マガジンのカバー画像

オフィスアルベロ レシピ集

料理脳を鍛えよう! レシピは、料理の謎解き本。食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを広げるコツや… もっと読む
料理教室16年目。(料理の仕事30年) 毎月、レシピ4記事(水曜日 or 木曜日予定)+ α(不定… もっと詳しく
¥880 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

【レシピ】焼菓子・ズブリッゾローナ ☆ ポロポロとした食感が堪りません

ズブリッゾローナ(Sbrisolona)についてズブリッゾローナ(Sbrisolona) とうもろこしの粉(コーングリッツ)入りクッキー生地と アーモンドを敷き詰めたカリカリッ、ポロポロッとした食感の、 北イタリア・ヴェネト州と、隣のロンバルディア州の焼菓子です。 語源は、イタリア語の 「スブリッチョラーレ(Sbriciolare):粉々にする」。 「フレゴロ(fregolo):魚卵」が語源の、 フレゴロッタ(Fregolotta)と、呼ぶ地域もあります。 「カリカリ

スキ
14

【レシピ】牛ほほ肉の赤ワイン煮 ☆トロッ~と、口に中で溶けていきます

寒い日が続く時は、煮込み料理が食べたくなりますね。 今回は、牛ほほ肉を使い、赤ワイン煮込みをご紹介します。 牛ほほ肉以外でも、長時間、じっくり煮込むと柔らかくなる部位 (すね、すじ、バラ、肩ロース、タン、テール等)でも、作れますよ。 今回は、ストウブ鍋を使用します。 蓋が重く、密封性の高い鍋で煮込むのがお勧めです。 圧力鍋を使うと、さらに時間短縮ができます。 今回は、じゃがいものピューレを添えて行きます。 この組み合わせ、相性抜群です。 他に、パスタを添えても良いです

スキ
12

【レシピ】たらこのスパゲッティ③ 醤油風味のマヨネーズソース

たらこパスタ・第3弾。 今回は、醤油風味のマヨネーズソースを、ご紹介します。 ポイントは、香りづけ。 是非、食べて頂きたい一品です。 それでは、作っていきましょう! 一部、たらこの説明等で、第一弾の記事と、重複する部分がありますが、 ご了承願います。 最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。 ****************** たらこのスパゲッティ③  ( 醤油風味のマヨネーズソース ) (Spaghetti con

スキ
13

【レシピ】たらこのスパゲッティ②レモン風味のマヨネーズソース

たらこパスタ・第2弾。 今回は、レモン風味のマヨネーズソースで、ご紹介します。 シンプルで、美味しい! お正月用たらこ、明太子が残っていたら、是非、使って頂きたい一品です。 それでは、作っていきましょう! 一部、たらこの説明等で、第一弾の記事と、重複する部分がありますが、 ご了承願います。 最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。 ****************** たらこのスパゲッティ② ( レモン風味のマヨネーズソ

スキ
15

【レシピ】たらこのスパゲッティ① オイルソース

鯉(こい)。 日本では、地域によって、鯉のあらいや、鯉こく(味噌煮込み料理)等が 食べられ、関西では、琵琶湖の鯉が有名です。 鯉のあらい(琵琶湖畔・湖里庵にて) イタリアでも、食べられている食材のひとつで、 中部イタリアのウンブリア州・トラジメーノ湖畔で食べた鯉のお料理が、 とても印象的でした。 その中でも、鯉の卵を使ったパスタ。 これが、絶品! 鯉の卵とトマトのリングイネ (Linguine con uova di carpa e pomodorini) さすがに

スキ
13

【レシピ】いかとじゃがいもの白ワイン煮 ☆ 大好きな賄い、南イタリアの家庭料理です

2022年・レシピ集、最初の一品は、南イタリアの家庭料理をご紹介します。 トスカーナ州のホテル厨房で働いていた時に出会った、煮込み料理です。 パスタ部門のナポリ出身のシェフが、小さい頃から食べていたマンマの得意料理で、コトコト煮込む、この料理が、大好きだったとか。 厨房の賄いでも、時々、登場し、この白ワイン煮と、パンがあれば、十分。 とろっと溶けたじゃがいものソースと、キュッキュッとした、いかの食感が、美味しいのですよね。 パスタを加えても、OK。 これも、また、立派な

スキ
18

【レシピ】オレンジクリームのフリット ☆ 素朴だけれど抜群!クリスマスのデザートとしても喜ばれます

クリスマスや、年末年始、ご家族が揃う時に、是非、作って頂きたい お薦めデザートのひとつをご紹介します。 初めて、教室で作った時には、 「先生、これで、テイクアウトのお店を出せますよ」とまで、言ってもらえた 嬉しい思い出のある一品です。 このフリットを作るきっかけになったのが、北イタリア・リグーリア州の チンクエ・テッレ(Cinque Terre)で、料理を教わった時。 地元・特産の立派なレモンを使ったレモンクリームが、本当に美味しくて。 「このクリームをフリットにしても

スキ
15

【レシピ】 まぐろのソテー・レンズ豆バルサミコ酢ソース添え

私が、料理修行したトスカーナ州の古都・シエナ(Siena)のレストランで、 作っていた料理の中のひとつが、こちらです。 まぐろのタリアータ・レンズ豆を添え (Tagliata di Tonno Rosa con Lenticchie Piccante) 前菜として、人気だった一品で、私も、賄いで、食べさせてもらった時、 ハッ!とさせられた「まぐろ × レンズ豆」の組み合わせでした。 今回は、お家で作りやすいレシピに、再度、仕上げて、ご紹介します。 年末年始は、まぐろ等の

スキ
20

【レシピ】スティック春巻き2品 (海老しそ&チーズバジル)☆ 冷凍保存できる簡単おつまみです

春巻きの皮を使った簡単おつまみ、2品をご紹介します。 どちらも、包んでから、冷凍保存もできて、作り置き可能。 冷凍のまま、揚げ焼きをしたら、あっという間に、食卓に出せる一品です。 年末年始の忙しい時にも、便利ですよ。 スティック春巻き  ~ 海老&青じそ ~ ( Rotolo di gambero e Shiso) スティック春巻き  ~ チーズ&バジル ~ ( Rotolo di formaggio e basilico) 青じそと、バジルが、良い働きをしてくれるの

スキ
23

【レシピ】蟹のトマトクリームソースのリングイネ ☆ 簡単パスタで、プチ贅沢

クリスマスや、年末年始の食卓には、少し奮発をして、美味しくて見栄えも良い料理を並べたいもの。 そして、それが、簡単に作れたら、さらに嬉しいものです。 今回は、蟹(缶詰)を使ったパスタを、ご紹介します。 材料さえ揃えたら、10分程で仕上げることが出来る一品です。 もちろん、鍋用に用意していた蟹の足を、少し加えても良いですよ。 ボリュームが出て、より華やかになります。 応用編で、説明します。 それでは、作っていきましょう! 最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用

スキ
17

【レシピ】かんぱちのマリネ ☆ 簡単で美味、イタリア版「漬け」をご紹介

今回は、一番シンプルなマリネを、ご紹介します。 美味しいオリーブオイルで漬け込む、いわゆる「イタリア版・漬け」。 イタリア各地で造られているオリーブオイルは「美味しい調味料」なのだと、 再確認できます。 いつもの、お刺身に、ひと手間加えて「味変(あじへん)」。 簡単なのに、見栄えも美しく、年末年始の食卓を華やかにしてくれますよ。 オリーブオイルの産地としても有名な、北イタリア・リグーリア州で教えてもらった「オイル漬け」。 新鮮ないわしや、小だこを、たっぷりの美味しいオ

スキ
22

【レシピ】豚肉とパプリカのマリネ ☆ 作り置きできて、重宝する副菜です

年末に向けて、なにかと慌ただしくなっていく12月。 夕食の準備に時間が取れなかったり、突然、お客さまが来られることもありますよね。 そんな時、作り置きしたおかずがあると、とても重宝します。 今回は、豚肉を使ったマリネを、ご紹介します。 豚肉とパプリカのマリネ ( Maiale e peperoni marinati ) そのまま、副菜として食べても良いですし、パンにのせて、おつまみとして食べる事もできます。 美味しいですよ。 それでは、作っていきましょう! 最後に、

スキ
14

【レシピ】りんごのタルトタタン ☆ とってもシンプル!それが美味しいと、思わせてくれる一品です(冷凍保存が出来ます)

今回は、タルト生地なしで、りんごだけ。 材料もシンプル、とても、簡単で、作りやすいですよ。 りんごは、加熱調理に適した「紅玉(こうぎょく)」を使います。 りんごは、一年を通して目にしますが、 やはり、今の時期が、様々な種類が並ぶので、りんごの棚を見るのが楽しい時。 特に、紅玉を目にすると、加熱調理する、りんごのデザートを作りたくなります。 昨年も、チーズケーキをご紹介しました。 燃焼後、冷凍保存も出来ますよ。 一度、冷凍したタルトタタンは、さらに落ち着き、より、まとま

スキ
12

【レシピ】料理脳を鍛えよう!きのこのヨーグルトソースを活用法

前回、ご紹介の「鶏肉のコトレッタ・きのこのヨーグルトソースを添えて」。 ソースは「タルタルソースの変化球」と捉えると、色々と活用することが出来ます。 もちろん、海老フライや、蟹クリームコロッケに、かけてもらっても美味しいですが、今回は、応用編として、他の4品をご紹介します。 作っていくのは、こちらです。 ブルスケッタ(Bruschetta) フジッリ・きのこのヨーグルトソース (Fusilli alla saisa di funghi e yogurt) 豚肉ときのこ

スキ
13