評論

289

Is the TPP a New Field of Conflict between China and Taiwan?

Yesterday, Taiwan's President Tsai Ing-wen announced that Taiwan has applied to join the Trans-Pacific Partnership Agreement (TPP).

Since taking office in 2016, President Tsai has wanted to join the

もっとみる
ぜひご感想もお寄せください!

「TPP加盟申請」は中台の新たな角逐をもたらすか

本日、台湾の蔡英文総統が環太平洋経済連携協定(Trans-Pacific Partnership Agreement: TPP)への加盟の申請を行ったことを表明しました[1]。

2016年に就任して以来TPPへの加盟を希望してきた蔡総統にとって、9月16日(木)に中国が加盟を申請したことが契機となり、今回の措置となったことが推察されます。

中国はすでにTPP事務局を担当するニュージーランドに申

もっとみる
ぜひご感想もお寄せください!

「衆議院議員の任期満了前1か月」に際して野党各党に現実的な公約の策定を求める

今日で、10月21日(木)に衆議院議員の任期満了まで1か月となりました。

来るべき総選挙に向けて、各党はそれぞれ選挙の公約の策定と公表を進めています。

現在総裁選挙を行っている自民党は、各候補の提唱する政策が公約の基礎をなすことが予想されます。それだけに、論戦を通して政策の是非が検証され、実現の可能性が高められるとすれば、自民党にとっては格好の機会を手にすることになるでしょう。

一方、他の諸

もっとみる
ぜひご感想もお寄せください!

「菅首相の退陣」と「小泉環境相の進言」はいかなる意味を持つか

菅義偉首相が自民党の総裁選挙に出馬せず、事実上の退陣を決めた背景には、小泉進次郎環境大臣の「退くという選択肢もある」という進言があったとされます[1]。

「任期満了選挙」案を主導した森山裕国会対策委員長と退陣論を唱えた小泉環境相はいずれも菅首相の側近とされており、両者の対立によって菅首相の考えが決まらず、最終的に「総裁選に勝利し、解散するのが王道」という小泉氏の意見[2]を容れ、勝利の見込みが覚

もっとみる
ありがとうございます!

「大谷とルースの比較」はいかにして可能か

現在、大リーグで関心を集めている話題の一つは、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手による「ベーブ・ルース以来の2桁本塁打2桁勝利」の達成の可否です。

ベーブ・ルースが「2桁本塁打2桁勝利」を達成したのは1918年のことですから、現在9勝を上げている大谷選手が達成すれば、1918年以来の出来事となります。

昨年、大リーグ機構がニグロ・リーグの記録を公式記録として認定しました。そのため、公式記録

もっとみる
ありがとうございます!

「自民党総裁選」は「選挙の顔」を選ぶ場か

本日、自由民主党の総裁選挙が告示され、届け出順に河野太郎国務大臣、岸田文雄前政務調査会長、高市早苗前総務大臣、野田聖子幹事長代行の4氏が立候補しました[1]。

今後、9月29日(水)の投開票に向けて、各候補が論戦を行うことになります。

10月21日(木)に衆議院議員が任期満了を迎えるため、今回の総裁選挙は必ず行われる衆議院選挙に向けた「選挙の顔」、「勝てる顔」を選ぶという要素が強くなっています

もっとみる
ありがとうございます!

新商品「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」にみる大リーグの商魂

去る8月30日(月)、日刊ゲンダイの2021年8月31日号27面に私の連載「メジャーリーグ通信」の第99回「新商品「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」にみる大リーグの商魂」が掲載されました[1]。

今回は、今年8月12日にヤンキース対ホワイトソックス戦を「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」として冠して行った大リーグの目的と意図について検討しています。

本文を一部加筆、修正した内容をご紹

もっとみる
ありがとうございます!

自民党総裁選への立候補を表明した3氏の特徴と不足する点は何か

9月17日(金)に告示され、9月29日(水)に開票される自由民主党の総裁選挙については、現時点で岸田文雄前政務調査会長、高市早苗前総務大臣、河野太郎国務大臣が立候補を表明しています。

そこで、今回は、現段階で立候補を表明した3氏について、その特徴と不足する要素を確認してみましょう。

最初に立候補を表明した岸田氏は、当初は菅義偉首相に対する挑戦者の位置付けであったものの、菅首相が出馬を辞退したこ

もっとみる
ぜひご感想もお寄せください!

自民党総裁選に「現代のバクさん」は現れるか

現在、自民党では9月17日に告示される総裁選挙を巡り、立候補を表明した議員や検討中の議員の動向が連日のように報じられています。

従来は現職の菅義偉首相に対して岸田文雄前政調会長が挑戦するという構図であったものの、菅首相が出馬の辞退を表明したために、当初は推薦人の集約が難しいと予想された河野太郎国務大臣や高市早苗前総務大臣などの立候補の可能性が高まり、選挙戦は新たな展開を見せています。

ところで

もっとみる
ありがとうございます!

「東京2020の新たな始まり」を告げる「パラリンピックの閉会式」

昨日、パラリンピック東京大会の閉会式が行われ、全日程が終了しました。

オリンピック東京大会と同様に、今大会も開催都市である東京都が新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令される中で実施されました。

新型コロナウイルス感染症の世界的な感染の拡大という未知の状況の中で開催された両大会だけに、今後のオリンピック及びパラリンピックだけでなく

もっとみる
ぜひご感想もお寄せください!