新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

【COVID-19 Hackathon】福島の飲食店を応援する!会津大学生がつくるテイクアウト飲食店プラットフォームアプリ

(5月10日追記)
皆さん、はじめまして!AAA代表の鴫原です。
いつも応援していただいている方はいつもありがとうございます!
はじめての投稿なのに、ここまで多くの方々にすき♡を押していただいて本当に驚いています!

4月末にこちらの note 記事で公開したアイデア『福島テイクアウトマップ』をAAAで開発し、無事に完成することができました!

アプリの使用方法や特徴についてYouTubeで動画にまとめました。
気になる方や私達の想い、今後の展望について興味のある方はぜひご覧ください。

スクリーンショット 2020-05-11 0.21.50

この紹介スライドについては【コロナウイルスにITで立ち向かう!第2段発表資料】として note 末尾に添付しております。ご確認ください。

AAA公式サイトでのプレスリリースはこちらからご確認いただけます。

飲食店の皆様へ 【掲載は無料です】
こちらのアンケートにお答えいただければ掲載しますので、お気軽にお送りください。

またこのアイデアに対して賛同いただける多くの方がこのnote記事に「すき♡」を押してくれています!本当にありがとうございます!
初めての方もぜひ ♡ を押して下さい!会津大学のコンペティションに出場しており、この♡の数が私たちにとって励みになります。
よろしくお願いします!!

福島テイクアウトマップ.001

==================================

みなさん、こんにちは
会津大学公認団体 Aizu Active Association (通称AAA)です。

今回はコロナウイルスによる感染症拡大に伴い、会津大学でアイデアソン/ハッカソンをオンラインで開催されることになりました。そのエントリーとして note を通じて投稿させていただきます。

画像11

はじめに 【AAA とは】

AAAは学生が会津地域でActiveに活動することを目的とした会津大学公認部部活動団体です!団体理念にあるとおり「やりたい」を実現するために、基本的に何でもやる団体ですが、ビジョンは「会津最大のコミュニティの創生」に向けて活動を行っています。

画像1

普段の活動としては「田植え」を行う #tanbo プロジェクト
中高生の頼れる相談相手としてピア(仲間)カウンセリングの資格を取得し、学校教育現場へカウンセラー派遣され活動する #peer プロジェクト
ただそこに山があるから山登りを行う #mountain プロジェクト
ゆる〜くキャンプを行う #yuru-camp プロジェクト
などなどがあります。 

今回は全国のハッカソンに出場経験のある #hackathon プロジェクトのメンバーで会津大学のこの先進的な取り組みを盛り上げるためにActiveに参加させていただきました!学生の考えたアイデアなのでツッコミどころはあると思いますが、ぜひ楽しんでいただければ幸いです。

私たちのプロダクトの意義

会津をはじめ、福島は観光業が盛んです。
特に会津若松では城下のもとに飲食店がたくさん栄えており、飲食業全体の業界売上高は126億円(最新データ:2016年)あります。

しかし、今回コロナウイルス感染症拡大に伴い、自粛/休業に追い込まれ、営業していても店内はとても寂しい状況です。これが東北で仙台に次ぐと言われる街の姿と思えば、悲しくて仕方がありません。

飲食店の経営者の方々はお1人お1人、なんとかできることを模索して取り組まれていますが、この状況の中で会津大学生としてAAAができることがあるのではないかと思い、今回のプロダクトを考えました。

スクリーンショット 2020-04-21 1.43.12

今回のプロダクトを考える上での「ペルソナ」と「ニーズ」

上記を踏まえ、会津若松で飲食店経営を行っている30歳前半の男性と定義しました。ITは普段TwitterとInstagramで、YouTubeでお笑い番組をスマホで観る、目的地に行くためにはGoogle Mapは使えるごく一般的な30代をイメージしています。

今回コロナの影響で来客数は急減。客足が遠のいていることを受けて、Take outをはじめましたが知名度が低く、SNSをはじめてみましたが売上に直結している印象はない状況です。

ニーズとしては、より多くの人にお店の情報を宣伝したい。できればSNSも、自社紹介サイトもはじめていき、PV数をもっと稼ぎたいと思っているところです。

スクリーンショット 2020-04-21 1.48.18

私たちAAAが見つけた「インサイト」

そこで私たちは想定されるペルソナに対して、以下のインサイトを特定しました。
飲食店経営者の方々は各自でできることを行っていますが、各自だけで行う状態では情報が離散している状態で、頑張る飲食店の情報をあまり知られずに情報の海に飲み込まれてしまう可能性が高いです。

そこで私たちがテイクアウトをしている店舗のプラットフォームアプリを作成し、売上が減少している中でもなるべく宣伝広告費をかけずに告知ができる場所を提供する。さらに、福島中の店舗を掲載することで、いろいろな人がまとめて見ていただくことで、1店舗でやる以上にPV数も稼げるようになるのではないか。

また経営者のみの発信だけでなく、利用者も掲載をお手伝いできる仕組みをつくれば、会津のみならず福島全土の地域プラットフォームをつくることができるのではないかと考えています。

スクリーンショット 2020-04-21 1.53.07

「はじめに」でご紹介したとおり、幸いにもAAAには地元の農家さんや経営者の方々との人脈ネットワークがあります。そこを活かし、網羅的な掲載するためのデータベースづくりを一刻も早く実現し、官民+学生でオール福島のアプリケーションを作成できればと思います。

画像5

利用方法について

利用方法は簡単で、スマホやPCからGoogle Formを介してデータをアプリ上に反映するアプリケーションをつくります。

そうすることで一般ユーザーも、飲食店経営者も簡単に情報登録ができます!【情報登録はこちら

スクリーンショット 2020-04-21 2.00.20

私たち会津大学生とは

今回、会津大学のハッカソンということで発起人である私たち(一般的な)会津大学生はとにかく時間がなく自炊は好きではない人種です。

スクリーンショット 2020-04-21 2.02.01

そんな中で飲食店の自粛は私たち、会津大学生にとっては学業や研究、バイトのための時間を奪われ、「地元の味を知る」機会を奪われています。
このアプリをつかえば、学業や研究を妨げず、手軽に食事を楽しむことができます!

さらに、自粛が続いているサークル活動でもメンバーみんなでテイクアウトを行えば、会津の名店の味をZoomでみんな楽しみながらバーチャル懇親会を行うことができます!!
オンラインで話すだけでなく、リアルの場で同じ食事を楽しむことができればよりコミュニケーションと心理的なサポートを行うことができるのではないでしょうか?

画像8

将来展望

現在はテイクアウトのみに言及しましたが、今後はデリバリー情報を付与して、地域版のMaaSサービスアプリとして展開することや、Afterコロナ時代に必ずやあるだろう宿泊施設や観光施設の補助政策実施時にオトク情報をこのアプリに入れることで会津・福島の観光データプラットフォームをAAAで持つことができます!

スクリーンショット 2020-04-21 2.08.28

いかがでしたでしょうか?
第2段に向けて鋭意開発中のアプリとなりますので、次回の発表時にこのアプリの実際の動作をデモなどを通じてご紹介できればと思います。ビジネス面でも協業などの議論をAAAでは進めております。

もしこのアイデアに興味のある飲食店経営者の方やメディア機関の方々はaizu.active.association[at]gmail.com か、TwitterのDMでご連絡いただきますようよろしくお願いします。

また、このアイデアに対して賛同いただける方はこのnote記事に「すき」をお願いします!この♡の数で入賞が決まるらしいので。笑
皆さんで会津をもっとActiveで面白い場所にしていきましょう!

画像10

AAA公式サイトはこちら
AAAに興味のある新入生はこちらをご覧ください!
最新情報の活動情報はTwitterをご覧ください!

#ハッカソン
#会津大学
#online_hackathon
#UnivOfAizu


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わたしもスキです♡
286
会津大学公認部活動(サークル)団体Aizu Active Associationの公式サイトです。学生の「想い」を実現する場所。一人でも多くの学生に"Active"に活動することの楽しさや感動を伝えていくために、あらゆる分野で日々活動を続けています。
コメント (4)
地元の方にたくさんヒアリングしたのか、ペルソナ・インサイトがしっかり抑えれててすばらしいですね!投稿する飲食店が手軽に簡単に投稿できるか、見る側が楽に早く食べたいものをタップできるか、作り込みが楽しみですね!頑張ってください!
おざまささん
コメントありがとうございます!頑張ります!
はじめまして。

> 各自だけで行う状態では情報が離散している状態で、頑張る飲食店の情報をあまり知られずに情報の海に飲み込まれてしまう

まったくその通りですね。情報が離散してしまう上、そもそもネット展開すらしていないお店では伝達の手段にも困ってしまうなか、確かに有効なものと思います。

すでにアプリが稼働していてかつ、コンテンツもどんどん拡充させているのも素晴らしいの一言に尽きます。すでに業務提携なども進んでいるように見受けられ、ビジネス展開も待った無しといったところでしょうか。

スケールの観点で言えば、この取り組みはテイクアウト情報の取得に限らず、いままでネット展開していなかったお店へのリーチとしてもとても大きなポイントがあると思います。

有効性、実現可能性、拡張性どれをとっても申し分がないように思います。これからの発展にますます期待が膨らみます。がんばってください!

>さくしゃくさん

コメントありがとうございます!
ようやく掲載店舗数も100店舗を超え、ユーザー数も5,000人を突破しました。
今後も持続的な継続性をいかに持たせてサービスを行っていくか、しっかり考えないといけないと感じていますので、さくしゃくさんがまさに言っていただいている、これからの発展に期待頂けるよう、今後も頑張ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。