Yuki/農ときどき旅

結婚を20年で卒業。稲作、国内スロー旅、映画を見ること。17年のワインバー経営のち45歳で稲作へ。元夫の武司くんと民泊やってサトナカクッキー作って売ってます。基本火、金更新。絶対的ローカル推し。座右の銘は「備えよ常に」「物事にはわけがある」。好きな食べ物は米。女です。
    • 後でしっかり読む

      noteで繰り返して読みたい記事をストックしておきます。

    • 百姓 旅に出る

      朝は田んぼで土木作業、昼からは受注処理そして夜はページ作り。「サトナカクッキー」の製造販売を営みながら家族のための米を作る私が、いったいどうやって時間と金を捻出して旅に行くことができるか。百姓的視点で見る日本の地方の話も織り交ぜたマガジンです。

    • 東京嫌い

      • 29本

      《東京嫌い》というテーマのもと、さまざまな書き手21人が東京への愛憎を描いた読み切りアンソロジー。渋谷の老舗ワインバーのマスター、伊勢で稲をつくってサトナカを売る農民、土とことばを耕す信州のライター。noteで出会った三人による責任編集で2020年の「あの空気」を閉じ込めた、ここでしか読めない作品たちを収録。

    • 畑仕事

      普段の畑仕事のことが入れてあります。

    • 生活の詰まりをなくすメモ

      自分のもの、親のもの、祖父母のものを捨て続けて学んだのは片付ける方法ではなく、詰まったものを取り除くことでした。

    • すべてのマガジンを表示
  • 商品画像

    RECOMPOSED BY MAX RICHTER

  • Welcome to Kitty City
  • MARCHING DINOSAURS | Ani…
  • 商品画像

    How to Wrap Five Eggs: Traditional Japanese Packaging

    Oka, Hideyuki
固定された記事

初めての長い旅はソ連

11歳の小学6年の夏、ソビエト連邦に旅行に行きました。お父さんと二人、横浜から船に乗っての旅でした。1979年の話です。 ナホトカという港に着き、列車でハバロフスクと…

金と時間と

にわかに信じられないことだけれど、スタッフが9~10人くらいに増えることになった。それまでは4人だったから大幅増だ。しかも聞いてください。全員がパートさんですよ。…

ちゃんとそこで生きている(1)

「芦名」という旅館の名前が10年間、ずっと頭の隅にあった。会津若松にある、ということは知っていて、それがなかなかの高級宿である、ということも調べて知っていた。 旅…

大好きなお金だからしっかり使いたい

私たちはボロ宿に泊まる。ビールや酒は飲むけれど、近隣のコンビニで買って持ち込んだりはしないようにしている。ちゃんと宿の自販機でビールを買い、酒は食事の時に注文す…

なんにもなくても面白い

「数あるお店の中から当店を選んでいただき、まことにありがとうございます」 ネットショップで注文をすると、注文確認メールの一番上にこのような文面があったりする。ネ…

元夫と行く湯治旅2022 30日目 太平洋フェリー(太平洋沖)

1月16日に家を出て、2月14日。30日間、東北の旅は終了した。旅の余韻に浸る間などない。今の気持ちはズバリ、 次は旅先で仕事なんてしないぞ! 旅に出ている間も全然普通…