空港人

信州松本在住。松本大好きオジサンです。 世界の誇り、松本城、北アルプス、そして松本山雅FC。 松本山雅は2004年から試合を観ているはず(けど証拠写真がない) 旧Blog:https://airportman.blog.ss-blog.jp/

空港人

信州松本在住。松本大好きオジサンです。 世界の誇り、松本城、北アルプス、そして松本山雅FC。 松本山雅は2004年から試合を観ているはず(けど証拠写真がない) 旧Blog:https://airportman.blog.ss-blog.jp/

    最近の記事

    固定された記事

    J3リーグを楽しむ! 楽しめる?

    少し前に元コールリーダーのYへい君が「楽しまないと損ですよ」って熱く語ってて、本人はその言葉通りアウェイ相模原の試合後思いっきり楽しんでいて、自分が前から思っていたことと合致したので、忘れないうちに書きます。 今松本山雅が戦っているのがJ1リーグなら「楽しみ」が多いことは自明かと思います。たとえ山雅が残留争い必至であると分かっていたとしても。 現実は松本山雅が所属しているのはJ3リーグ、日本のプロサッカーリーグでは一番下のリーグです。 J3リーグが開幕して1カ月経過しま

    スキ
    37
      • 育成世代 RAZUSO現状

        気が向いたのでまた書きます。 他のJクラブでは当たり前なんですが、松本山雅もここ数年で下部組織からトップチームへ2種登録や昇格する選手が増えてきました。もちろん全員が上がれるわけでもなく、そこがゴールという訳でもありません。ただ下部組織にいるからこそ、より高みを目指す選手が大勢いて、サッカーとその他様々なこと(人格形成、人間関係などなど)について切磋琢磨しているのが育成組織だと信じて疑わないのです。 メディアでも取り上げられることが少ないですし、我々サポーターも積極的に情

        スキ
        4
        • 雷鳥は頂を目指す ~リアルアルプス一万尺を踊ってきました~

          気が向いたのでまた書きます。 新型コロナウイルス感染が云々…で八戸戦は「もう少し頑張りま賞」敗戦だったり、指揮官が感染しちゃったりで重要なアウェイ3連戦に暗雲立ち込めており、と松本山雅の分岐点がこんな悔しい状況になるとは…と思いつつ、ここでへばっても仕方がないので、次節へのやる気をみなぎらせるために… リアルアルプス一万尺を踊りに行ってきました(山雅夏ユニ 2022verで) エビデンス(最近の流行り)はこちら。 色々書いてもアレなので美しい景色をご覧ください。行って良

          スキ
          6
          • 雷鳥は頂を目指す ~リアルガンズに会ってきました~

            気が向いたのでまた書きます。 後半戦の初戦・いわきFCとの対戦が中止となったことを受けて、急きょ北アルプスへ日帰り登山に行ってきました。通常は素晴らしい眺望を求めて、なんですが、今回は天気が良くないことは予報で分かっていました。 では、どうして登山(しかも日帰り)に行ったかといいますと…理由はたった1つ。 「雷鳥に会いたい!」 (注意!)このエントリーを見て登山をしてみたい!と感じてもらえるととても嬉しいのです。ただ、優先すべきは安全第一。登山用の装備は万全にしてチャ

            スキ
            7
            • 育成世代 RAZUSO現状

              スキ
              4
              2日前
              • 雷鳥は頂を目指す ~リアルアルプス一万尺を踊ってきました~

                スキ
                6
                9日前
                • 雷鳥は頂を目指す ~リアルガンズに会ってきました~

                  スキ
                  7
                  2週間前
                  • 分岐点 2022 ~アルウィンの雰囲気~

                    『北の国から』風タイトルつけてみました。えっ知らない? そうか最後の放送は2002年だったか…。 気が向いたのでまた書きます。 初のJ3リーグ参戦。34試合中17試合を無事終えました。 トップチームに関して現状をまとめるとこんな感じ(7/19時点)。 フロント・監督・コーチ・スタッフ・選手の皆さん奮闘してくれています。 観客動員の面では我々応援する者ももっと頑張らないといけませんね。  成績:17戦11勝4分2敗 (目標2位以上)  平均入場者数:7,963人(目標1

                    スキ
                    23
                    • 連勝記録

                      気が向いたのでまた書きます。 昇格するクラブに共通する項目として、「連勝ブーストを経験している」という共通項があるそうです。たぶん新聞情報だったと思います。 実際にどうなのか、気になったので、2016年-2021年(J3)の期間限定で調べてみました。 確かに優勝しているチームは5連勝以上しているんですね。秋田の開幕9連勝は記憶に新しいところです。加えて、優勝するチームは2連敗が1回まで。「連敗しないこと」は確かにその通りなんだなあ、と。 結果だけではなく内容も求めてい

                      スキ
                      11
                      • チームカラー

                        松本山雅サポーターの皆さんが思わす選んでしまうのって何色でしょうか。えっ?愚問? 気が向いたのでまた書きます。 小さい頃、秘密戦隊ゴレンジャーの中でミドレンジャーが好きでした(ネタじゃないです、マジです)。信州で過ごしていたからか、緑色は身近にある色でしたし、四季を感じる色でもありました。春は若葉、夏には深緑、秋はくすみ系緑、冬にはほぼ灰色に近い緑。 私が松本山雅に出会った2004年(だと自分は思っている、けど証拠写真がない…)、地元松本に地域に根差したクラブがあると教

                        スキ
                        9
                        • 2022年版 松本山雅の楽しみ方

                          気が向いたのでまた書きます。 ここまでホームゲームを何試合かやってみて、昨年からの違いに気がついた方も多いのではないでしょうか。 それは、アフターコロナを見据え、アルウィンに「行きたくなる」「明るい」「楽しい」雰囲気が着実に戻ってきていることです。100%じゃないですけど。 例えば… ・ガンズくんとふれ合うガンズマニアの皆さんの姿が増えてきた。 ・(いわき戦)Jリーグ研修で、野々村・稲福・薄井・二ノ宮の4選手に気付き、嬉しそうに声掛けするサポーターの皆さん。 ・貴賓席を

                          スキ
                          29
                          • 「1万人でOneSou1大作戦」

                            気が向いたのでまた書きます。 J3リーグも34試合中13試合、3分の1が終了しました。  13戦7勝4分2敗(2022/6/20時点)   Home:6戦3勝2分1敗   Away:7戦4勝2分1敗 監督コーチスタッフ選手の皆さん、トップチームが掲げた目標達成のために、頑張ってくれています! ところで目標とする成績以外に、2022年当初に松本山雅FCが出している目標を皆さん覚えていますでしょうか? 「クラブとしては今シーズン、平均入場者数1万人、クラブガンズ会員1万人を

                            スキ
                            16
                            • 喫茶山雅 飯田店 に行ってきました

                              気が向いたのでまた書きます。 2022年6月9日にオープンした喫茶山雅の飯田店に行ってきました。その報告です。写真で紹介するくらいなのですが、雰囲気が伝わって「一度行ってみたい!」と思っていただけると幸いです。 その前に… 実は松本山雅FCは飯田市でリーグ戦を開催しているんですよ。 2010年JFLの第4節ホーム(SAGAWA SHIGA FC)戦。 さて、なぜ喫茶山雅の飯田店に行ったかと言うと…6月9日にオープンしたばかりで早めに紹介したかった…6月11日の藤枝戦勝

                              スキ
                              23
                              • 名波とアルウィンと私

                                呼び捨て、お許しを。平松愛理の「部屋とワイシャツと私」をパクりたかったので。えっ、知らない??? それは世代ギャップってやつです(笑) 気が向いたのでまた書きます。 名波監督と私は同じ年代(1972年生まれ)。同世代の人は何が何でも絶対的に応援してしまう私です。たまに叩く軽口は心配なんですけどね(笑) 面識があるわけではなく、一方的に応援・サポート・熱を送っているわけですが、いつ頃から名波浩という人物を知っているのだろう?と、先日ふと思いつき、今回noteのネタにしてみ

                                スキ
                                24
                                • アウェイ観戦の楽しみ方 ホームタウンを楽しむ!?

                                  気が向いたのでまた書きます。 今回は「アウェイ観戦の楽しみ方」について。 検索すると色々ヒットしますね。 アウェイ観戦(試合)の前後に観光を兼ねて、というのが定番だと思います。試合に勝利すれば記憶に残るし、負けても「観光メイン!」と強がりを言いながら楽しめちゃいます。 もう1つ楽しめそうなのは、その道中。時間短縮なら飛行機や新幹線を利用し非日常を味わえますし、仲間内でなるべく低予算でというなら相乗り自家用車。高速道路使っての移動中の会話も楽しいはず。 究極は一般道使っ

                                  スキ
                                  10
                                  • トップチームを支える 育成年代

                                    気が向いたのでまた書きます。 こちらをご覧いただいている方は、ほとんどが松本山雅を応援している方だと思います。その「松本山雅FCを応援しています!」は、ほぼ「トップチームを応援している」を指すんだと思います。トップチームがメインディッシュであり、クラブの稼ぎ頭であることは間違いないので、当然のことかもしれませんね。 ここ4~5年、トップチーム以外にも視点が行く場面が多くなってきました。それが育成年代(下部組織)です。話はそれますが私が育成年代の重要性を意識し始めたのは、元

                                    スキ
                                    18
                                    • 宴のあと

                                      気が向いたのでまた書きます。 (大したこと書いてないです。久々のダービーマッチを経験したものの整理ができてなくて整理するつもりもないのが正直なところ。気持ちは先に向いています。) 2週連続のダービーマッチが終わりました。 11年前とは違う環境での試合であり、分からないと思っていましたが、いざ当日となると、かつてと違う気持ちで対戦を迎えていました。 山雅プレミアムの大枝編集長の言う通り、新たな「第2章」の幕開けでしたね。もちろん「負けられない!」という思いは何章であろうと

                                      スキ
                                      27
                                      • +2

                                        北アルプス

                                        • ダービーマッチ

                                          気が向いたのでまた書きます。 ダービーマッチが近づいてきました。 初めに書いておくと、これから書く文章、醒めた感じに受け取られるかもしれません。ただ個人的にはダービーマッチが近づいてくれば、誰に言われなくてもソワソワしはじめて、前日は眠れなくなり、スタジアム入場時には高揚感マックスで、試合がはじまれば本気度を最大化させてくれる場になると思ってます。でも表情には出しません(笑)。 昔のダービーマッチとは趣は異なってきており、前のようにはいかないし、今は今の時流に乗るしかな

                                          スキ
                                          17