHIPとは? 北九州の地元企業が抱える様々な企業課題を知り、課題解決に向けて、北九州の学生が企業とともに取り組むプロジェクトです。 今回は12社の企業様と41名の大学生・高等専門学校が共に参加いたしました。 とっても

        • 学生人事として採用広報にトライした4ヶ月間。

          みなさん、こんにちは! ATOMicaの川元です。 今年の3月から宮崎のATOMatchである『第3期生マルイチコミュニティプロジェクト』が発足して4ヶ月間活動し、ついに先月の6月29日(水)に※DEMODAYを迎えました! ※DEMODAYとはATOMatchのプログラムの最終成果発表会です。 ▼以前のマルイチコミュニティについてはこちらから 今回のプロジェクトのテーマは「採用」です。 参加した8名のメンバーが「学生人事」となって、マルイチの魅力について知り尽くし、

          • 高専生も参加。最近のATOMatch@北九州の様子をお届け!

            こんにちは、ATOMatch事業開発責任者の倉橋です。 今回は2021年9月〜11月に行われたATOMatchについて振り返りつつ参加者へインタビューを行いました。(例にもれず更新がのんびりでごめんなさい。) テック関連のプロジェクトなので興味を持つ学生は大半が理系かな...?と思い蓋を開けてみると 実際には半分が文系、半分が理系。そしてシステム開発経験者は1名のみでした。 所属する学校や学年もバラバラ。 様々なバックグラウンドを持っている学生がATOMicaに集まりま

            <後編>実は、最先端を行くスーパー業界【参加企業インタビュー #4】 | 株式会社マルイチ

            こんにちは、ATOMatch広報担当をしているインターンの柏田です! こちらの記事は後編となっています。 前編をご覧になっていない方はこちらからご覧ください。 後編では、実は最先端技術を使っているスーパーマーケット業界のお話、ATOMatchについてなどお聞きしました。高木さんの魅力がたくさん詰まったインタビューです。最後までご覧ください☺️ これまでのマルイチ×ATOMatchの活動の様子はこちら↓ 時代の最先端を行く、スーパーマーケット業界(柏田)私たち学生が「ス

            <前編>他人軸で物事を考える瞬間を大切に 【参加企業インタビュー #3】 | 株式会社マルイチ

            こんにちは、ATOMatch広報担当をしているインターンの柏田です! 株式会社マルイチと学生がタッグを組み、マルイチコミュニティが始動してから早1年半、様々な価値を生み出してきました。 参加メンバーの中から実際にマルイチへ就職する学生も現れました。 高木さんの人柄に惹かれたことが決め手の一つになっていると聞き、 高木さんとは一体何者なのか、愛される理由は何なのか、柏田と倉橋がインタビューをさせていただきました。 今回の前編では高木さんの就職活動からマルイチに勤めるまでの

            お茶を愛する男、森本さんの挑戦物語。 | ATOMatch参加企業「豊緑園」【後編】

            こんにちは!ATOMatch広報担当の柏田です。 こちらの記事は 《有機栽培のお茶「もりもっ茶」の魅力とは | ATOMatch参加企業「豊緑園」【前編】》 の後編記事となっております。 まだ前編をご覧になっていない方はそちらからご覧ください。 +++++ お茶と言えば静岡県のイメージが強いですが、全国でも生産量4位を誇る宮崎県。 そんな宮崎県・新富町に自然と共存するお茶農家がある。 その名も「豊緑園」。 今、お茶を愛してやまない一人の男と学生達で、お茶業界に新

            【後編】若者が「北九州市の美しさ」について考えてみた

            みなさんこんちには、ATOMicaの小田﨑です。 とうとう「参加学生の想いに迫る」シリーズ最後のnoteとなりました。 今回ご紹介するポスターは、個人的に「そこに着目したの?すごい!」と思うものとなっております。  ぜひ最後までお楽しみください💫 🌷前編はこちら 🌷中編はこちら ■筑後谷果奈さん/北九州連節バス ーなぜこの場所を取材しようと思ったのか? きっかけは、北九州連節バスを初めて見かけた時です。北九州の「美」探しに小倉内を散歩していた際、通りかかった連節バ

            【中編】若者が「北九州市の美しさ」について考えてみた

            みなさん、こんにちは😌ATOMicaの小田﨑です。 ポスターに込められたアツい想いが綴られている【前編】若者が「北九州市の美しさ」について考えてみたはご覧いただけましたか? まだの方は是非こちらの記事からどうぞ 👀 *** 北九州の市場といえば ❝旦過市場❞ 。今回のnoteでは旦過市場のポスターを作成してくれた学生の想いに迫りたいと思います! 学生が作成したポスターへの想いに迫る👀 ■ 大津胡桃さん ーなぜこの場所を取材しようと思ったのか? 北九州の中で長い

            【前編】若者が「北九州市の美しさ」について考えてみた

            はじめまして、今年の春からATOMicaに新卒入社した北九州拠点の小田﨑です。普段は、ATOMicaの最新情報から北九州の美味しいごはん屋さん紹介など拠点ブログも更新しています。もし良かったらご覧ください! *** 入社してから4ヶ月、ATOMatchの ❝とあるプロジェクト❞ に携わることになりました。ATOMatchとは、地場企業や行政と学生がコラボレーションし新規事業開発や既存サービスをアップグレードさせる超実践型長期インターンシップです。私も大学時代、地元の無法松

            有機栽培のお茶「もりもっ茶」の魅力とは| ATOMatch参加企業「豊緑園」【前編】

            こんにちは、ATOMatch広報の柏田です。 突然ですが、宮崎県は隠れたお茶の名産地だということを知っていますか? お茶といえば静岡県のイメージが強いですが、実は宮崎、茶葉の全国生産量4位を誇るんです! そんな宮崎県、新富町に位置するお茶農園「豊緑園」がATOMatchとのコラボレーションで新たな価値を生見出そうとしています。 今回の記事では、そんな豊緑園の魅力をお伝えします!🍵 豊緑園とは?(有)豊緑園は、宮崎県新富町で3代続くお茶農家。 20年以上、農薬と化学肥

            北九州・下関の学生必見!9月から新プロジェクトスタート

            こんにちは、ATOMicaで事業開発を担当している倉橋です。 遂にATOMica北九州でも先月からATOMatchが開始いたしました。 ATOMatchとは?が気になる方はどうぞ✨ 本noteでは、7月に開催した1DAY ATOMatchと世界体操・新体操プロジェクトのキックオフ、そして9月からはじまるATOMatchの最新情報についてお届けします😄 お急ぎの方は「🆕 9月、Techプロジェクトを開始💻」からどうぞ。 7月、短期集中型プロジェクトを実施📝「課題解決プロ

            仲間の存在が大きな力になった。 | 準MVP受賞インタビュー【Vol.3】

            「コロナ禍の食卓をハッピーにする」というテーマの元、全国から集まった大学生と共にロングセラー商品を目指し新商品開発をスタートさせたマルイチコミュニティ。2021年4月26日にDEMODAY(成果発表会)を最後に8ヶ月間に渡るコミュニティ活動の幕を閉じた。 Vol.1,2に引き続き、8ヶ月に及ぶコミュニティ活動で、見事準MVPを受賞した山口県下関市立大学3年の親富祖さんにATOMatch責任者の倉橋がインタビューを実施しました。 🔻Vol.1はこちら🔻 🔻Vol.2はこち

            たくさんの人に想いを伝える訓練ができた。 | 準MVP受賞者インタビュー【Vol.2】

            『コロナ禍の食卓をハッピーにする』というテーマの元、全国から集まった大学生と共にロングセラー商品を目指し新商品開発をスタートさせたマルイチコミュニティ。2021年4月26日にDEMODAY(成果発表会)を最後に8ヶ月間に渡るコミュニティ活動の幕を閉じた。 Vol.1に引き続き、8ヶ月に及ぶコミュニティ活動で見事準MVPを受賞した宮崎大学農学部植物生産環境学科4年吉元惇也さんにATOMatch責任者の倉橋がインタビューを実施しました。 +++ 平凡な学生生活を抜け出し、成

            一年前の自分と今の自分が違うと実感しています。 | MVP受賞者インタビュー 【Vol.1】

            『コロナ禍の食卓をハッピーにする』というテーマの元、 ロングセラーを目指し新商品開発をスタートさせたマルイチコミュニティ。 全国から個性豊かな大学生が集まり、8ヶ間という長期のインターンシップに挑戦。そして2021年4月26日のDEMODAY(成果発表会)を最後に、活動の幕を閉じた。 「新しいチャレンジはワクワクするけど、やり遂げられるのか不安...」 参加当初、そんな不安を口にしていたメンバーもATOMatchプログラムの基、体系的に商品開発方法、クリエイティブづくりなど

            【全国どこからでも参加できる!?】6月から新たに2つのプロジェクトが始動します!

            こんにちは!ATOMatchの広報担当をしている川元です。 みなさまお待たせいたしました!タイトルの通り、来月6月に新しい2つのプロジェクトが始動いたします!! 今回もとっても面白いプロジェクトが始まりますので、私も早くご紹介したいのですが、その前に!! 簡単に今までのATOMatchについて振り返らせてください!🌟 ー ATOMatchが誕生してもうすぐ1年。ATOMatchが誕生して、もうすぐ1年がたとうとしています。 これまで60名以上の学生・企業の方が参加し