つれづれエッセイ

201

またどうでもいい話

亡くなった親友はたいへん女性らしいひとだったと思う。

旧帝国大卒ですさまじく頭が良かった。数学の授業でノートをとったことがない、と言ってた。一度解いてしまえばもう覚えてしまうから、と言ってたな。大学時代の友人と若いうちに結婚して、霞が関省庁官僚の妻であった。ピアノが上手で歌が上手でゴスペルとハワイアンをセミプロで舞台で歌ってた。

彼女をとても女性らしいひと、と言うと、彼女を知る周囲の人たちに激

もっとみる
良いことあるよ!

キャロル

※『ウォーキングデッド』のネタバレ注意!!シーズン10最後まで観てないひとは読むな。

キャロルが好き過ぎてヤバイ。

最初のほうは夫からのDVにじっと耐えてるんだけど、死んでる夫の頭を鉈で叩きつぶしてからのキャロルの働きが目覚ましかった。キャンプに入ればキャンプの母として女衆をまとめ上げ、必要とあれば馬鹿で能天気な主婦のふりをして相手を騙し、女王になれば息子を殺した敵の女帝の生首をとる。タロット

もっとみる
今日もお疲れ様。

仕事の話ふたたび

今日はどうでもいい話をしてる。どうでもいい話がしたいのだ。

私の死んだ親友に、「最近仕事どう?」って訊かれるたんびに、「なんかたいしてよくないけどなぜか仕事は来る」と答えてて、今もそんなかんじで忙しい。たいしてよくもないんだけど、なぜか仕事は来る星回りの人間だ。

父はよく、私に漫画の仕事があるってだけで驚愕している。いまだ女がパートではなく、同じ仕事を専門としてずっと続けているだけで、驚愕クラ

もっとみる
今日もお疲れ様。

苦手意識

17、18歳ぐらいのときから「恋愛モノを描くのが苦手」「恋愛モノを描くのが苦手」って思ってきてそこから30年ぐらい経っているのですが、普通、恋愛モノのことばかり30年考えてる人間は珍しいし、世界標準的には得意なほうなんではないか、みたいな気になってる今。

単なる思い込みの苦手意識だったんじゃないだろうか。なんだかんだいって20年ぐらい商業で描いてるしなあー。

所詮、恋愛なんか共依存、って若い頃

もっとみる
良いことあるよ!

気になってる本

まだ読んでないんだけど、中村さんはYoutubeでインタヴューされてたのを聞いて、がぜん興味がわいている。もう目次だけで猛烈に気になる。

学費のため風俗に走る女子大生、貧困地域で蔓延する主婦の売春、低賃金で部品のように働かされる介護現場。
——「貧困」は社会のいちばん弱い部分を直撃する。

バブル崩壊から日本社会は転げ落ちはじめた。
終身雇用、労働組合のあり方、すべてが時代遅れとされ、ネオリベ(

もっとみる
ぼちぼち行きましょう。

女の女好き

少女漫画業界って女の女好きが多いよな。女の女嫌いはあんまり来ない、というか、来てもいまいち居場所が無くつらいかんじではないか。

なんてことを、この記事観ながら思っていた。

「さっきのタクシー、女の運転手だから道を知らなくて余計にお金とられた!」

とか、

「女の医者は怖いから男の医者に変えてもらった」

というのは、ミソジニーなんだけど、ちょっと前までよく女性が口にした言葉だ。それを聞くたび

もっとみる
世の中不可思議。

1.3%

普段漫画とドラマと政治経済のことしか考えてないおばさんです。

もういい中年なので、政治経済のニュースはこの10年ぐらい、舐めまわすように毎日チェックしております。すみません。女性だと政治経済に興味なさそうなんだけど、猛烈に政治経済の書籍読んでいます。大好きです。読みたい本が買いきれないし読み切れない。この辺、趣味です。こういうのな。

ドラマは3度の飯より好きです。漫画も好きだけど。『トッケビ』

もっとみる
ぼちぼち行きましょう。

感慨深い

いや語れるほど詳しいか、と言われると詳しくないんですけどね。ただ感慨深くて。

アメリカの敗戦だ。

とにかく、それが感慨深い。

911直後のショックドクトリンで、中東の泥沼戦争に引きずり込まれて20年。日本もずいぶん巻き込まれていたけど、多くのひとは気が付かないままで終わってしまった。兵器の爆買いとかですよ。終わった後の影響も凄まじいのではないか。たぶん、これがあの戦争の影響だったのか、とわか

もっとみる
ぼちぼち行きましょう。

メタファー

ゾンビドラマ観てるんですよーここんとこ。『ウォーキングデッド』なんですけど。

というわけでまた『ウォーキングデッド』のネタバレ注意。

ゾンビはアメリカが先住民虐殺した罪悪感の表象、みたいなのを読んだことがあるって以前言ってたけど、もう、『ウォーキングデッド』じたい戦争のトラウマの表象っていうか、ゾンビは兵器かなにかで、観てるとだんだん、ゾンビが怖くなくなっていくのだ。ゾンビが怖いのではなくて、

もっとみる
私も大好き!

たまには宮台

たまには宮台真司も読んでいる。

20年前宮台を読もうとしたら難しくてよくわからなかった。この本も、一般人向けだからわかるんだろう。社会学者が本気で書いた専門書は、私には基礎的な教養が無さ過ぎて理解できないんだろうな。

宮台さんと言えば最近加速主義が有名だ。加速主義とは、

政治・社会理論において、根本的な社会的変革を生み出すために現行の資本主義システムを拡大すべきであるという考えである。現代の

もっとみる
あなたの好意、青天の霹靂です。