見出し画像

メンバー紹介 Vol.2

Arumon編集部

はじめまして!Arumon メンバーの浅野・石田・久禮・小銭・高田・保坂です。

今回はメンバー紹介第2弾ということで,我々2021年度入社の新人6名をご紹介していきます!第1弾の記事はこちら

1枚目:左から 小銭・高田・浅野
2枚目:左から 久禮・石田・保坂

写真1
画像2

それぞれ、下の3つの質問に沿って自己紹介していきます!

Q1. なぜ Arumon に入ろうと?
Q2. Arumon で何をしたい?
Q3. 一言

1人目:浅野豪

初めまして!
NRIデジタルに出向中の浅野豪(あさのこう)です。
主に産業系システムの開発業務に携わっています。

Q1. なぜ Arumon に入ろうと?

「社内スタートアップ」という響きがかっこ良かったのがきっかけです笑
就職活動をしている時に,ベンチャー企業と悩んでいたこともありました。
その時,若手のうちから自由に挑戦できる「社内スタートアップ Arumon」を知り,入社の動機にもなりました!
また,自分と同じように「新しいものを作ってみたい!面白いことをしたい!」と思っている人とわくわくするものを作ってみたいという思いもあり参画しました!

Q2. Arumon で何をしたい?

新しいサービスを作ってみたいとおもっています!
業務では1年目のうちから新規サービスを作る,ということに携わることは中々難しいと思っています。だからこそ,Arumon で企画,開発,リリースという全てを経験し,開発スキル,ビジネススキルの両方を向上させていきたいです!
Arumon には既にいくつかのプロジェクトやサービスがあるので,まずはそこに関わっていったり,自身で立ち上げていこうと思っています!

Q3.一言

Arumon は本当に自由な環境だからこそ,自分からどんどん動いていく必要があると思っています。
自分だけでなく周りもわくわくするものを作っていけるように,優秀な先輩や同期から色んなものを吸収していきます!

2人目:石田祥馬

2021年にテクニカルエンジニアとしてNRIに入社した石田祥馬(いしだしょうま)です。現在は産業系システムの維持管理に携わっており、主にネットワーク関係のことをしています。

Q1. なぜ Arumon に入ろうと?

私がArumonを知るきっかけとなったのは、2年前の夏季インターンに参加をした時でした。
当時Arumonの存在を聞いて、「会社の業務だけでなくそれぞれがチャレンジングな取り組みをされてるんだ!すごい!!こんな風な社会人になりたい!!!」と感じたのを覚えています。(当時からArumonの宣伝は上手かったとしみじみ思います笑)
実際にArumonに入ってみて新たに感じたのは、色々な方がいてそれぞれが刺激しあっているということです。新しいサービスを作る人、興味のある技術に取り組んでいる人、本を書いたり新しいサービス作りに取り組んでいる人...といったように色々なメンバーがいるので、凄く刺激的な場所だと実感しており、入って良かった!という思ってます。

Q2. Arumon で何をしたい?

新しいサービスの開発や技術力の向上に取り組みたいと考えています。
Arumonではメンバー同士だけでなく他社や地方自治体とも活動を行っているので、そういった機会に積極的に参画したいです!
また、個人的なwebアプリ開発を通して普段の業務で触らない技術に触れていますが、一人ではどうしても壁にぶつかりがちのため、週に一回開催されるLTで発表を行い、有識者のメンバーから意見をもらいながら技術力の向上にも取り組んで行きたいです!

Q3.一言

Arumon の魅力は,メンバーが各々で様々な経験をしているため、だれかしらに技術や知識の相談ができるのが魅力だと考えています!
配属次第では触れられない技術に関しても、ここのメンバーに聞けば突破口ができると思っているのですごくありがたいです!

3人目:久禮達也

金融ソリューション事業本部の久禮達也(くれたつや)です。
ネット銀行のシステム開発に携わっています。

Q1. なぜ Arumon に入ろうと?

・部署の違うつながりをもって視野を広げたい
・業務で使用する以外の知識・スキルを会得したい
という思いから入ってみました!

Q2. Arumon で何をしたい?

積極的に内部で発表(LT)したり、ハッカソンなりチーム開発でシステムの経験を積みたい
いろんな技術のインプットとアウトプットしたいと思っています!

Q3.一言

ARUMONの先輩や同期から日々刺激を受けています。自身も周りに良い影響を与えられるよう頑張ります!!

4人目:小銭瞭介

NRIデジタルに出向中の小銭瞭介(こぜにりょうすけ)です。
主に建築コンサルタント向けの施工管理ツールの開発業務に携わっています。

Q1. なぜ Arumon に入ろうと?

“勢い”です。
正直入社までArumonの存在は知りませんでした。
なので社外のセミナーやワークショップなど外で自己研鑽しようと考えていました。
そこに大学院からの友人である浅野くん高田くんから
「こんな団体が社内にあるよ」と教えてもらい「入りたい!」と脊髄反射で即答したことから現在に至ります。
結果、自分の脊髄には感謝しています。

Q2. Arumon で何をしたい?

“普段の業務では出来ないこと”をしたいです。
直近では
①ワークショップなどイベント企画•運営•広報
②OneJapanでの活動など社外交流
③AWS周りの知識向上(特にECSとCodePipeline)
です。
③の通り技術力向上も重要ですが、それ以上に様々なイベントを経験するというのを一番の目的としたいです。将来的に、技術力を磨く業務と良い相互作用を生むのではと考えています。現状未だ何も出来ていないのが恥ずかしいところですね。

Q3.一言

優秀かつ人当たりの良い先輩と同期ばかりの最高の環境に甘えず、日々自発的な行動からArumon、引いてはNRIや世の中を巻き込んでいきたいです。よろしくお願いします!

5人目:髙田直道

NRIデジタルに出向中の髙田直道(たかだなおみち)です。主にコンビニエンスストア向けのAI発注システムの開発業務に携わっています。

Q1. なぜ Arumon に入ろうと?

まずARUMONを知ったのは萩村さんにOB訪問をしたことがきっかけです。その際に、大企業でありながらチャレンジングな精神を持ち新しいことに取り組んでいるという点に共感し、自分もその一員として取り組みたいと考えました。

Q2. Arumon で何をしたい?

テクノロジードリブンな新規事業を形にしたいです。

Q3.一言

社会に対してもARUMONに対しても価値を提供出来るように成長します!!

6人目:保坂太志

はじめまして、2021年入社1年目の保坂太志(ほさかたいし)です。現在はNRIデジタルに出向し主にフロント開発業務に携わっています。

Q1. なぜ Arumon に入ろうと?

業務内ではなかなか触れないことを経験できる機会が非常に魅力的だったからです。
Arumonという場では、新たな技術やビジネス、人について知ることができると思い参加し始めました。
もともとArumonの存在を知っていたわけではありませんでしたが、ある研修の日ふと耳にして調べてみたら、
会社の業務を超えて新しいサービスを作ってリリースしている記事を見つけ、「なんか秘密結社みたいでかっこいいな!」と単純にも思ったのが参加のきっかけです。
もともと何か新しいビジネスやサービスを作ってみたいと思っていたので、本当に出会いに感謝しています(笑)

Q2. Arumon で何をしたい?

まずは、簡単でもいいので何かアプリやサービスなどを1から一通り作ってみたいです。その中で、いろんな技術やビジネスを学びたいと思っています。実際、新人で2ヶ月ほどアイデアソンを行なってみましたが、新しいサービスを作る際の考え方や進め方など多くのことを学べ非常に楽しかったです。
また、Arumon内のプロジェクトにも今後参画していけたらと考えています。

Q3.一言

Arumonの先輩方は本当に社内外で活躍されており非常に尊敬しています。私もいつかそのような存在になれるように積極的に活動していけたらと思っています!


以上、Arumonメンバーの紹介第2弾でした!
まだまだ魅力的で優秀な方々がたくさんいらっしゃるので
今後も随時紹介していきたいと思います!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!