見出し画像

Yoga Contact teacher's class Grade1

Chiho Katsuyama*Yoga Contact

お知らせ

インストラクターのためのスキルアップトレーニングを始めます

〜世界に光を灯す、幸せな先生で在るために〜


6月から1ヶ月に一度くらいのペースで開催予定

開催予定日(10月以降はまたお知らせいたします)
6月9日(木)9:30〜12:30(定員まであと2名さま)終了しました
7月3日(日)9:30〜12:30(定員まであと2名です)終了しました
8月18日(木)11:30〜14:30(受付中)
9月29日(木)9:30〜12:30(日にちが変更になりました。受付中です)
10月16日(日)9:30〜12:30(受付中)
11月20日(日)9:30〜12:30(受付中)


定員各クラス6名
受講資格・ヨガのインストラクターの資格(どんな種類でも可)を取得している人
*三年以上ヨガの実践者であれば、これから資格取得予定の方も可
男女年齢問いません。受けたいときに申し込み、参加することができます。
詳細はPDFにまとめてあります。
クラス情報のページにもリンクしてあります。
ご希望の方は
こちらにご連絡ください。お送りさせていただきます。

ヨガやヒーリングの資格を持っている人は山のようにいると思います。でも、自信を持って、自分が教えることに喜びを感じて仕事を継続している先生はどのくらいいるのでしょう?どんなに難しくお金もかかるトレーニングを受けて資格を取っても、そのあと本当に教え続けることのできるインストラクターは少ないのが現状です。いくつ資格を取ってもそれは同じです。

そして、今時代は大きく変化しています。

今までのように、「この資格さえ取れば」とか、「ここ(組織や団体やグループ)に所属していれば大丈夫」という時代は変化しています。外側のネームバリューで生きるのではなく、自分そのものが言ってみればブランドになるような時代に入っています。

水瓶座の時代、風の時代は、個の時代です。

自立した自分として、軸がなければ飲み込まれていくような大きな流れの中を通過しています。
この先にあるのは、愛と喜びの素晴らしい世界ですが、そこに繋がっていくには、古い自分を脱ぎ捨てて、エゴを手放し、自分の軸で立っていくことが必須です。本当の自立が問われる時なのだと感じます。

自分で考え選択できる、自立した一人一人がネットワークで繋がって世界を創造していく時代。

資格を取ることが目的になってしまい、その後インストラクターとしてどう仕事をしていったらいいのかがわからないという人も多いと思います。

私が今までに開いた指導者養成コースに来られた方達の中にも、資格はすでに持っているけれど、教え方がわからない、自信もない、知識は詰め込んだけれど、実践が伴っていないので、薄っぺらい。教えられない。または所属している組織からの要望に自分のハートがYes と言えないという理由から、「ここで再受講して、もう一度自信を持ちたい!」と来られた方も少なくありません。

Yoga Contactのクラス

せっかくお金も時間もエネルギーも使って、勇気を出して資格を取得したのに、、、。

これはとても勿体無いことだと感じて、Yoga Contactでは、クラスでの指導と、資格取得後のフォローアップとして、スーパーヴィジョンなども続けてきました。

多くの人は「資格を取りたい」「インストラクターになりたい」と思いつきます。そして、資格を取得する。そこまでは勇気とお金と時間は必要ですが、ほとんどの人には出来ることです。でも、実際に教え始めて、モチベーションを保ち、楽しく続けていくというのは、誰にでも出来ることではありません。

Yoga Contactのクラスには座学(セミナー)も毎月あります。


私自身、ヨガと出会って28年ほどが経ちましたが、まだまだ興味は尽きません。

長い前置きになりましたが、私がYoga Contactでやりたいと思うことは、すでに資格を持っているインストラクターの方達を対象に

幸せな先生たちを養成すること

そして、ヨガというツールを使って、みんなで世界に光を灯していくことです。

一人一人の個性を生かして教えていく


「このヨガを学びたい」「このスタジオで学びたい」ではなく、

「この先生から学びたい!」

と言ってもらえる先生を一人でも多く育てることができたら嬉しいです。


短期集中でやるのではなく、時間をかけて継続的に、個人の成長を見守りながら指導していくほうがいいと考えています。途中からでも参加できるように。

資格を取得するためのクラスではありません。気長に確実に力と自信をつけていきたい方に向けてのトレーニングです。そういう方は少ないかもしれませんが、私は取得した資格の数より、大切なのは、その人の中身だと信じていますので、縁のある方達とは出会えると信じています。

なるべく無理がなく、ご自分のペースで続けていかれるようにと思っています。すでに教えている方も教えながら学んでいくことで、よりスキルアップできるはずです。途中でメニューの修正や変更、バージョンアップをしていくかもしれませんが、今の段階でのメニューをPDFにまとめました。クラス情報のページにリンクを載せています。もし開けない方はこちらにご連絡ください。メールでお送りいたします。


では、下に内容を少し載せておきます↓

私のクラスの場合は、ヨガからの知識だけではなく、ヒーリングスクールで長年学んだことが土台にありますので、チャクラシステムについても、知識を学ぶのではなく、ヒーリングの視点からの実践的なお話と実習になります。

(注意)
今までどんなヨガを学んできたとしても、ご自分の中を一度空っぽにして、新しいものを受け取るつもりで参加していただけたら幸いです。
そしてまた、現在、ご自分が尊敬する師の元で、特別な師弟関係を持ち深く学んでいる方は、師へのリスペクトを持って、その師の元で学び続けることをお勧めいたします。師への感謝と献身を持って、今のご自分の道を信じて進んでください。


Grade 1  定員6名

Grade1で学ぶことの一部

  • 自分自身のアーサナのの練習と調整(正確なアライメントとは?)

  • 安全なアジャストの仕方

  • グラウンディングの重要性と方法

  • 高齢者や体の固い人への指導法

  • 食事とファスティング(自分の暮らしを整える)

  • 呼吸法の練習と指導法

  • それぞれのチャクラの機能とエネルギーのバランスについて

  • 自分のエゴに気づき、向き合い、手放す方法

  • 生徒さんの体の観察の仕方

  • 教える上での様々な注意点

  • 自分が伝えたいことをクリアーにする

  • メディテーション

  • 様々なニーズにどう答えるか(例えば屋外でのクラスや時間が短いクラス)

  • 生徒が一人でも何十人でも充実したクラスにするには

  • 自分自身のエネルギーの浄化法

  • 自分らしいクラスとは?

  • クラスの運営について(安全に楽しく教え続けるために必要なこと)

  • 補習と復習

  • その他

Grade 2(インターミディエイト)定員6名

Grade2で学ぶことの一部

  • 安全で心地よいポーズの取り方と安全なアジャストの仕方

  • リストラティブ、ハタヨガ、ヴィンヤサヨガのクラスでの使い分け

  • 子供達への指導(楽しく安全に行うために)

  • 心と体と魂のバランスをとる

  • 空間の浄化(スタジオや教える場所のエネルギーを整えチャージする)

  • 感覚を磨く(エネルギーの受け取り方4つの個性、受け取る通路を開く)

  • 生徒さんとの健全なバウンダリーの保ち方(重要)

  • 自分のエゴと向き合い、生徒さんのエゴにどう対応するか(転移と逆転移)

  • 対応の難しい生徒さんとの付き合い方(重要)

  • 生徒さんの話を聞くときに気をつけること(カウンセラーではありません)

  • リトリート(自分でシークエンスを組み立てての指導練習など)

  • 補習と復習

  • その他

Grade 3(アドバンス)
PDFに詳細あり(クラス情報のページにリンクしてあります。)

クラス情報のページのリンクから開けない方は、こちらにご連絡いただけましたらPDFで詳細をお送りいたします。パソコンからのメールが受け取れるアドレスからお願いいたします。お名前はフルネームで記載してください。


noteのトップ記事にクラス情報を固定してあります。

私の様々な活動のリンクはこちらからどうぞ↓

誰かのお役に立てたら嬉しいです。

今日はお知らせでした。

シャンティ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Chiho Katsuyama*Yoga Contact

あなたにいただいた温かいサポートは、この先も絵本を作ったり、作詞をしたり、ヨガを教えることを続けていくために、クリエイターとしての活動費として大切に使わせていただきます!

Chiho Katsuyama*Yoga Contact
絵本作家・ヨガ講師*山でのスローライフと、Life Healing Yogaを伝える人としてのお話、絵本づくりのお話、日々の手作り、ヒーリング、宇宙のこと、魂の旅のことなどなど書いていきます。プロフィールもぜひご覧くださいね。blueray starseed