あやねぇ

本が好き。ふとしたことが、きっかけで、書いてみたいと思うことに。

あやねぇ

本が好き。ふとしたことが、きっかけで、書いてみたいと思うことに。

    マガジン

    最近の記事

    てつくん・みやくん・ちいちゃんのインド旅の話を聞いて私も旅に出ようと思った・・・

    「てつくん・みやくん・ちいちゃんのインド旅」の大阪おかえり会に行ってきた。 みやくんが、Facebookで、参加チケットあと1名・・・って言っていたので参加した。 みやくんというか他の3人もだけど、オンラインサロンのメンバー。 みやくんとは、昨年の6月に初めて会って、その後、イベントで何度か会っていた。 てつくんとちいちゃんは、はじめまして・・・だけど。 私は、たぶん、彼らの倍は、生きている。 彼らの親と同年代だと思う。 でも、サロンにいると、同じ目線になる。 お互いから

      • 子どもの話をきちんと聞くと未来は明るいと思える。

        少し前に、水谷修先生の講演会があるので、出かけた。 水谷先生にお会いするのは、2回目。「約束」を出版された時に書店でサイン会があったので、本を購入してサインしてもらった。 講演を直接聞くのは、今回、初めて。 お話は、テレビで何度か聞いているけど。 水谷先生は、夜回り先生として有名な方で、誰でもメディアで見た事があると思う。 先生は、何年か前から癌を患っていると言っている。 サイン会の時もそう言われていたけど、2015年のことだったので、8年前かな? でも、お変わりないよう

        • 2022年のことを振り返ると遠い昔を思い出した。

          画像は、19年前に申年の年賀状を取るために2人にコスプレさせて撮った写真。 年末に2022年、noteでよく読まれた記事の発表があった。 私のベスト3は全て、次男の茨城へ行ったことを書いた記事だった。 私自身は、割とドライに息子に接していたつもりでいたのだが、出来事を文章にして読み返すと、結構過保護だと思った。 不登校になったり、引きこもりがちになるとどうしても心配になり、手をかけてしまう。 自立するためにも、こけても立ち上がれるようになるのが大事だとわかっているのにど

          • 人に出会うといろんな気づきがあって、それは、とっても大事なことだと思った。

            名古屋へ行く用事ができたので、名古屋の鍼灸院へ行く予約をした。 鍼灸院の先生である、くにさんとは今年の8月に初めて会った。 上に以前書いた記事が載っています。 くにさんも私も入っているオンラインサロンのオフイベントで滋賀県のコテージで家族同伴OKのイベントがあった。 そのイベントに参加した時に初めて会った。 8月のお盆の頃に手を酷使してしまいなんとなく左手に違和感があった。 私は、左利きなので、利き手が左になる。 それでも、激痛ではなく腱というか筋というか親指から手首に

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ライティング
            あやねぇ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            オンラインサロンに入って、約3年で感じたこと。

            2019年の11月に「箕輪編集室」に入会した。 「箕輪編集室」は、幻冬舎の編集者である箕輪厚介氏が主宰するオンラインサロン。 入会するまでは、オンラインサロンという所が、どんなところか全くわかっていなかった。 周りにオンラインサロンに入っている人は、いなかった。 それでも、どうしても入りたいと思った。 でも、未知の世界だったから、入会のボタンを押す時にドキドキした。 ちょうど、学生キャンペーンをしていて、学生の入会が圧倒的に多かった。 自己紹介欄が、学生で埋め尽くされてお

            ワールドカップと息子たちの成人式

            未来は変えられるけど、それと同じで、過去も変えられるという言葉を以前聞いたことがあった。 未来を変えられるって、努力すればいい、頑張ればいいという、根性論のような話。だけど、過去を変えられるっていうことは、根性論ではなく、思考の話だと思う。努力とかで過去を変えたりはできないから・・・ サッカーワールドカップの日本の初戦のドイツとの試合の後の監督へのインタビューだった。 日本は、前半に1点取られたけど、後半に逆転をして、2−1で勝った試合だった。 監督は、インタビューで、試

            ダイエットのために始めたけど、来年の目標もできてしまった。

            11月15日に挑戦していた、京都マラソンおんらいんのフィニッシュをむかえた。 42.195kmを7回に刻んで、完走した。 なんか、うれしい😊。 別に誰に言われた訳でもなく、走っていると勝手にスポーツが好きな人と思われる。そして、得意な人という事になる。 私は、体を動かすことは好きだが、運動神経はよくない。 跳び箱は、飛べなかった。逆上がりもできなかった。 徒競走は、いつも最下位だった。 そして、体育の成績は3より上にいったことはない。 そんな運動神経の良くない自分が、

            子どもと関わる時間は、意外に短い。だったら、できるだけ楽しく過ごしかったな。

            今年の夏のことだった。 オンラインサロンのイベントで家族参加OKのお泊まり会があった。 ダンナは、予定があったし、息子たちもそれぞれに予定もあるので、私1人で会に参加した。 そもそも息子たちは大学生なので、親の予定よりも自分の予定の方が大事だし、なので、ついてきてはくれない・・・ 順調に成長すれば、子どもは親から離れていくから、当たり前の話だ。 サロンの平均年齢は、大体私より10歳以上若いので、参加した子どもたちも10歳くらい下の子どもたちだった。 正直かわいい・・・にぎや

            目指せ完走。京都マラソンおんらいん

            10月22日から 11月20日までの1ヶ月で42,195km走る 『京都マラソンおんらいん』 エントリーした私は、10月29日に2回目のRUNをした。 ちょっとしたイベントが続いていて、二日酔い気味であまり体調が万全でないような感じだった。 正直、今日はやめようって何度も思った。 でも、平日に時間が取れるとも思えないし、時間がある時に走っておかないと終盤で大変な事になるかもって、どこかで思っていた。 そして、最近、日がくれるのが早くて、河川敷を走るのをメインにしている自分

            河川敷を走っても、遠い昔を思い出す。

            10月22日から11月20日まで約1ヶ月かけて、42,195km走る、 オンラインのマラソンイベント 「京都マラソン2023おんらいん supported  by オムロン・ワコール」 が開催される。 コロナ禍になる前からあったかもしれないけど、知名度があがったものの一つにオンライン開催。 地元で毎年開催されていた、マラソンもオンラインで参加できる事になった。 今年の京都マラソンは、オンラインもリアルも開催されるようだ。 リアルの開催だと、当日までコンディションを整えたり

            少し苦手な世界を覗いたらいろいろな気づきを見つけた

            前田デザイン室の定例会に参加した。 イラストレーターの上田バロンさんと前田デザイン室長の前田高志さんの対談イベント。 前田デザイン室のイベントは過去に何度か参加したことがありますが、定例会に参加するのは初めて。 私は9月に入会した新入会員だから。会員になったので、定例会に参加できる事になった。 この9月から前田デザイン室はリニューアルして年4回だけの募集で、次の募集は来年1月入会になるらしい。 せっかくなので、9月に入会した。 過去に前田デザイン室に入会したこともあるので、

            いい人生を送るには、メンテナンスが必要。

            先日、整体と鍼の施術をしてもらう為に名古屋へ行ってきた。 鍼をしてもらうのは、人生2度目。1度目は、今回施術してもらった「くにさん」に会って、その場で施術をしてもらった。 その日は、左手首の腱鞘炎が酷くて、休みができたら整形外科に行って湿布薬と痛み止めをもらおうと思っていた。それ以外に治す方法を考えられなかった。 腱鞘炎は、20代の頃から度々起こしている。 スポーツとかでなったわけではなく、覚えているのは、手編みのセーターで腱鞘炎になったことがある。 メンズのセーターは、結

            息子よ、大志をいだけ 〜茨城の息子の話〜

            前回のお話です。 上は、茨城にいる息子のお話です。 前回の息子の話で、バイトを始めたらしいから、少しは、生活費を負担してほしいと連絡したところ、Oくんを介して、少し負担するよー、と返信をもらったと書いたと思う・・・ ところが・・・ そのメールから2、3日たって、Oくんから、息子はバイト代をもらって、数日でバイト代がそこをついたらしい。 負担できないって言うてるみたい そういう返信をもらった。 5月から行っている運転免許もまだ仮免まで行っていない。 またまた、息子の態

            ワクチンを子どもに打つべきか?止めるべきか?・・・どうしたらいいのだろう?

            前回の記事です。 子どもを守るため「ワクチン早期接種を強く勧める」と10代のコロナワクチンについての記事をネットニュースで書かれていた。 これは、あくまでも、私が思っていることなので、医療関係者の方が読んだら、何を言っているんだと思われるかも知れない。 息子たちがこの年代だったら、やっぱり躊躇するだろうなと思った。 そして、打つのをやめるかも知れないと思った。 それは、息子たちが3歳のふゆにおきた出来事がきっかけだからだ。 息子たちが3歳までは、毎年冬になると、インフル

            つらい思い出も時間がたつとただの思い出になるのかも知れない。

            前回の記事です。 YouTubeで、境界知能について話していた。 境界知能といわれて、息子の中学1年生の夏休みを思い出した。 息子が登校を渋り出してから、児童相談所とかカウンセラーとかいろんなところへ連絡をした。 その時に、不登校の原因の一つに発達障害や知的障害が隠れている場合があるといわれた。 あらかじめ、発達障害や知的障害と分かっている場合よりも不登校になってから、障害に気づくという場合がかなり多いらしい。 だから、息子ももしかしたら、そういう障害が隠れているのかも知

            やさしい親になれないなあ。甘い子育てに憧れるけど。

            前回の記事です。 8月2日に2023年の最低賃金が、31円上がるというニュースが飛び込んできた。 10月にあがる予定。 息子が茨城に行くまで知らなかったのだが、茨城の現在(2022年)の最低時給額は879円だった。 京都は937円だったから、知った時「安!」と思ってしまった。 茨城県って、東京の隣なのに・・・なんで? 関西ローカルに住んでいると関東=東京っていうイメージになってしまうから、 どうして?と疑問に思ってしまう。東京は、全国1位の賃金のだからだ。 でも、息子のい