見出し画像

イタリア郷土料理のお話・フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州

昨年、北イタリアのヴェネト州、リグーリア州について書いてから、久しぶりの「イタリア郷土料理のお話」です。

今回は、イタリア最北東に位置するフリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州について、見ていきます。

レシピ集でも、いくつか郷土料理をご紹介していますので、
併せて、理解を深めていきましょう。

******************

1)フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州
  (
Friuli-Venezia Giulia)について

画像1

州都:トリエステ(Trieste)
イタリアの北東部に位置し、北はオーストリア、東はスロベニアに接し、
南は、トリエステ湾(海)に面しています。
北東に長く、内陸部には、平野が広がり、
その北に、アルプス山脈の一部・カルニケ山が雄大な姿を見せてくれます。

海に面している地域は、比較的温暖な気候ですが、
北へ行くほど、一年を通しての気温差が激しくなり、
雨も多く、冬は、かなり寒くなります。


画像8

フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州
「イタリア地方料理の探求(柴田書店)」より、引用


2)州都:トリエステについて

紀元前時代は、イストリア人が定住。
(トリエステから南に位置する位置する三角形の島が、イストリア半島)

古代ローマ帝国の支配下に入った後、多くの民族、国家の支配を、
代わる代わる受けますが、中央ヨーロッパと接し、地理的にも重要な拠点であったため、貿易港として、時には軍事港として、自治権の一定部分を保持しながら発展していきました。

第一次世界大戦までは、オーストリア=ハンガリー帝国の重要な交易港として栄え、当時の食文化や、建築物が、今でも、色濃く残っているのも魅力のひとつです。

トリエステのカッフェ文化は、とても有名で、
18世紀頃は、店内で政治の話や、亡命の手続き等を秘密裏に行ったりと、
社交場として、大きな役割を担っていたとか。

第二次世界大戦後、イタリア領として返還されて、現在に至ります。

映画を愛している街でもあり、映画祭も、度々、開催されています。
実際に、トリエステのカッフェに立ち寄った時に、地元の方々と、
宮崎駿監督の「ジブリ映画」の話で、盛り上がりました。

もちろん、北野武監督の映画は、イタリアでも人気です。

画像6

トリエステの大運河
(Canal Grande)

トリエステと言えば、この運河の景色が有名でしょうか。
高台からも、トリエステの街の様子を見てみましょう。

画像4

画像5

お城(Castello)から、トリエステ湾を眺めて


トリエステと聞いて、一番に思い出すのは、この本かもしれません。

画像3

須賀敦子さんが書かれた「トリエステの坂道」

私も、須賀さんの本を読んでから、トリエステを訪問。
より充実の滞在となりました。

須賀敦子さんの本にもあった「ウンベルト・サバ書店(Libresia Umberto Saba)」にも、訪れました。

画像30

ウンベルト・サバ書店
(Libresia Umberto Saba)

画像8

メインストリートにある、ウンベルト・サバ氏の銅像
(Statua di Umberto Saba)

今でも、地元の方々に愛されている、詩人ウンベルト・サバです。


******************

トリエステ以外にも、訪れたい街があります。
美しい広場が有名な、第二の都市・ウディーネ(Udine)

画像9

ウディーネのリベルタ広場
(Piazza della Liberta`)


モザイク画で有名な大聖堂がある、アクイレイア(Aquileia)

画像10

アクイレイア大聖堂内
(Basilica di Aquileia)


トリエステの対岸にある、小さな海辺の町・ムッジャ(Muggia)。
地元の方に薦められて、訪れたのですが、この街の雰囲気が、堪らなく好きでした。

画像11

ムッジャの魚屋さん
(Pescheria Comunale)


その他の、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州滞在記は、
下記から、ご覧頂けます。


******************

3)フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア料理の特徴

海側では、海の幸も多いですが、お肉、チーズも、よく食べられています。
とうもろこしの栽培も盛んで、粉を使ったポレンタも、メイン料理に添えられています。

そして、パプリカ、クミン、シナモン等の香辛料を料理に使うのも、特徴のひとつです。

支配下にあった国家、民族の影響を受けているので、ヴェネト料理(州都・ヴェネツィア)にも似ていて、また、オーストリア、ハンガリーのテイストも入り、異国情緒溢れる味わいの料理も多く、二国がルーツの菓子類も魅力的です。

白ワインの産地としても有名です。
近年では、単一品種で造られた白ワインが、日本にも入ってきています。

また、イタリア全土で飲まれている有名ビール会社・モレッティ社、
日本でも有名なイリーコーヒーも、トリエステで創業された会社です。

それでは、それぞれ、見ていきましょう!

******************

 ① 肉料理、加工品

画像19

生ハム(サン・ダニエーレ産)
(Prosciutto di San Daniele)

中央部にあるサン・ダニエーレ村(San Daniele)は、生ハムの名産地です。
日本でも、有名なパルマ産生ハムは、やや塩味が強いのが特徴ですが、
サン・ダニエーレ産は、甘みがあるのが特徴です。
どちらも美味ですが、個人的には、サン・ダニエーレ産の甘みが好きです。
トリエステ最後の日には、スーパーで100gを購入し、堪能しました。
(写真)

画像12

トリエステ名物・ブッフェ(Buffet)

いわゆる、ボッリート・ミスト(Bollito Misto)、
北イタリアで、良く食べられている茹で肉の盛り合わせです。
牛肉、豚肉の様々な部位を茹でて、マスタードソース、ハーブやにんにくを効かせたグリーンソース(サルサヴェルデ)で頂くお料理。
トリエステでは「ブッフェ」という名で、親しまれています。


画像21

仔牛のスネ肉のロースト
(Stinco di vitello)

骨付きのスネ肉を、丸ごと炭火で、じっくりと焼き、切り分けて頂きます。
時間をかけて焼き上げるので、軟らかく、ジューシーに仕上がります。
他の州でも、食べられています。

画像29

グラーシュ(Gulasch)

ハンガリー起源の、ドイツ、オーストリアの伝統料理のひとつ。
牛肉を煮込む時に、パプリカや、クミンなどの香辛料を使うのが特徴で、
オーストリア領であった名残の、フリウリ料理です。


画像24

ランバシッチ(Rambasicci)

イタリア版ロールキャベツ。
香辛料パプリカを加えるのが特徴です。
これも、ハンガリーの影響と言われています。


 ② 魚料理

トリエステ湾、ヴェネツィア湾で獲れる豊かな海の幸が食べられています。
ヴェネト料理と、とても似ているなというのが、私の印象でしたが、
その中でも、違いを明確にするために
「イストリア半島の流れを汲むお料理(La Cucina Istriana)」と銘打って、お料理を提供しているレストランもありました。

画像22

ズスキのラビオリと手長海老のトマトソース
(Ravioli di branzino con salsa di pomodoro e scampi)

「イストリア料理(La Cucina Istriana)」と書かれていた一皿。
本当に、本当に、美味しかったです。
ただ、特徴は?、ヴェネト料理との違いは?と聞かれると、答えるのが難しいです。

「ヴェネト料理(ヴェネツィア料理)」として、出てきても、違和感はないですし、正直、その違いは、分からなかったのですが、
イストリアを起源に持つ方々、海側地域の方々の「誇り」。
それが、「イストリア料理」を支えているのではと、思いました。


 ③ ポレンタ

画像23

いかの煮込み・ポレンタ添え
(Totani in umido com polenta)

トスカーナ州だと、パンと一緒に食べられるであろう「いかの煮込み」。
ここでは、とうもろこしの粉を練ったポレンタが、添えてありました。
日常的に、パンよりも、ポレンタを良く食べる方も多いそうです。


 ④ チーズ料理

画像25

地元チーズ・モンタズィーオの前菜
(Antipasto di formaggio , Montasio)

画像26

チーズのクレープ
(Crespella di formaggi)

イタリアの「山のチーズ」として有名なモンタズィーオ(Montasio)
元々は、モッジオ・ウディーネ修道院の僧によって、ひっそりと造られていたチーズでしたが、モンタズィーオ山の住民に造り方が伝えられ、段々と、広がっていきました。

加熱すると、トロリと溶け、お料理にも多用されています。

 ⑤ お菓子

オーストリア、ハンガリーの影響が、特に、色濃く残っているのが、お菓子類。
どれを食べても、本当に、美味しい、というのが、訪れた時の印象です。

画像17

プレスニッツ(Presnitz)

ナッツ類、ドライフルーツ等の餡を包んだ焼菓子。
月桂樹の王冠のような、ぐるりと巻いた形も特徴です。


画像18

グバーナ(Gubana)

ナッツ類、ドライフルーツ等の餡を包み込んだクリスマス時期のパン。
現在では、一年を通して、作られています。


画像13

ザッハトルテ(Sacher)

チョコレートケーキの王様と呼ばれる、オーストリアの代表的なケーキ。
トリエステで食べたこのザッハトルテも、ドロミテ(Dolomiti)で食べたのも、本当に、美味しくて、感動したのを覚えています。


画像16

レモンのケーキ
(Torta di limone)

イストリア料理店で、食べたこのケーキ。
イメージしていたレモンケーキとは違い、予想外の美味しさで嬉しくなったのを覚えています。

甘酸っぱい木イチゴのジャムに、チョコレート、ナッツ等々、いっぱいの味わいが詰まっていて、それを、レモンが、上手に包み込んでいる感じ。
異国の香りがしました。
このあたりが「イストリアの味」なのかもしれません。

 ⑥ ワイン

白ワインの名産地です。
ムッジャ(Muggia)で、量り売りをしている酒屋さんを発見!
嬉しくなりました。

画像20

ムッジャの街の酒屋さん
(Enoteca a Muggia)

イタリア各地にワインの名産地は多くありますが、
町の酒屋さんで、各自が、空瓶(空のペットボトル)を持ってきて、ワインを入れてもうと言う「量り売り」をしているお店は少ないです。

抜栓して、保存が効かない分、店側は、早く売り切らないといけない。
買う側も、早く飲み切らないといけない。

「量り売り」が成立しているのですから、よりワインが身近である地域なのだなと感じました。


近年、日本にも、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州産のワインが、
入ってきています。

画像30

フェルナンダ・カペッロ社の白ワイン2種
( Fernanda Cappello Sauvignon  /   Fernanda Cappello Chardonnay )

この地域で、単一ぶどう品種で造られているのは、ちょっと珍しいそうで。
ちょうど、この記事を書いている時に、お世話になっている酒屋さんに、
お勧め頂きました。
飲むのが、楽しみです。


 ⑦ ビール

画像27

モレッティ・ビール
(Birra italiana:Moretti)

イタリア全土で飲まれていて、日本でも知られているモレッティのビール。
19世紀中頃に、ウディーネ(Udine)で創業しました。

根強いワイン文化が続く、イタリア。
創業当時から、長い間、苦戦を強いられていましたが、1990年代に入ってからは、消費が伸び、現在も、イタリアビールシェアNo.1の座を守っています。

近年は、南イタリアでも、小さな造り手さんが拘って造る、美味しい地ビールが増えてきて、ビール人口も増えてきていると感じています。

 ⑧ コーヒー文化

17世紀後半から、国境が近い街・トリエステならではの、カッフェ文化が育まれていきます。

画像30

アンティコ・カッフェ・サン・マルコ
(Anrico Caffe` San Marco)

老舗店のひとつ「アンティコ・カッフェ・サン・マルコ」。
この奥にあるトイレに行く途中、現在は、使われていない広いスペースが、ありました。
19世紀頃、社交場として賑わっていた時に、そこで、秘密裏の対話がされていたのかもしれないですね。


画像15

カッフェ・アッフォガート(Caffe Affogato)

バニラアイスに、エスプレッソコーヒーを注いだデザートです。
トスカーナに住んでいた時は、バールでカップのバニラアイスを購入し、
注文したエスプレッソを注いで食べていました。

お店で、こうやって食べるのは初めて。
もちろん、美味しかったです。

トリエステに本社を置く「イリー・カッフェ(illy Caffe`)」。
日本でも、有名ですね。

トリエステで滞在していたホテルの朝食には、イリーのカップが使われていて、それが、またデザイン性もあり、気に入ってしまいました。

画像28

エスプレッソ用カップ(illy espresso)

トリエステの街で、イリーのカップを探して、購入。
このブルーのカップは、ホテルスタッフからプレゼントして頂きました。
料理教室でも、活躍しているカップ達です。


☆イリー(紹介ページ)


******************

いかがでしたか?
フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州は、国境に接しているのもあり、
違う雰囲気、文化を持っている、とても興味深い地域です。
この記事を書きながら、機会があれば、また訪れたいなと思いました。

引き続き、イタリアに関する情報を、様々な形で、お伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いします。


定期購読マガジン「オフィスアルベロ・レシピ集」で、既に、ご紹介しているものもありますので、是非、ご覧ください。


********************


これまでの、「イタリア郷土料理のお話」は、こちらからご覧頂けます。

ヴェネト州のお話


リグーリア州のお話


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
料理教室15年目。(料理の仕事30年) 毎月、有料レシピ4記事(木曜日予定)と、+ α(無料記事不定回数)を掲載。 教室の過去レシピを中心に、ブラッシュアップして、再度、仕上げています。 購読後は、2020年1月からのマガジン内の「+α(不定回数)無料記事」は、全てご覧頂けます。

料理脳を鍛えよう! レシピは、料理の謎解き本。食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
15
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、問い合わせ等はこちら→ https://albero-cooking.com/