脳内議事録

構造で理解しがち

構造で理解しがち

私は物事を構造的にとらえようとします。構造を把握した上で、その場の構図を認識します。いざ、コミュニケーションが始まると言葉と雰囲気のチューニングを開始し、チューニングが合ってきたあたりからようやく話の中身に集中するのです。 会話の準備(特に複数人の)誰かと会うとき、社会構造上のヒエラルキー、歴史、文化、個人個人の歴史、状況、価値観、互いの関係性、文脈…など、かけ算しながら場の構造を把握しようとします。 構造が把握できたら、次にその場の構図が重要です。分かりやすいのは、空間

4
感情の障害を自覚するとき

感情の障害を自覚するとき

承認欲求について対話しました。 私自身は、安全の欲求の中にどっぷり浸かっている人間です。所属や承認の欲求フェーズにいないんだと勝手に納得していたのです。承認を求める気持ちは薄いので、なかなか気楽なものだなと思っています。精神衛生上、そんなに悪くない。 みんなも安全の欲求がそもそも満たされていないことを「自覚」すれば、所属の欲求や承認欲求に悩まされなくて済むのではないか。そんなふうに考えていました。 ところが、承認欲求について対話する中で「そうではないらしい」ということが

2
自己投資の感覚

自己投資の感覚

※試聴版です。オリジナル版(06:44)はマガジン購入すると視聴できます。

2
役に立つとかつまんない

役に立つとかつまんない

※試聴版です。オリジナル版(06:40)はマガジン購入すると視聴できます。

1
アップサイド・レギュラー・ダウンサイド

アップサイド・レギュラー・ダウンサイド

※試聴版です。オリジナル版(07:48)はマガジン購入すると視聴できます。

1
忖度しないモードで人間性を回復する

忖度しないモードで人間性を回復する

※試聴版です。オリジナル版(06:17)はマガジン購入すると視聴できます。

3
朝昼晩の過ごし方

朝昼晩の過ごし方

※試聴版です。オリジナル版(05:19)はマガジン購入すると視聴できます。

3
マイナスは具体的に分析を、プラスは抽象的に感情を言語化する

マイナスは具体的に分析を、プラスは抽象的に感情を言語化する

※試聴版です。オリジナル版(05:32)はマガジン購入すると視聴できます。

15
自分の自分による自分のための思索

自分の自分による自分のための思索

※試聴版です。オリジナル版(04:27)はマガジン購入すると視聴できます。

5
コミュニケーションとしての「言葉」

コミュニケーションとしての「言葉」

近くで電話をする声が聞こえてきました。爽やかな声色で、「最近は仕事に慢心しています!」と、とんでもない発言をサラッとしています。 多分、「仕事に邁進しています」と言おうとしたんでしょう。 いや、邁進の言い間違いではなく、本当に慢心しているのかもしれません。本人にしか真意は分かりませんが、さすがに問い直すことも憚られるような感じがします。 「言葉を間違っているよ」と言うのは簡単だけど、(あえてこういう言い方をしますが)辞書的に間違っているに過ぎません。 本人の中では、「

13