見出し画像

ムッジャの素敵な酒屋さん

<イタリア旅行記(2008年夏・ヴェネト&ドロミテ&トリエステ)no.89>

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州(Friuli-Venezia-Giulia)の国境近くの町・ムッジャ(Muggia)で、とても素敵な酒屋さんを見つけちゃったんです。

こちら!

画像1

酒屋さん(Enoteca)

店内の右側、赤い箱に入っているもの…、なんだか分かりますか?
量り売りのワイン達なんです。

ワイン醸造所などに行くと、よくありますが、町中のお店で見たのは、
私は、初めて。

家から持ってきた空き瓶に入れて、その分量だけの代金を、お支払い。
市販されているワインとは違って、保存が効かないので、いわゆる地産地消のデイリーワイン。

早めに飲まなくてはいけませんが、飲む分だけ購入できるし、
その都度、空き瓶のゴミが増えなくて良いし、便利だそうです。

実際に、私がお店にいる間に、何人もの方が、空き瓶を持って購入に来られていました。
「エコ」ですよね。

お店のご主人もユニークな方で、日本から来た事をお話しすると、

これは、これは、ようこそ!ムッジャへ!(Benventuta! a Muggia!)

と言われ、祝杯のグラスワインを一杯、ご馳走して下さいました。

馴染みのお客様なのでしょうか、ある奥さまが、買いに来られた時に、
「彼女、日本から来たんだよ。乾杯だね!」っと、紹介頂き、
奥さまにも、グラスワインを一杯、サービスして、3人でもう一度乾杯!。

10分程、お話をしていたのですが、ご主人が、奥へ行った時に、
その奥さまが「時間が来たら、お店を出なさいよ。そうでないと、ずっと、
彼のワイン好きに、付き合されちゃうわよ」
っと、言われて…。

なるほど、確かに、私も、もう既に、もう2杯目。
うん、そうか…。
でも、そこまで、Welcome!と言って、喜んでもらえると、なんだか嬉しいですね。

そして、なかなか頂けないフリウリならではのぶどう、
ピコリット(Picolit)種や、ヴェルドゥッツォ(Verduzzo)種のワインを
頂けたので、これまた、嬉しかったです。
結局、4杯ご馳走になり、笑顔で、退店。

こういう出会いも、旅の楽しさですよね。
素敵な、ご主人にも感謝です!
ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
10
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

イタリア旅行記(北部)
イタリア旅行記(北部)
  • 220本

ヴァッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州、ロンバルディア州、ヴェネト州、リグーリア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、フリウリ=ヴェネッツィア・ジューリア州、エミリア=ロマーニャ州。 現地を歩いて、見て、食べて。 一緒に、旅するように読んで頂けると嬉しいです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。