珈琲考

春のコーヒー、届きました

遠く徳島から遥々と。

そして、手書きの文字って、なんでこんなにうれしいんだろうなぁ。

最近なんだか、気持ちの落ち込むような話が多い。そんな時は、飲んだことのない、おいしいコーヒーをたくさん取り寄せることにした。好きなものをずっと考えていたい。

テンションがもはや謎。

コーヒーを初めた頃からずっと気になっていて、これはもうお店に行くまでは飲まないでおこうと決めていたアアルトコーヒー。

でも

もっとみる
こーひーを のんでって ください 。
7

いつもと違うお店で買ってみる

「嗜好品」でありつつ、「生活必需品」でもある、コーヒー。

直接お店に行って、顔を見て、一言二言交わして豆を買うのが当たり前だと思っていたけど、どうもそれだけではじぶんのテリトリーを出ていかない。

行動が制限されている今のような時期は、さらにじぶんの動ける範囲が小さくなっていきそうで、ふと焦りのようなものを感じる。

こんな時こそ、気分を変える。

今一度じぶんの興味を深掘りしてみるべく、まずは

もっとみる
コメントは お気軽にどぞ!
5

天気が良いので散歩がてら少し歩いてランチ。そのあと、猿田彦珈琲へ来て、マンデリンを。取手の長〜いマグカップはオリジナルのもので、いつも持つ時、ちょっと戸惑う。いつものことながら、頭で考え過ぎず、足を動かして、景色を眺めていたい。会社で淹れるのとはまた違った、珈琲時間を。

『マガジン』のフォローも すごくうれしい!
3

「5rooms」って、語呂がいいな。

『マガジン』のフォローも すごくうれしい!
1

地元で初の珈琲屋をやって思ったこと、と11月9日の日記

そうなんです。

意外にも珈琲屋を地元でやるのは『初めて』だったのです。ほぉ、そうなのかと他人事のように思いました。

東京では何度も自分主催、もしくは他人主催のイベントに顔を出して、珈琲を淹れたりしているのですが、地元福島県では初めて。

そして、“aizulover”と言っているのに、須賀川市というおもしろい展開でした。

須賀川市の市民交流センター『tette』にて開催の『こちらパンフェスv

もっとみる
ぼくも読みに行きます!行きます!
13

渾身の一杯を淹れにいく、と11月8日の日記

さて、今朝は朝から準備。

福島へ移動の日。明日のパンフェスに合わせて、会場の下見をしたり、オリジナルローストしてもらった豆を受け取りに行ったり、提供用のカップを受け取りに行ったりする。

イベントを中心に活動をするということは、必然的に初めての場所がほとんどだということ。

お店を構えて、来る人を待ったり、人を呼び込んだりするのではなく、自分からその場に向かい、限られた条件の下で空間を作り、通り

もっとみる
『マガジン』のフォローも すごくうれしい!
7

非日常の連続の中で、と11月7日の日記

ちょっと時差があったり、普段と違った非日常にいたりすると、リズムを保つのが難しいですね。

今週は、明日土曜日に地元会津に帰り、翌日日曜日のイベントに備えて準備をします。

珈琲屋さんの仕事です。

キクチ食堂 こちらパンフェスvol.1
11/10sun 10:00-17:00
入場無料
須賀川市民交流センターtette
須賀川市中町4-1

ありがたいことに、パンの出店者さんたちに混じって、珈

もっとみる
コメントは お気軽にどぞ!
7

イベントのフライヤーができた、と9月27日の日記

📢パンフェスに出店します!🍞

主催の『キクチ食堂』さんからフライヤーのリリースがありましたので、まずは速報を。

まさかの『aizulover』での掲載で笑った。

インスタ経由で地元の知り合いにも告知を。

こういうのは、都度都度の、地道な繰り返しがだいじです。

(まだ、トンボ↓付いてるけど、お気になさらず。。)

今回、開催する会場が福島県の須賀川市という街の交流施設『tette(テッ

もっとみる
ぼくも読みに行きます!行きます!
8

さてさて。お店の“名前”について考えています。屋号って言うのか。自分の中で醸成されるタイミングもきっとどこかの地点であるのだとはいえ、ベストな回答なんかないし、その時々での自分のウチとソトのリミックスでしかないと思う。今まで、自分自身がいいなと思った名前って何だろう?

毎日書きます!よろしくお願いします🤲
4

落ち着きを取り戻す季節、と9月18日の日記

昨日、「コーヒーハウス」のことを書きました。

なんだろう。

もう一度、自分の目指したい場のあり方を考えたいのと、あとは「屋号」について考えたいと思ってます。

(こういう時に接する情報は、あとあと効いてくること多い。)

リネンのブランドをやっている友人とも色々とこの先のことを話して、展示販売会などに併設して珈琲を淹れるのとかやりたいなと思っています。

そんな時に「お店」の名前はやっぱりあっ

もっとみる
コメントは お気軽にどぞ!
4