見出し画像

Arumon 2021年を振り返る

Arumon編集部

こんにちは! Arumon 編集部です。Arumon Advent Calendar 2021 の最終日ということで、2021年の活動を振り返ってみたいと思います。
Arumon は若手が自らを鍛え、ビジネスに革新を起こす実践の場として3領域を軸に活動しています。その活動の内容を少しだけご紹介します。

▼ BUSINESS

社内外の方からお声掛け頂き、軽いアイデアディスカッションからはじまり、具体的な PoC / PoB へと繋がることが増えてきました。ありがたいことです。ビジネスの内容に関しては割愛しますが、北海道上士幌町でワーケーションをしてきた様子をレポートしていますのでご覧ください。

▼ COLLABORATON

Arumon がよくコラボレーションさせて頂いている「ONE JAPAN」という大企業の若手・中堅社員を中心とした企業内有志団体が集うコミュニティがあります。下記の3点を評価され、Arumon が加盟している ONE JAPAN と共にグッドデザイン賞を受賞しました。

  1. 多種多様な文化を持つ企業から生まれた有志団体・活動同士を繋げ、本業へ還元する仕組みをつくったこと

  2. これまでは出会うことがなかった人間関係を生み出し、広げていく土台をつくったこと

  3. 2,000人規模のカンファレンスや大企業社員の声を集めた働き方意識調査等を通した社会への意識変革を促す提言、その他教育・成長機会の創出、共創機会の創出等を実施していること

▼ LABORATORY

Arumon に集まる若手メンバーは常日頃から自らを鍛えている人が多いと感じます。毎週開催している Arumon LT は71回も続いており、毎回知らない世界の話を聞けるので勉強になります。アドベントカレンダーでもマイコンを使って飼っているうさぎの写真を取っている人や、メタバース上にArumon部屋を再現する人がいて、メンバーの幅の広さを実感しました。

また、Arumon が始まったきっかけでもある「ハッカソン」に参加するメンバーは今年も多くいました。ハッカソンの Tips を記事にするだけじゃなく賞を受賞してきたりと同じ会社で働く同僚として刺激になることが多いです。

ハッカソンで使えるバックエンド技術
「ハッカソン」の魅力を語る
ハッカソンの最大の効能は“イノベーション活動の訓練”にあるのではないか
社内限定AWS GameDayに参戦してみた
ここから「ともにつくる」を始めよう #TokyoOSSParty 優秀賞

Arumon Advent Calendar 2021

▼ さいごに

2021年にはメンバーが100名にまで増えたり、メディアに掲載頂いたりとますます勢いが増していることを感じる一年間でした。新入社員や若手社員が毎年入ってくることに加えて、卒業したメンバーとも継続して交流が生まれるコミュニティであることも Arumon の良さだと思います。

Arumonとの付き合い方-入社2年目が考える取扱説明書-
Ex-ArumonからみたArumonの誕生秘話と価値
メンバー紹介 Vol.2

Arumon Advent Calendar 2021

一つの記事では紹介できないほど様々なバックグラウンドを持った若手メンバーが在籍し活動をしています。今年から始めたアドベントカレンダーでもメンバーの活動内容をご紹介していますので是非年末年始のお休みの時間でご覧ください。勢いで始めたアドベントカレンダーでしたがとても楽しいものだったので来年もやりたいと思います!お楽しみに!
もし Arumon に興味を持っていただけたり、メンバーと交流してみたいなどの希望があれば、是非公式サイトからお問い合わせください。

▼Arumon Advent Calendar 2021

▼Arumon公式サイト


この記事が参加している募集

やってみた

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!