+6

SPAJAM2021で優勝しました🗻

こんにちは、NAISTで修士2年をしている@_DS_Storeです。 現在、株式会社ZOZOでiOSエンジニアとしてアルバイトをしています。 本記事はZOZO Advent Calendar 2021の2日目の記事です。 SPAJAMの参加は今年で2回目なのですが、初めて本選に出場してさらに優勝までできたので作ったプロダクトや感想などを残しておこうと思い記事を書いています。 ※研究室メンバーで参加したため、ZOZO所属は自分だけです。 そもそもSPAJAMとは SP

スキ
9
+2

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第282回 「ハッタツソンの審査員を担当するのでハッタツソンの主催者をお呼びしたよ!!」ってお話

登場人物 過去記事マガジンも作ってます本編[く] こんばんは。くらげです。 [寺] こんばんは。寺島です。 [く] ちょっと唐突なんですが、12月3〜5日に開催される「ハッタツソン」というイベントで審査員をすることになりました。それで急遽、そのイベントの告知のためにハッタツソンを主催・企画している合同会社Ledesone(レデソン)の代表であるTenさんにお話を伺いたいと思います。 [寺] 本当に唐突ですね!前置きもなし?(笑) [く] すみません、文字数が(笑)で

スキ
11
有料
200

日々是くらげ16日目「ハッタツソンというもので問題の解決策をいつもと違う角度からつついてみるといいかもよという話」

本日は一昨日昨日と旅行に行っていたためにたまっていた仕事や仕事に準じるものの処理に追われている。とりあえず目処がたったのだけども、体力はともかく目が限界を迎えている。ライター稼業は目が命なところがあるけども、目がまっさきに衰えやすい仕事でもある。私の場合は聴覚に障害もあるので目が見えなくなることは割と具体的な恐怖であるので少しでも目を悪くしたくはないのだけど、スマホ中毒・活字中毒ということもあって可哀想なほどに目を酷使している。そろそろ過重労働に耐えかねた目がストライキを起こ

スキ
5
有料
100
+8

Niantic Lightshipの先行ベータ版AR開発イベントに出場しました!

こんにちは! AR開発を行う株式会社DENDOHの編集部長の長峯です! 先日、ポケモンGOやピクミンブルームを提供するAR業界のリーディングカンパニーNiantic社からAR開発者向けキット「Lightship ARDK」が公開されました! 実は以前、弊社DENDOHは(株)電通のXRX STUDIOさまと合同で、Niantic社主催のAR開発イベントでLightship ARDK(以下ARDK)のベータ版を用いた開発の機会がありました。その時のことを振り返り書いていきた

スキ
10

11月13日のサウンド

ミニハッカソン終えて! 妻との会話をメモに残しました!

スキ
3
再生

ミニハッカソン!!

Googleスプレッドシート×LINE Bot連携させてみました! 今回のテーマは、「お風呂あがってから、寝るまでの間で自動化できるもの!」 制作したものは、テレワークで太り気味で毎日寝る前に食べたものを書いているので、 それを自動化してみました!!! ハッカソン本番で結果が欲しい!(笑)

スキ
9
+1

【続】プログラミング未経験者だったけど、初ハッカソンで賞をもらった話。

 初めて参加したハッカソン! 奇跡が起きて賞をもらったのですが、他の皆さんのとても面白かった作品も、忘れぬうちに紹介しちゃいます! 参考までに、前回の記事はこちら。 記事の中にMY作品もあるよ♪ ①タバコ吸いたけりゃ腕下げんなよ  筋トレをしながらタバコを吸うことで、体への影響はプラマイゼロ! 解説冒頭から意味不明です。距離センサーで腕との距離を測るなら、私なら椅子や机にセンサーを固定しそうですが、ランニング用のアームポーチにわざわざ距離センサーを付けて、謎にポータブル性

スキ
8
+16

都知事杯オープンデータ・ハッカソン開催~参加者大募集!~

都政の構造改革では、行政が保有するデータを積極的に公開し、シビックテックや民間企業等に活用いただくことで、都民のQOL向上につなげていく取組を行っています。 この取組を加速するため、この度、東京都のオープンデータを活用して行政課題の解決に向けたデジタルサービスの提案を行う「都知事杯オープンデータ・ハッカソン」を開催することになりました。 現在、令和3年12月8日まで、参加者を大募集中です! 今回のnoteでは、このハッカソンの概要と、東京都のオープンデータの取組について

スキ
25
+2

プログラミング未経験者だったけど、初ハッカソンで賞をもらった話。

 ハッカソンとは「プログラミングのアイデアプレゼン大会」のようなもの。午前中テーマが発表になり、指定された機材で制作、なんと夕方には参加者全員がオンライン上で発表を行います。すごい短期決戦!! 今回初参加したので、感想を綴ります。 「ハッカソン」(hackathon)とは、広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語で、もともとはプログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが、マラソ

スキ
11

はじめてのハッカソンに挑戦しました!

今回、はじめてのハッカソンに挑戦しました! そこでの体験をレポートしていきたいと思います。 ハッカソンとは?そもそもハッカソンって何か?というと、 ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせて造られた造語です。ITエンジニアやデザイナーなどが集まってチームを作り、特定のテーマに対してそれぞれが意見やアイデアを出し合います。そこから決められた期間内でアプリケーションやサービスを開発し、その成果を競い合うイベントです。その開発の際にはマラソンのように数時間か

スキ
8