見出し画像

子供たちに防災を学んでもらうために -【あらかわ 防災×景観 カルタ】寄贈プロジェクト-


〈追記:2024年4月1日〉
クラウドファンディング、無事終了しました!

最終的に125人の方からご支援いただき、無事目標金額を達成、659,000円のご支援をいただきました。
本当にありがとうございました!

今後は各施設への寄贈に向けて、またリターンを皆さんにお届けするための準備に進みます。

クラファン会社からの入金(5月入金予定)や、カルタの印刷に少々お時間をいただくことになりますが、引き続きどうぞよろしくお願いします。


クラウドファンディングは終了しましたが、多くの方にご支援いただいたため、多少在庫を見込める状況です。
カルタをご希望の方は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。arakawascape@gmail.com


(あらまちカルタ製作委員会 代表 山本展久)


〈追記:2024年3月26日〉

カルタ寄贈のクラウドファンディングも、あと5日。
これまで80人の方にご支援いただき、目標金額60万円のうち、残りは15万円となりました。多くの方にご支援いただき、本当にありがとうございます!

おかげさまであともう少し、もしかしたらなんとか達成できるかも、というところまで辿り着けました。

今回のクラウドファンディングは目標金額に1円でも足りていなければ、全額支援が返金されてしまう仕組みです。

80人もの方に寄せていただいたご支援を、なんとか子供たちに届けたい。
残りあと5日…どうかお力をお借りできませんか?

皆さんの力で子供たちに防災力を!
どうぞ、よろしくお願いします!

クラウドファンディングページはこちらから




#防災いまできること

今日は3月11日。
震災や津波で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、大切な方を亡くされた方々にお悔やみ申し上げます。

こんにちは。
私たちは、あらまちカルタ製作委員会という、荒川区の景観でカルタをつくっている民間の団体です。

今回は荒川区の防災まちづくりの取り組みとして、開催中の【あらかわ 防災×景観 カルタ】について、改めてお伝えさせてください。



荒川区は地震危険度ランキング1位

地域危険度とは、東京都が大地震が発生した際のリスクについて、町丁目(ちょうちょうもく)と呼ばれる行政上の区画ごとに、おおむね5年に1回調べているもの。

最新のランキングでは、5192のエリアのうち、荒川6丁目1位、町屋4丁目が2位と、荒川区内のエリアがワンツー。
他にも区内の多くのエリアが上位という結果に。

東京都発表の地震危険度ランキングでは、1位と2位に荒川区。
「東京都不燃化ポータルサイト」より
地震危険度をみると、荒川区の中心部分で特に危険度が高いことがわかります。
「東京都不燃化ポータルサイト」より

緊急車両が通れない狭い路地、木造住宅密集地の多さ、隅田川による地盤の弱さなどがその主な理由です。

荒川区の景観にとって防災は切っても切り離せない

そこで私たちは「防災 × 景観」をテーマに、カルタをつくることにしました。



カルタをご紹介

ただ防災に役立つだけではなく、ただ景観として美しいだけでもない。
それでいて荒川区らしい「防災×景観」のスポットや活動を45枚のかるたにしました。その中からいくつかをご紹介します。

下町らしさと危険は隣り合わせ

「細街路」は、幅が4mに満たない狭い道路です。 下町情緒のある細い路地は、緊急車両が通れない等、防災・安全上の課題を抱えています。風情と防災…荒川区ならではのまちづくりが問われています。
「地域危険度」は、東京都が発表した地震危険度ランキングです。1位となった町屋4丁目をはじめ、木密地(木造住宅密集地)など、荒川区は防災面で多くの課題を抱えています。

行政も積極的に防災対策

「赤バケツ」は、荒川区が各家庭に配布した、防火用バケツです。 火災時の初期消火に利用するためのもので、区内のいたるところで軒先に置かれた鮮やかな赤いバケツを見ることができます。
「浸水深表示板」は、荒川が氾濫した際の想定浸水深を示す看板です。 浸水深は区内の電柱や区役所等に設置された表示板の他、荒川区防災地図(水害版)にも記載されています。
「スーパー堤防」は、土でできた、緩やかな斜面の堤防です。区内では、直立型の高潮堤防が設けられていましたが、近年スーパー堤防への置き換えが進められています。

過去の災害を忘れないために

「カミソリ堤防」は、直立型のコンクリート製堤防です。荒川区内の堤防は順次スーパー堤防へ置き換えられていますが、隅田川旧防潮堤の碑として汐入公園等に一部残されています。
「かさ上げ」は、冠水の恐れがある土地に、建物の基礎等を高くする浸水対策です。 かつて荒川区は洪水の被害に悩まされてきましたが、その対策としてかさ上げが行われました。

子供も大人も、区民が取り組む防災活動

「レスキュー部」は、南千住第二中学校のクラブ部活動です。 地域住民との交流や防災行事への参加を通じ、防災・減災活動に貢献できる中学生の育成を目的として2012年から活動しています。
「消防団」は、普段は別の仕事や学業に就きながら、災害時には災害現場に駆けつけ消防署員と共に消火活動や防災活動をする消防機関です。 区内には荒川消防団と尾久消防団、2つの消防団があります。
「歳末特別警戒」は、町会や消防団が見回りをしながら火災予防を呼びかけるものです。 寒空に響くカンカンと拍子木を打つ音も、下町らしい風景のひとつです。

子供達の遊び場と避難場所

「尾久の原公園」は、荒川区東尾久の都立公園です。 春には200本以上の枝垂れ桜、秋にはトンボを追いかける子供たちの姿を見ることができます。災害時の広域避難場所に指定されています。
「日暮里南公園」は、荒川区東日暮里の公園です。 日頃からたくさんの子供たちで賑わっており、夏には水遊びを楽しめるじゃぶじゃぶ池が有名です。災害時の一時集合場所に指定されています。

見方を変えると、災害時に役立つかも!

「都電バラ」は、都電荒川線(東京さくらトラム)の区内沿線に植えられた100種類以上のバラのこと。区民サポーターが育てた約1万本以上のバラが咲き誇ります。
「あらかわ遊園」は、荒川区西尾久の遊園地です。 1922年に開業した憩いの場で、1950年より区営に。特に2022年にリニューアルされた観覧車は夜間もライトアップされ、まちのシンボルになっています。

いつものコミュニケーションがきっと役に立つ

「夏祭り」は、区内各地の神社で毎年5月から8月にかけて行われる行事です。 中でも、担ぎ棒二本の二天棒神輿を左右に振る神輿振りは圧巻の光景です。お祭り行事は、地域の人と繋がる貴重な機会です。
「まちなか花壇」は、荒川区が公園や道路等に設置した花壇です。 街なか花壇づくり事業として区内約90箇所で草花のお手入れを楽しみながら、地域コミュニティが育まれています。

平時から使って親しもう!

「汐入公園」は、隅田川に隣接した、荒川区南千住の都立公園です。災害時の広域避難場所として指定されており、防災施設の非常用炊き出し場はバーベキュー広場として利用することができます。
「防災広場」は、災害時の延焼防止や、避難場所、活動拠点として設けられた広場です。 マンホールトイレやかまどベンチ、防災倉庫、ソーラー灯等、防災関連設備が設置されています。


カルタは全部で45枚。

その他のカルタは以下のサイトに掲載しています。
画像をクリックすると、詳しい説明もご覧いただけます。
https://arakawakaruta.studio.site/bousai-keikan#top_pink



カルタで人の命は救えない

もちろん、カルタが直接誰かの命を救う道具にはなり得ません。
また、亡くなられた方に寄り添うことも難しいと思います。
3月11日。
そんな日にカルタのことを考えると、製作した私たちでさえ無力感に打ちひしがれてしまいそうです。

それでも、きっと未来は変えられる

カルタイベントでの様子

このカルタは、子供からお年寄りまで幅広い世代を対象に、遊びながら街や防災について学ぶことができるツールとして作成しました。

大人と子供が一緒になって街を知ること。
そこから繋がる未来への入り口として、カルタを使ってもらえたら。
そんなことを考えながら、このカルタプロジェクトに取り組んでいます。



子供たちに届けたい!クラウドファンディング挑戦中

現在、このカルタを荒川区内の学童クラブ等の施設に寄贈し、子供たちに届けるプロジェクトに挑戦しています。

ご支援いただいた方には、カルタや関連グッズなどの8つのリターンをご用意しています。

【① 応援コースA】感謝のメール
【② カルタコース】カルタ1セット
【③ 応援コースB】感謝のメール
【④ 寄贈コース】お名前記載でカルタ1セットを児童関連施設へ寄贈
【⑤ ポスター付きコース】絵札ポスター2種 + カルタ1セット
【⑥ オリジナル名刺付きコース】絵札でつくる名刺データ + カルタ1セット
【⑦ イベント用コース】BIGカルタのデータ
【⑧ 協賛コース】カルタ箱へお名前・企業名を記載 + カルタ1セット

8つのリターン


3月11日現在、目標金額60万円に対して、50人以上の方から25万円ほどのご支援をいただいています。
多くの方にご支援いただき、本当にありがとうございます!

今回のプロジェクトは「All-or-Nothing方式」といって、目標金額を達成した場合のみ、支援金を受け取ってカルタを寄贈できるというもの。
目標の60万円に対しては、まだまだ道半ば。



皆さんのお力をお借りして、どうか子供たちへの寄贈を実現させてください!
ぜひ、ご支援をお願いします!



〈概要〉
・クラウドファンディングサイト:https://readyfor.jp/projects/arakawaKARUTA
・募集期間:3/1(Fri)8:00 - 3/31(Sun)23:00
・目的:放課後に小学生が利用できる荒川区内の施設44箇所(学童クラブ、放課後子ども教室、ふれあい館・ひろば館)へのカルタ寄贈
・目標金額:600,000円
・リターン:カルタや関連グッズなど

この記事が参加している募集

#防災いまできること

2,449件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?