見出し画像

たっぷりこさえる鶏団子。

持論だが
夏場に冷しゃぶばかり作る人は
冬場は鍋ばかり作る。
そして、俺もその1人で、週に1回以上は鍋をしている。

我が家は数年前まで色々な種類の鍋を試したが、ここ最近はシンプルな物に落ち着いている。

最も多いのは
鶏、白菜、大根、豆腐、葱、きのこ、ごぼう、生姜かな。
大根おろし、刻み葱、ポン酢、柚子胡椒、を好みで合わせて食べる。
水炊きのように白濁はさせず、昆布1枚と具材の旨味で淡いスープにしている。

ある程度バランスが整っておれば、色んな野菜や肉が合うし、味付けも色々出来る。

ごぼうと鶏の相性が最高なんだなぁ。

画像1

そして、そんな鍋に置ける人気の万能選手鶏団子だ。

塩、醤油、味噌などの和テイストはもちろん、キムチ鍋やトマト鍋などにも合う。
老若男女が好きな味だし、コレがあるとテンションが上がる。


市販でも鶏団子は買えるのだが、自分で作ると
沢山食べれるし、ゆで汁も美味いし、好きな具を混ぜれるし、と良い事が多いのでこさえる。

大量に作って冷凍しておくと超重宝する。


何度も作りまくってたら鶏団子作りはかなり上手になった。
そこいらの市販のより確実に美味い自信がある。

画像2


・材料

(基本)
鶏むねひき肉:500g
鶏ももひき肉:500g
長葱(みじん):1本
干し椎茸(みじん):10g
生姜(おろし):10g
長芋(おろし):50g
卵:1個
片栗粉、ごま油:各大さじ2
醤油、酒、みりん、砂糖:各大さじ1
塩:小さじ1

基本はこんな感じ。
これでも、美味しいし色々と合わせやすい。

が、自分好みにカスタマイズできるのが、自家製の醍醐味。
俺が好きな味では

5mm角程度に刻んだレンコンや長芋、粗刻みにした海老、魚のすり身、しそやシソの実、有馬山椒、軟骨、柚子、干し海老、、、、などなど。
食べる人の好みや、使う料理似合わせて混ぜる。

過去に色々やった中で美味しかった組み合わせは↓

(応用)基本に足す
レンコン(おろし):50g
レンコン(5mm角);50g
海老(粗刻み):100g
生姜(微塵切り):20g

おろしレンコンを入れる場合は片栗粉を半分にする。
生姜はおろしても美味いが、みじん切りにすると存在感があって良い。
レンコン、長芋はもちろん皮ごと。

長芋は滑らかさと、ふわふわ感を。
レンコンはしっとり感。
角切りにして入れるとアクセントに。

魚や海老のすり身を入れると、しっとり仕上がる上に、特有の甘味が出るので美味い。



・作り方

画像3

①鶏挽肉に塩をして混ぜる。

冷たい内に合わせるのが大事なので、他の材料の用意を済ませておくこと。
肉のタンパク質が結着して粘りが出てくる。

画像4

こんな感じ。
具材少なめが好きな方は、肉の粘りだけで丸くなるから、片栗粉がなくても出来る。

画像5

②具材を混ぜていく。
片栗粉、卵、調味料は後から合わせると良い。

画像6

こんな感じ。
具材は細かいと丸くしやすい。

③調味料などをいれる。

具の量や粘りを確認し、卵や片栗粉を足す。
調味料は規定量より少なめにして合わせ、少しレンチンして味見する。
まとめて作る時は、いつも以上に味見をすると後悔しない。

画像7

画像8

生の海老は高いので、干し海老を使うことも多い。
実際うまみはこっちのが強いし、使い勝手が良い。

ただし、乾物を混ぜる場合は、混ぜた後に時間をおいて吸わせること。
もしくは先に水で戻して置くこと。
干し椎茸は水戻しした方が美味い。

写真くらい、荒い具材だと丸めにくいが、歯応えがあり、具の主張もしっかりしているので好き。

画像9

④丸める。

出汁(水でも可)、酒、みりん、薄口醤油(塩と濃い口でも可)、を合わせ、スープにしては少し薄いな位にして
沸騰させ、火を消す。

熱々のツユに、ポコポコ種をいれ、鍋一面が埋まったら、弱火で茹でる。

画像10

茹でて火が入ったのを確認したら、バットにとって冷ます。
冷ますときは、濡らしたキッチンペーパーをかけておくと、表面が乾かない。

コレの茹で汁がまた美味いんだなぁ。
煮物の汁に最高。
今日はコレに昆布と鰹を足しておでんの汁に。
最高だから、絶対捨てないでね!!


・丸め方

団子の丸め方は様々だ。
スプーン二つ、ビニールから絞る、手で丸める、、、好きなやり方がいいだろう。

俺は手とスプーンを使うやり方が好きだ。
大量に作る時はコレが一番早くて美味い。

左手に一口分の種をいれ、小指から人差し指の順で握って、飛び出てきた部分を、右手に持ったスプーンでこそげる。

この時、スプーンは水で湿らせておくと、表面がツルッとする。

言葉で表すのは難しいので、YouTubeなどで探してみてください。
多分あるはず。

といっても、このやり方は練習して慣れないと難しいので、ガンバ!!

慣れると、ほぼ同じ大きさで出来ます。
全部15gで500個とかやってた。

画像11

しっかり冷めたら、近日中に使う分以外は冷凍しちゃう。
バットにオーブンシートを敷き、重ならないように並べて冷凍。

固まったら、剥がして、容器に入れて保存。
バラバラになるので、すぐ使えて便利。

画像12

・鶏団子がある幸せ

・なんだか、メインが弱いなぁって時の汁物に!!
・鶏照り焼きや、焼き鳥丼のおまけに!!
・トマトパスタに!!
・焼いておつまみやおかずに!!
・弁当に!!
・野菜の煮物に!!
・炒め物に!!

なにかと便利。
あるとなんか特別感があって良い。


画像13

今の我が家の冷凍庫には3キロ近くあります。
コレがあれば、今期の鍋は楽しめるかな??

今日のおでんも最高だったし、、、
しばらくは買い物での悩みも少しだけ解消されるかな。

画像14

嬉しいわ~~!!
うん、今日はここまで。
時間があれば是非、つくってみてね~~!!

この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたお金は、食の未来の為に使います!

ピーマンの種とワタは栄養満点!
289
これ以上食品ロスが増えると、大好きな料理ができなくなるから、食品ロス削減運動をしています。たまに投稿するInstagram https://www.instagram.com/1ove_f00d/?r=nametag 地味で滋味深い料理が好きです。

こちらでもピックアップされています

作った料理
作った料理
  • 90本

料理人としての料理

コメント (2)
めっちゃ美味しそうでいいですね、鶏団子作るの今度チャレンジしてみます。
私も冬場はやたらと鍋をつい作りますがたんぱく質がつい無いコタ無いけど不足しがちなので…見習いたいです。『こさえる』という言葉がなんとなく、あったかみがあって…じ~ん…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。