見出し画像

【レシピ】プレスニッツ ☆ 甘口ワインと相性抜群!国境沿いの港街・トリエステの伝統的焼菓子(ハンガリーがルーツとも言われています)

プレスニッツ(Presnitz)

イタリアの最北東部フリウリ=ヴェネッツィア・ジューリア州の
州都であり、港街でもあるトリエステ(Trieste)の銘菓。
たっぷりのナッツ類、ドライフルーツ等の詰め物を包んだ焼菓子で、
ハンガリーがルーツとも、言われています。

月桂樹の王冠のような、ぐるりと巻いた形は、宗教的な意味を持ち、
以前は、キリスト教・復活祭の菓子として食べられていましたが、
現在は、一年中作られ、愛されています。


私が、このプレスニッツに出逢ったのは、10年以上も前。
2008年の夏でした。

この年のイタリア旅のテーマは、「北イタリアの国境沿いへ」。
ヴェネツィアから始まった旅は、まずは、北のオーストリアとの国境近くのドロミテに、その後、スロベニア国境沿いの港街・トリエステを訪れました。

お菓子屋さんで、初めて見た時は、なんと、大きく立派な焼菓子!と、目を見開いたのを覚えています。
購入して、帰国後すぐのレッスンで、皆さまに、試食頂いたのが、こちらです。

画像38

トリエステで購入したプレスニッツ

直径30㎝程、そして、長さは、なんと、60㎝もありました。

お店には、ひと口サイズのプレスニッツも置いてあったので、その場で頂く事に。

画像37

ひと口サイズのプレスニッツ

エスプレッソコーヒーと一緒に食べたのですが、
お店の方曰く「甘口ワインとの相性が抜群なんだよ」とのこと。

ふと思い出し、今回は、出羽桜さんの「貴醸酒」とも合わせてみました。

画像44

貴醸酒「SWeeeeeT」(出羽桜)と、プレスニッツ

和と洋のマリアージュ。
何とも言えない美味しさで、ちょっと、ハマりそうです。

******************

トリエステの旅行記は、こちらからご覧いただけます。



******************


そして、サブレ生地は、クッキー生地としても使って頂けます。

画像42

サブレクッキー

焼きっぱなしで、そのまま食べても良し。
甘さ控えめなので、チョコレートやジャム等をトッピングしても美味しいです。


それでは、作っていきましょう。

最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。

この続きをみるには

この続き: 3,091文字 / 画像40枚
記事を購入する

【レシピ】プレスニッツ ☆ 甘口ワインと相性抜群!国境沿いの港街・トリエステの伝統的焼菓子(ハンガリーがルーツとも言われています)

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
15
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、問い合わせ等はこちら→ https://albero-cooking.com/