読み返したいnote

307

何故いま女はお菓子を焼き、花を愛でるのか

コロナの自粛期間中、女はお菓子を焼き花を愛で始めた。その女の一人である私も、10年ぶりにお菓子を焼き始めていた。 女に限らず、男も同じ。SNSで絵を書いたり楽器を演奏して歌ったり、普段見ることのなかった姿を目にする。 単なる暇つぶしなのか、お家の中でしかリア充できなくなったからなの…

コーチングを受けて、人生を放棄していたことに気が付いた。

cotreeさんのコーチングを通して、「誰かに人生を委ねようとしている自分」に気が付いて、猛省した。 ___ 「仕事のことで悩んでいるなら、コーチングを受けてみたらどうですか?」 蔵前のカフェで、そう提案してくださったのは“ひらやまさん”だった。 オンラインカウンセリング・コーチング事…

もしも一年後、この世にいないとしたら

最近編集をした本のタイトルに、上のようなことばをつけた。私自身、この言葉をみるたびに少しドキっとする。 著者は、国立がん研究センターの精神腫瘍科で働く清水研先生という精神科医の方。「精神腫瘍科」という言葉は初めて聞く人が多いと思う。精神腫瘍科とは、がん患者さん専門の精神科医のこと…

note毎日更新なんてもうやってられん!と感じてるあなたへ

「noteを毎日更新する意味ってなんだろう…?」 「そもそも、なんでやろうと思ったんだっけ…?」 なにかに挑戦しようと思うとき、みんな最初は勢いよくがんばれると思います。ですが、しばらく継続してみるものの、結果が目に見えてこないとモチベーションはどんどん下がって挫折する、といったケー…

赤ちゃんを見て欧米に何で冒険家が多いのか分かった気がする

カナダとアメリカに長期滞在して感じていることは【冒険型の人の多さ】。 もちろん全ての人がそうじゃないけど、リスクを取ることを恐れない、自信満々で好奇心旺盛な人物がうようよいる国だなと思う。 •リスクテイカー •自信家 •好奇心旺盛 この3つの要素は今の変化の激しい予測不可能な時代…

ストーリーがあるから人は共感できる

昨日、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の番組を一時間通して観ていた。 理由は、以前にも紹介した『M 愛すべき人がいて』の著書を書いたノンフィクション作家・小松成美さんが出演されるという情報を前日に知ったからだ。 こちらの本は、浜崎あゆみさんが歌手デビューをする前から絶頂期にあた…

くらしの選択肢を増やすこと

今年の1月頃に、"くらしてん"という自分の暮らしを紹介するメディアを遠野に住む友達から紹介してもらった。 そして、春頃に"私の暮らし"を載せていただいたのだけど、そのときに私が毎日noteを書いていることや学生のときにライターになりたいと思っていた話をしたことが縁で、ありがたいことに…

今年の思い出を抱きしめて、また来年へ。

昨日で、ヤクルトの今シーズンの試合がすべて終わった。 この時期の神宮には、秋風に包まれた切なさと寂しさが去来する。 さよならがない年なんて、ないのだから。 *** ヤクルトのホーム最終戦でビジョンに映し出される、レトロなフォントのメッセージが好きだ。 (これは2016年ver) ヤクルトな…

あなたはいつだって、私たちの夢だから

「山田選手、ただいまのホームランで通算200本塁打を達成いたしました」 サヨナラ満塁ホームランによる劇的な幕切れに湧く球場で傘を振りながら、自分が記録的な瞬間に立ち会ったことにアナウンスを聞いてやっと気づいた。 その瞬間、私は一気に2年前の記憶に引き戻された。 同じく神宮の一塁側の席…

「誰になんて言われるとうれしいですか?」承認欲求を素直に正しくつかう方法

「人からなんて言われる(褒められる)とうれしいですか?」と何人かの友人に質問をしたら、あまりにそれぞれで、その人らしくて、とてもおもしろかった。 ある人は「かっこいい」と言われるのがいちばんうれしいと言い、ある人は「努力してるね」、ある人は「楽しそうだね」、ある人は「かわいいね」…