見出し画像

現代の金脈を探せ!!!!!!!!【中国ビジネス】人工肉について

ゴールドラッシュ。
それは誰もが金脈をもとめ、新しく金が見つかった土地に人が殺到する状態を指しています。
この状況での勝者は金脈を掘り当てた者なのは間違い有りませんが、長期的に大勝したのは採掘に特化した道具を販売した業者だという話はあまりにも有名です。

こうした状況に類似しているの状況の一つにインフルエンサー、KOLラッシュが挙げられるのではないでしょうか。
近年、インフルエンサーやKOLをなって稼ぎたい人々や言い方は悪いですが実質的に商材として取り扱う企業が増加し加熱状況なのは周知の事。そこに着目し、KOLと企業間の仲介業を行うのが「拼量」です。

OLが販促を担うECの産業チェーン全体において、KOLと出店ブランド双方が分散しているため、彼らの中間に立って両者を結びつけるエージェントが存在する。エージェントの質は玉石混淆で、出店ブランドが騙されたり、KOLが自身の強みに合致した商品を選択できなかったりする事態が頻発している。規範化され、プラットフォーム化されたエージェントは少数だ。「拼量(PINLIANG)」はそのうちの一社と言える。同社の強みは、KOLと商品のマッチング効率を向上させて、各商品のプロモーションに適したKOLを提案できることだ。

↓トレンド故にまだ確立されていない攻略法を提案。

学習機能を備える自社開発のAIが、各KOLの販売履歴およびフォロワーの多様な好みを基に、各KOLに最適な商品を自動選択する。
バックオフィスの運営とKOL向けのコンテンツ制作支援。サプライヤーのERP(企業資源計画)を通じて、商品の発送状況や在庫状況をKOLに共有し、販売管理をアシストする。

最適といえば、物流プロセス最適化の「Ritase」はユニークです。再現性が高く、タイムマシン理論が適用できそう!

Ritaseは、荷送人とトラックとのマッチングサービスを提供する2017年創業のBtoB貨物輸送プラットフォームだ。インドネシアは無数の島々からなり、道路状況も複雑なことから、荷送人の日々の輸送ニーズが十分に満たされていないうえ、運送業者の輸送キャパシティーもまちまちで、トラックの利用率は低い。

おまけ

人工肉を開発製造する「珍肉」がシードラウンドで数千万円調達の模様。えんどう豆が原料で、大豆よりも美味しそうですね!

下記、参考、参照。

*スカイランドベンチャーズでは年商100億を目指すスタートアップをお待ちしております。面談しましょう、気軽にDMください!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
HiveShibuyaにいます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。