見出し画像

【レシピ】冬にピッタリの煮込み料理☆グラーシュ

グラーシュ(Gulasch)

ハンガリー起源の煮込み料理で、
ドイツ、オーストリアでも作られている伝統料理です。
イタリア北東部に位置するトレンティーノ=アルト・アディジェや、
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州は、
以前、オーストリア領だったこともあり、地方料理として残っています。


グラーシュを食べたのは、トレンティーノ=アルト・アディジェ州にあり、ドロミテ渓谷の西の入り口の街・ボルツァーノ(Bolzano)でした。

訪れたのは、2016年のクリスマスの頃。
ちょうど、クリスマス・マーケット(Mercatro di Natale)も開催されていました。

画像39

ボルツァーノ(2016冬)

画像40

ボルツァーノのクリスマス・マーケット


マーケットに出店していたフード店で、テイクアウトしたのが、
この、グラーシュでした。

画像4

グラーシュ&クヌーデル
(Gulasch & Knödel )

大鍋で、何時間もコトコト煮込んだ牛肉は、ホロホロと軟らかく、口の中で溶けていき、スパイシーな味わいで、美味しかったのです。

添えてあるのは、じゃがいもとパンで作った団子・クヌーデル。
イタリア語では、カネデルリ(Canederli)と呼ばれています。 

ご飯、パン代わりというのでしょうか。
グラーシュと一緒に頂きました。

今回は、このグラーシュをご紹介します。
ただ、牛肉(塊)を、2~3時間も煮込むのは、なかなか大変なので、
もう少し時間短縮できる挽き肉を使います。

豚肉や、羊肉(ラム)を使っても美味しいですよ。
クヌーデルの代わりに、ご飯や、じゃがいものピューレを添えて頂いても良いですね。
パスタソースとしても使って頂けます。

画像30

ご飯に添えて

画像38

パスタソースとして



応用編では、カレー・シチューにも使われる煮込み用・牛肉で作るレシピをご紹介。
挽き肉を使うよりも、少し時間は掛かりますが、ポイントも含めて説明します。

画像1

画像2

煮込み用・牛肉を使って

今回も、料理脳を鍛えるべく、ポイントも盛り込んでいますよ。
それでは、作っていきましょう!


最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。

******************

グラーシュ ~ ドイツ風・煮込み ~
( Gulasch )

【 難易度 】★★☆☆☆
【 調理時間 】 約 60分  (煮込み時間・40分を含む)

この続きをみるには

この続き: 4,712文字 / 画像34枚
記事を購入する

【レシピ】冬にピッタリの煮込み料理☆グラーシュ

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
17
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/