見出し画像

イタリア郷土料理のお話・ヴェネト州②~ お菓子 ~

前回、ヴェネト州の郷土料理について、お話させて頂きました。
今回は、ヴェネト州のお菓子に、注目します。
(全文閲覧頂けます)

ヴェネト郷土料理については、こちらから…。


まずは、地理的復習から、始めましょう!

1)ヴェネト州(Veneto)について

画像14

画像16


州都:ヴェネツィア(Venezia)
イタリア北東に位置し、東はアドリア海に面し、
北は、ドロミテ渓谷を有するアルプス連峰に接しています。
広大で、豊かな土地、海にも恵まれ、多くの食材に溢れています。


旅行記(北部)
からも、美しい街の様子を見て頂けます。

# ヴェネト州の記事


2)ヴェネト郷土菓子の特徴

外国との交易、交流があった地域なので、その影響も受けています。
中世の時代に、海洋都市として栄えたヴェネツィア(州都)は、オリエントから、そして、北は、隣接しているオーストリアからの影響を受けてきました。

ヴェネト州発祥、又は、経由して、イタリア全土に広まったお菓子もあり、
よく知られているもの、素朴なもの、そして洗練されたものなど、魅力的な菓子が多くあるのが特徴です。

きっと、皆さまが、ご存知のお菓子もあるのではないでしょうか。
それぞれの特徴を抑えながら、見ていきましょう。

① ヴェネト州・発祥のお菓子&パン

画像1

ティラミス
(Tramisu`)

皆さま、ご存知、マスカルポーネチーズを使った、コーヒー風味のお菓子。
一度は、食べたことが、あるのではないでしょうか。
イタリア全土でも、人気のデザートで、シチリアでは、リコッタチーズで作る場合もあるんですよ。

既に、レシピ集でも、ご紹介しました。
私も、時々、無性に食べたくなります。 


画像3

画像4

バイコリ
(Baicoli)

ヴェネツィアの代表的な郷土焼菓子のひとつです。
300年以上前から、食べられているそうで、シンプルな味わいですが、
段々と、ハマっていきます。
ジャムや、クリームをつけても美味しいですよ。

ヴェネツィア出身のイタリア友人に、教えてもらいました。
二度焼きしていて、カリカリっとした食感が、癖になります。


画像5

パンドーロ
(Pandoro)

Pan(パン)di(の)oro(黄金)「黄金のパン」という名の発酵ケーキ。
卵黄と、バターたっぷりの、ヴェネト地方のクリスマスケーキです。

日本でも、人気のイタリア・クリスマス菓子定番・パネットーネ(Panettone)に匹敵する「ヴェネト州定番のクリスマスケーキ」です。
ナイフで、横に、5~6個に切り分けて、少しずつ、ずらして重ね、
クリスマスツリーのように、ホイップクリーム等で、デコレーションするのは、子供たちの大好きなお仕事です。

個人的には、チョコクリームのヌテッラをつけて食べるのが、最強!
無敵!敵なし!という感じです。( 恐ろしい摂取カロリーでは、ありますが… )

画像16

ヌテッラ(Nutella)


画像6

トルタ・パラディーゾ
(Torta Paradiso)

「天国(パラディーゾ:Paradiso)のタルト(Torta)」という名の、
卵をたっぷり使った、ホロホロっとしたケーキです。
教室で、ご紹介した時、「なんか、懐かしい味わいです」「家で作ったら、子供たちが取り合いになりました!」っと、言って頂けた、優しい味わいのケーキです。

ミラノが州都の、ロンバルディア州でも、作られています。


画像9

サラーメ・モーロ
(Salame Moro)

「真っ黒な(moro)サラミ(salame)」という名のチョコレート菓子。
チョコレート生地に、ナッツやクッキー等を砕いて加え、サラミ型に成型するのが特徴で、「サラーメ」だけでも通じます。

チョコレートが名産地の、ピエモンテ州、ウンブリア州、シチリア州、でも作られています。

② とうもろこし粉のお菓子

北イタリアで、多く生産されているとうもろこし粉(Farina di Mais)。
水を加え、加熱しながら練って仕上げるポレンタ(Polenta)料理は、
古代ローマ時代から食されている、北イタリアの特記すべき料理のひとつです。

北イタリアでは、ヴェネト州以外でも、とうもろこし粉を常備している地域も多く、お菓子にも、小麦粉と同様に、使われています。


画像7

画像8

ズブリッゾローナ
(Sbrisolona)

とうもろこし粉と、アーモンドで作られる、ポロポロ食感のクッキーです。
材料を合わして、焼くだけ。
私は、ヴェローナ(Verona)のお菓子屋さんで食べたズブリッゾローナが忘れられなくて、作るようになりました。

ロンバルディア州でも、作られていて、
フレゴロッタ(Fregolotta)と呼ぶ地域もあります。


画像9

エッセ(写真手前)
(Esse)

その名の通り、S字(エッセ)型をしているヴェネツィアの焼菓子です。
ヴェネツィアの街を流れる大運河(カナル・グランデ:Canale Grande)の姿に、似ていることから、名付けられたと言われています。

とうもろこし粉、卵黄、砂糖、マルサラ酒等が入る、サクサクっとしたクッキーです。


画像10

ザレッティ
(Zaletti)

こちらも、とうもろこし粉がベースで作られる、素朴なクッキーです。
チョコチップなどが入ることもあります。
ヴェネツィアのお菓子屋さんで見ることが出来ますよ。


③ オーストリアの影響を残しているお菓子

ヴェネト州の北部に、東アルプス山脈の一部のドロミテ(Dolomite)地域があります。
ユネスコの世界遺産(自然遺産)にも登録されていて、大自然を満喫できます。

この一部は、「未回収のイタリア」と呼ばれ、20世紀初め頃まで、オーストリア領(南チロル地方)でした。
そのため、現在もドイツ語圏(もちろん、イタリア語も通じます)で、
食文化にも、その影響を色濃く残しています。

# ドロミテの記事


画像12

サーカー /   ザッハトルテ
(Sacher  /  Sachertorte)

皆さま、ご存知、ザッハトルテです。
イタリアでは、英語読みの「サーカー」と、呼ぶことも多いです。
このチョコレートケーキは、イタリア全国区で、多くの街で食べられますが、
ドロミテで食べた「山小屋のサーカー」が、本当に美味しかったです。


画像12

ストゥルーデル
(Strudel)

オーストリア菓子の代表格で、イタリアでも、よく作られています。
りんご、干しぶどう、松の実などを包み込んだパイ菓子で、
ヴェネト州北部は、りんごの名産地でもあるので、よく目にしました。


画像14

クラップフェン
(Krapfen)

ドイツ風・揚げドーナツ。
潰したじゃがいもを、生地に加えます。
揚げた後に、ジャムや、カスタードクリーム等を、中に注入することも。
特に、2月のカーニバルの時期に、出てくる揚げ菓子です。


******************

いかがでしたか?
ヴェネト州は、本当に、バラエティー豊かな、お料理、お菓子があります。
定期購読マガジン「オフィスアルベロ・レシピ集」で、既に、ご紹介しているものもありますので、是非、ご覧ください。


次回は、ジェノヴァ(Genova)が州都のリグーリア州のお話を、予定しています。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
料理教室15年目。(料理の仕事30年) 毎月、有料レシピ4記事(木曜日投稿)と、+α(不定回)を掲載。 教室の過去レシピを中心に、ブラッシュアップしてご紹介。 有料レシピ3記事以上/月、ご購入の場合は、マガジン購読がお得。2020年1月からのマガジン内「+α(不定回)記事」も全てご覧頂けます。

料理脳を鍛えよう!食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
19
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちらから → http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

オフィスアルベロ レシピ集
オフィスアルベロ レシピ集
  • ¥880 / 月

料理脳を鍛えよう!食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを広げるコツや、調理器具について。 郷土料理の背景にある文化や、イタリア各地のお話等々…。 トスカーナ州で、コックとして2年間修業後、全20州を巡り、現地で学んだ郷土料理を、ご家庭で作れるワンランク上のお料理に仕上げます。 材料の数値明瞭化、バリエーションが広がると、大好評! 料理を作る立場からの目線で、豆知識、日本郷土料理についても書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。