新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

対話が不可欠になってしまったマネジメント環境の劇的な変化とは

【公式】株式会社オフィス・アニバーサリー

マネジメントの観点での職場環境の変化

このnoteは、対話を通じて成果をあげられるリーダーを増やすために書いています。

今回は、そうしたリーダーのみなさんを取り巻く環境について触れておきます。先に申し上げておくと、マネジメントはますます大変になってますよ、という話です。

昭和から平成にかけて、日本の職場のコミュニケーションを担保していたのは、「長時間」「同じ職場で一緒にいる」ことでした。つまり、時間と空間を共有することでお互いに対する安心感や信頼感を醸成していたわけです。

空間と時間を共有していたバブル崩壊以前の職場

私自身が社会人になったのは1990年でした。まだバブルの余韻冷めやらず、元号は平成でしたが昭和の働き方が色濃い時代です。
職場の仲間の多くは、遅くまで残業しながら「仕事っていうのはなあ」と先輩から話を聞かされたり、仕事とは関係のない無駄話もしながらお互いの理解を深めていました。
空間を共有し、時間をジャブジャブ使いながら、仕事を進めると同時に相互の関係を深めていました

当時のマネジャークラスは比較的余裕がありました。朝から新聞を広げて読んでいたり、他のマネジャーと雑談していたり、あるいは終業時刻になると部下を誘って飲みに行ったり。
チームのメンバーからいつでも相談できそうな空気が漂っていました

プレイングマネジャーの出現

ところがバブル崩壊後、マネジャーは気がつくと「プレイングマネジャー」という新しい仕事にシフトしていました。バブル崩壊後の人員削減の流れの中で、自ら担当者として仕事をこなしていかなくてはいけなくなったのです。
また、管理職層の下に位置づけられていた係長や班長といったポジションを取り払い、意思決定の迅速化という美名のもとに「組織のフラット化」を進めた組織もありました。
その結果、リーダーが直接関わらなければならないメンバーの数は増えました

プレイングマネジャー化と組織のフラット化。そうなると、リーダーがメンバー一人ひとりとじっくり会話を交わすことさえ難しくなったのです。
良くも悪くも(私は悪いとしか思えませんが)、リーダーも含めて、個が自らのスキルを磨き、なんとか生き残らなくてはいけない時代が来てしまいました

働き方改革によって激減した時間の共有、そして空間さえ・・・

そして、そこに拍車をかけるように、働き方改革がやってきました。意味もない残業はする必要はありませんが、総労働時間が圧縮されることで、仕事を進めるためだけでなく、相互に理解し合うために共有していた「時間」の多くの部分を失うことになりました。

さらに、コロナ禍でリモートワークをはじめ直接会う機会そのものが制限され、「空間」の共有さえできない時代に私たちは遭遇しています。

いま、私たちは、業務時間内しかコミュニケーションを取ることができません。さらに、その業務時間内さえ、物理的に離れているなかで、お互いに対話できる時間をどれだけ取れるのでしょうか。

もうひとつの本質的な環境変化

こうした職場の環境変化によって対話することは極めて難しくなっています。実は、この対話の欠如が、企業の競争力に深刻な打撃を与えています。それを理解するには、もうひとつの変化を挙げておかなくてはいけません。

近年のRPAやロボット化などのテクノロジーの進化により、定型的業務は次から次へと人間の手を離れつつあります。つまり、「このとおりにやればいいから」という仕事は消滅していくプロセスに入っています。
言い換えると、「決まった答えがあって、それをいかにこなし、あるいは突き詰めるのか」というゲームのルールが陳腐化し始めているということです。

その一方で、私たちの周囲には、解かなくてはいけない難問がたくさん存在しています。「資源価格が上昇する中で、自社はどんな戦略を取るべきなのか」「既存の商品を魅力的にするために、どのように価値を捉え直せばいいのか」といったことは、AIは助けになったとしても、論理的帰結としてただひとつの答えが出るわけではありません。

対話で付加価値を生みだす時代へ

つまり、定型的業務から解放されつつある人類は、「答えのない答え」を模索することで付加価値を生み出す時代に放り込まれています。残念なことに、リーダーがその答えを知っているわけではありません。
チームの方向性を示しつつ、メンバーから答えを引き出し、メンバー同士の率直な意見交換を経てチームの納得感を醸成し、責任を持って決断するという仕事に変化しました

これからの企業の競争力は、組織を構成している人と人との対話の中からいかに付加価値を引き出すことができるかにかかっています。
対話が欠如し、「言われたことをちゃんとやってくれればいいから」という組織は、否応なく滅びていきます。

これらの環境変化の結果、対話が企業の競争力を決定づける重要な要素になりました。しかし、それに気づかず、「対話なんて、それぞれのチームでうまくやってくれりゃすむ話だろ」という認識の経営者やリーダーが一定数存在することは、嘆かわしい限りです。

付加価値が生まれる対話には特徴があります。

次回は、その付加価値が生まれる対話を作るためにはどうすればいいのかについてお伝えします。


この記事が参加している募集

仕事について話そう

【公式】株式会社オフィス・アニバーサリー
組織に対話をインストールすることで「この会社で働いていて本当によかった」そう思える会社を世界にたくさん作る活動をしています。 公式HP→https://anni.co.jp/