Eme suzuki(からだのアトリエ バオバヴ )

おどったり、からだを整えるワークショップを行なったり、子ども達とヨガをしたり…… 様々な身体表現にまつわることをライフワークとしています。noteでは、特に、療育に関係したワークショップのレポートや、現場での観察日誌のようなものを掲載しています。

療育にまつわる「からだ」へのまなざし vol.24

今回は、発達凸凹さんを子育て中の方にとって「日々、忘れないようにすることって・・」という、なかなかナイーヴな課題を扱う時間となった。発達凸凹(でこぼこ)さんと書…

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.23

私の中で、意識して、あえてしないようにしていること、というのがいくつかある。その中の一つが、「あえて言語化しない」という態度だ。それは、「整理しない」ということ…

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.22

2021年の2日目。このテーマで書くようになって、2年が経ったのだと振り返る気持ちにさせてくれるのが、お正月のありがたさ。 現場で発生する「まなざし」は、決して一様で…

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.21

子供たちの成長は、日々の積み重ねの隙間に、大切な表情が見え隠れする。そこに気づけるのは、一番子供と共に過ごす時間の長い人になるだろうか? 具体的なエピソードがた…

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.20

「他人を傷つけてしまっている」ということと、「本人が苦しんでいること」は、分けて考えてみるところから、はじめてみるということ。と、いささか、突拍子もない言葉から…

療育にまつわる「からだ」へのまなざしvol.19

オンラインでの実施、5回目。短い夏休みも終わったりで、子どもたちの近況から。 案外、短い夏をそれなりに受け止めて、たくましく、たのしみを見つけて、生きようとする子…