Eme suzuki(からだのアトリエ バオバヴ )

おどったり、からだを整えるワークショップを行なったり、子ども達とヨガをしたり…… 様々な身体表現にまつわることをライフワークとしています。noteでは、療育に関するからだの勉強会やWSのレポート、観察日誌等を掲載しています。(参照HP:baobab-karada.com)

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.34

4月のバオバヴカフェは、からだとこころの関係について、長年取り組まれている方の参加があり、ポリヴェーガル理論から、多岐に話が拡がりました。その中で、「今年から法…

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.33

今回は、以前から気になっていた、ポリヴェーガル理論を中心にお話。 どんな理論かというのは、下記の、花沙さんからの内容に譲るとして、 私が気になるのは、ここが、意識…

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.32

昨年11.12月のバオバブカフェの様子について・・ちょっと遅くなりました。 11月は「MSPA」という検査法についてシェア。12月は「臨床心理士と公認心理士について」や「兄…

2022年のバオバヴ活動について 1

新しい年、いかがお過ごしでしょうか? 昨年はコロナ禍で、「からだのアトリエ バオバブ」の定期企画もままならない時期もありましたが、少人数で継続してきた2021年。 …

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.31

10月のバオバヴカフェでは、改めて「疲れやすい」からだについて、考えてみた。その中で、自分を忘れて水の中にいるような感覚の話だったり、チックのような身体の状態変化…

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.30

前回に続き、書物(「みんな水の中」横道誠)を読み進め、後半は、運動療育についての話題へ。 今回は、教育がご専門の大学の先生もご参加いただき、身近な話題が、歴史的…