見出し画像

モノではなく、文脈にお金(対価)を払うということ、と9月13日の日記

なんでもそうだと思うのだけど、ぼくらは目に見える価値(価格とか評判)に拘泥しがちだ。

昨日行ってきた、Wasei Salonのイベント、『文脈をコーディネートしよう』では、そういう世界の真逆にいるような、だいぶ心地よい空気が流れていた。

いつも思うことだけど、このイベントで会う人たちって、普段どこに生息しているんだろう笑

“自然体でいられる場”っていうのは、これからの生きていくうえで、必須のものになると思ってます。

「何かを得られる」とか、「著名な誰かに会える」みたいな、量的生産性ではなくて、その時間をどれだけ心地よくいられるか?が、どんどん大事になってくるような感じがしています。

イベントの中身については、ツイッターを順に辿るくらいにしておきます。

新商品の真ん中デニム『Spoke』をお披露目しながらの、ファッションへのこだわりを各登壇者が話していきます。

全然話が変わってしまうけど、この河野さん、ぼくが好きな動画メディア『Mc Guffin」のアドバイザーなどもやってて、かなりテンション上がったりした。

(この回がめちゃくちゃ好き!)

続いて、ホテルシーの金井塚さん。元々、知り合いではあったので、久しぶりに話ができて嬉しかった!

本人も言ってた、自分自身の好きの集合性を「コラージュ」っていうの、表現としてすごくハマっていたと思う。

いつも思うことだけど、言葉選びのセンスが本当にすごい。

最後は、「#服屋三浦」の三浦さん。

この人が、文脈のことを語ると止まらないの、すごく見ていておもしろい。

服の文脈と、自分の文脈の「リミックス感」をとても強く感じました。

総じて、めちゃくちゃいい時間だった上、メモとか写真を撮ってない分、その場の“雰囲気・空気”みたいなものを目一杯吸い込んできた感じがする。

写真とか、文章には乗らないけど、肌で感じる「時間空間」も、それを意識的に取り込むことで、自分自身、参加者自身の『文脈』になり得るようなぁ、とぼーっと考えながら帰路に着きました。

そしてぼくらは、モノそのものではなく、それを作り出した人や、空間、物語に「意味」を感じて、対価を感じるのだと思う。

あ、あと、すごく手短に、すごく控えめな感じで言っていたけど、、

エブリデニムのクラウドファンディング

『9/20』までとのことです!

現在、690/1000万円で、70%くらい。

ラストスパートの神輿担ぎをぼくもしようと思ってます!

9月13日(金)

朝、妻は先に出かけて、珈琲は淹れられず。娘を起こす前にnoteをアップ。

幼稚園に送り出して、有休とっていたのでそのまま出かける。SCAJに友人がたくさん関わっており、ビッグサイトへ。

途中、降りる駅間違えて、東京テレポートで降車&改札も出てしまう失態笑

はやくも、今日のハイライトを記録する。

その後、いろんな人に会い、珈琲のおしゃべりをして、会場を出る。

画像1

画像2

その後は、映画を観に新宿へ。

その後は、原宿へ向かい、上記のイベントへ。

普段の平日よりも、予定がいっぱいで、動き回った1日でした。


今日14日(土)は、島フェスのため、一路小豆島へ向かっています。

初の小豆島!たのしみ!





この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!noteでいただいたご恩は、noteに還元させていただきますね。

ぼくも読みに行きます!行きます!
14
会津生まれの会津人。妻はジャニヲタです。来年は、地元会津で珈琲活動をしていきたい。会津、ほぼ日、MOTHER2のラヴァー。『ことば』をたいせつに生きています。オウンドメディアに寄稿📝菊水酒造▶️http://brew-by.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。